SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2012年

01月16日

(月曜日)

『みえないばくだん』って・・・

昨年末参加した「女の空間NPO」のパネルディスカッション
もう少し聞きたいと思った青海さんのお話をじっくり聴く機会が来週あります。

【女の空間おしゃべり会】
日 時:2012年1月22日(日)13時半〜16時
場 所:女の空間NPO事務所 
内 容:『みえないばくだん』を見て考える
ゲスト:青海恵子さん

この『みえないばくだん』のYou Tube を11月に見た人と最近見た人との感想は
違いがあるかもしれません。
日本語の字幕が改変されているようだということでした。
なぜ?この辺の事情はわかりませんが推察は容易にできます。
「きけい」が消えて「びょうき」と表記されている・・・
今現在の内容でもかなり違和感を感じるのは私だけではないようです。
作者は‘ちがう’ことは悲しいことというメッセージを送りたい??

今日みっちさんとの会合で
(わひねでやっていたニットカフェをアトリエ5で細々と?ゆるゆる続けています)
最近は“絆”だけでなく“共感”も人気?らしいという話がでました。
“共感”の輪の中にいると高揚してカタルシスに浸れるんでしょうか?
私は“共有”することを大切にしていきたいが、
同時に“共感”に浸ったり求めたりする(強要する・される)こととの違いを
今は意識していきたいと思います。

反原発という目的は多くの人と共有できます。
が、そこに至る思いは百人百様、
他者の苦しさや痛みが見えなくなる(無視する・あえて黙殺する)ほどに
運動に突き進むことは危険だ、ということを十分経験して
承知しているはずなのに・・・

↑この中の伝聞事項に誤りがあったため訂正しました。
http://spacef.blog32.fc2.com/blog-entry-843.html

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME