SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2012年

04月19日

(木曜日)

今年の本屋大賞(嬉しいぞ!)

本屋大賞昨年の本屋大賞は冲方丁の天地明察、これは映画化されて今年秋公開でちょっと楽しみです。
冲方丁は「マルドゥック・スクランブル」しか読んでないですが、今年は天文学や星にちこっとでも関心ある人にはイベント多い1年だし「天地明察」の主人公安井算哲(渋川春海)は天文学界に関心大だったようなので関連もたせたのか?
という前振りはともかく、今年はなんたって三浦しをんの「舟を編む」ですぜ!(これまでの本屋大賞全く読んでないしね)

515j5VdhHyL__SL500_AA300_.jpg

「舟を編む」は辞書を作る人々の涙ぐましい物語、
この記事の前に書いたユーモアと無縁な「Drive」とは真逆な、
涙と笑い溢れるWell made な、読了するのが惜しくなる作品でしたよ。

コメント

●NO TITLE

おお~、『船を編む』本屋大賞、めでたい!
けど、まだ読めてないぃぃぃ(悔っ)
図書館の貸出し予約からどれくらい経ったのか、忘却。。。
(てか、自前で買えよっ)

『天地明察』も面白そう。
江戸時代にそういう人物がいたというのは、
どっかで聞き覚えがあったが名前忘れていた。
5月21日の金環日食は早朝だわね。
7時半前後って、起きれるか?(わたしにとっては気合いが要るのだ~)

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME