SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2018年

06月02日

(土曜日)

世界を変えた~

前日、酔いのまま書いた「世界を変えた100人の女の子の物語」
世界を変えた100人の女の子

今日昼間のランチミーティング(?!)でも話が盛り上がりました。
見開きで一人の女性を取り上げてくれます。一面のイラストがいいんです!
被伝者が古今東西老若の女性たちなら、描くアーティストの画風やタッチも様々で実に楽しい。

原タイトルは"Good Night Stories for Rebel Girls" !こちらの方が断然いいでしょ!

今日のミーティング参加者の一人は、小学校低学年の女の子と保育園の男の子の姉弟に、寝る前に二つずつお話を読んで聞かせているとのこと、目を輝かせて聞いている二人を想像するとこちらもわくわくします。

そしてほぼ同時期に発行された「世界を変えた50人の女性科学者たち」(WOMEN IN SCIENCE)
こちらは、少し対象年齢が上がるでしょうか。
世界を変えた50人の女性科学者_

「世界を変えた100人の女の子の物語」とダブっている人ももちろんいますが、こちらは時系列に登場するところがありがたい。
個人的にはヒュパティアが主人公として描かれた映画「アレクサンドリア」をもう一度見たくなりました。
これからゆっくり読むとしましょう。

また、今日紹介してもらった「キュロテ 世界の偉大な15人の女性たち」
kキュロテ
フランス発!
仏・女性人気No.1のペネロープ・バジューならではの、キュートでユーモラスな女性偉人伝!

<目次>
・ヒゲで一世を風靡したバーの女主人 クレモンティーヌ・ドゥレ
・最強&最凶!列強の侵略から小さな祖国を守り抜いたアフリカの女王 ンジンガ
・“西の悪い魔女”を演じた、心優しきホラー女優 マーガレット・ハミルトン
・国の平和に身を捧げた美しき3姉妹 コードネーム:ラス・マリポサス(ミラバル姉妹)
・言葉通りの“永遠の愛”を貫いた女性 ヨゼフィーナ・ファン・ホーカム
・勇猛果敢なアパッチ族の女戦士 ローゼン
・“水中のヴィーナス”と呼ばれた、水着の開発者 アネット・ケラーマン
・アフリカ大陸を横断した初の女性冒険家 デリア・エイクリー
・人種差別と戦い、孤児救済に尽力した黒人ダンサー ジョセフィン・ベイカー
・大人気キャラクター「ムーミン」の生みの親 トーベ・ヤンソン
・古代ギリシャ初の女性医師 ハグノーディケー
・DV夫に別れを告げ、祖国を救った平和運動家 リーマ・ボウイー
・アメリカ最古の灯台を守った老女 ジョージナ・リード
・性別適合手術を世に知らしめた“女性” クリスティーン・ジョーゲンセン
・中国史上唯一の女帝 武則天(則天武后)


初っ端の人選からして、かなり面白そうですよ!

2018年

06月02日

(土曜日)

世界を変えた100人の女の子の物語

「世界を変えた100人の女の子の物語」
世界を変えた100人の女の子

くくりとしては児童書のようですが、大人だって知らない世界を教えてくれます。

地球上に人間が生きられるようになって、どれだけの女の子が"世界を変える"ことに関わってきたのか?
結果的に世界の流れに一石を投じたとしても、それは本人が確信していたことではなかったことの方が断然多いに違いない。

彼女たちは自分が置かれた環境に甘んじることなく、"夢"を自覚してひたすらに進んだ結果、周囲だけでなく世界へ影響を及ぼす結果となった。
その影響力の大小や後付けの評価を重んじるのではなくて、今現在のリアルな実感からこの100人は選ばれた(残った?)んだろうな。。。

2018年

05月26日

(土曜日)

おっさんずラブ

仲間内や職場で話題になっている「おっさんずラブ」
おっさんずラブ

今日の毎日新聞夕刊のトップに載っていてびっくり!嬉し!!
https://mainichi.jp/articles/20180526/dde/001/200/049000c

ピュアな「おっさんずラブ」 テレ朝系ドラマ、高い「視聴熱」 男性同士の恋愛、王道路線で
毎日新聞2018年5月26日 東京夕刊
 男同士の恋愛を描いたテレビ朝日系ドラマ「おっさんずラブ」(土曜午後11時15分)が話題になっている。深夜番組のため視聴率(関東地区・ビデオリサーチ調べ)は1桁台と高くはないが、放送直後にはソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で関連の話題が急増。見逃し番組の動画配信サービス「TVer(ティーバー)」の再生回数は各局の看板ドラマを押しのけ、常に上位に位置する。何が視聴者を引き付けているのだろうか。【井上知大】

 ドラマは、女性にモテない不動産会社勤務の33歳、春田創一(田中圭さん)が主人公。ある日、尊敬する上司で既婚者の黒澤武蔵部長(吉田鋼太郎さん)と、会社の後輩、牧凌太(林遣都さん)から愛の告白を受ける。人として好きなだけに、困惑する春田の姿を軸に描くラブコメディーだ。

 ネット上では、せつない恋模様に「キュンキュンした」などとの反響がある一方、黒澤部長の行為は「一歩間違えば、パワハラ? セクハラ?」と議論も盛り上がる。テレビ情報誌「ザテレビジョン」がSNSの反響などを独自集計しサイトで公表している視聴者の「視聴熱」では、現在放送、配信中の全ドラマを対象にした週間ランキングで5月第2、3週と連続でトップを獲得した。深夜ドラマとしては異例の反響だ。

 今年は「女子的生活」(NHK総合)など、同性愛や性的少数者(LGBTなど)をテーマに据えたドラマが増えているが、テレビ批評家の吉田潮(うしお)さん(46)は「『おっさんずラブ』はLGBTを大きく掲げたり、権利を主張したりするわけではないところが新しい」と指摘。「美男美女による恋愛ドラマが飽きられている中、“おっさん”たちの片思いのせつなさをピュアに描き、視聴者は見ているうちに性別をすっかり忘れている」と語る。

 ドラマを手がける貴島彩理(さり)プロデューサー(28)も「偏見をなくそうとか、そういう大きなメッセージからスタートしていない」と明かす。未婚化が進む現代の恋愛ドラマを作りたいと思っていた時、「もし理想的な相手が同性で現れたらどうなんだろう」と発想したのが制作のきっかけだったという。

 LGBTの話題が注目度を増していることは認識していた。「ドラマで誰かが傷ついてほしくない。あえて王道の恋愛ドラマと同じ作り方をすることが当事者に対して真摯(しんし)だと思った。私は(フジテレビの)『月9』のつもりでやっています」と貴島プロデューサー。吉田潮さんは「テーマやスパイスではなく、当たり前にLGBTの人がドラマに登場するようなノーマライゼーションこそが理想。このドラマは、みんな同じ人間で『人を好きになる気持ち』は一緒ということを体現している」と話す。

2018年

05月19日

(土曜日)

香山リカと北原みのりの対談本

「フェミニストとオタクはなぜ相性が悪いのか」
フェミニストとオタクは


 香山リカと北原みのりの対談集。各項目で、私が"なんとなく腑に落ちない"と感じていたことを整理してもらえスッキリするところ大なのですが、厄介なことに、問題の根本や解決策が一気に開けるわけでもなく、さらに悶々としていくことになるわけです。。。

 私自身は物事の本質を深く掘り下げて探求することが不得手なので、これまで論客と言われる人たちの発言や文章を読んではぼんやりと理解したつもりでも、言葉を記号化して受け取っているだけかもしれないという危惧の念は常々抱いておりまして。
なので、この二人の対談を読んで、自分の理解度を測る手立てにできるかも、と虫の良いことを思いながら読みました。
 自分はフェミニスト北原とオタク(&リベラリスト)香山のどちらに近いかと言えば、年齢も好みも近い香山派かもしれない。香山リカのあとがきにも頷く点が多々ありました。
 
 最近は、時に研究室や診察室から外へ出てヘイトスピーチと戦う医師香山リカ、そして反対勢力が強くなっている慰安婦問題に毅然と戦う北原みのり、二人が安全に脅かされながらも、このややこしい「性の商品化」と「表現の自由」を再考してくれたことに拍手とエールを送ります。(何の力もないけれど)

2018年

05月14日

(月曜日)

スクエア

「PC(political correctness)」、「包摂」、「寛容」、「多様性」、「共生」

これらの言葉の正当性を疑う者は、人間性を疑われる・・・現代社会の特に一定の知識階層では当然のことだろう・・・
であるのに、この言葉がお題目のように高く掲げられて、いたるところで矛盾を深めているのが現実か。

そんなことを突き付けられるのがこの映画
「スクエア」
スクエア

ジャンルとしてはコメディという事らしい。確かに前半では、私は少ない観客の中で一人で笑っていた。実にシニカルで皮肉が効いていて自虐的な笑い。
しかし、主人公のクリスチャンの行動はおためごかしだらけで、自意識やプライドのかたまりだということが見えてくると同時に、それだけでなく、監督がクリスチャンを通して、見る者の欺瞞を突いてくる。
私自身のあやふやさが徐々に強まってくるのが後半の数々のエピソード。

何度かEU諸国に旅してきたが、年々街中で見かけるホームレスの人が増えている気がする。この映画の撮影地のストックホルムにもいたるところにいるようだ。まるで映画の陰の主役のように。。。
クリスチャンが出会う一人のホームレスの女性は彼の"好意"のサンドウィッチに{玉ねぎ抜きでね」と要求する。このシーンで私は「えっ?ちょっと・・・」と思った。多分クリスチャンも。
で、彼はサンドウィッチを彼女に渡した後「玉ねぎは自分で抜けよ」という台詞を吐く。その時私は「だよね」と思い、ハッとする、自分の驕りに。ホームレスの女性が図々しいと思った私は何様なんだ?
そしてホームレスの女性の姿勢に初めて思いをいたす。
クリスチャンがあまり考えずに起こした行動が様々な事を引き起こすエピソードのどれもが、世間でエリートと呼ばれる階層の人々だけでなく、似非中間層の日本人の一人かもと自認する私に、「どうなんだ、あんたの倫理観は」と突いてくる。。。

自分のスクエアの中だけでも倫理を保つことができるのか・・・

蛇足
クリスチャンは、ホームレスの人たちの「小銭でもいいからお願いします」との要求に、応える言葉は「自分は現金を持ってないんだ」
スウェーデンでは現金を扱わない銀行もあるとか。カードやスマホ決済からさらに自分の手にチップを埋めてカードやスマホすら持ち歩かない人も増えているとか?!
ああああああああ!

前ページ←HOME →次ページ