SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2012年

01月07日

(土曜日)

三日坊主・・・

新年に密かに(適当に)決意したことは「今年はBlog毎日更新するぞ!(かも?)」ですが
早くも三日坊主で終わっちまいました。。。

突然ながら、我が家が愛飲している日本酒は“辛口浦霞”
今日の毎日新聞夕刊にこんな記事が♪

人模様:被災地で今年も生酒発売--佐浦弘一社長
 宮城県塩釜市の清酒「浦霞」のしぼりたて生酒が、今年も17日に発売される。「震災後、仕込みが再開できるかどうか、先の見えない日々が続いたので、格別の思いです」と蔵元「佐浦」の佐浦弘一社長(49)は振り返る。
本社の蔵は、津波による冠水で2棟の土蔵の外壁が崩落し、貯蔵庫の石壁も一部損壊。貯蔵中の酒3万本とともに、機械・機具の多くも破損した。浸水したタンクを交換し、塩害で作付けできなくなった原料の米の一部を山形産に替えるなどして、仕込みを再開できたのは9月中旬。「何としても、震災の年に造った酒を世に出したい、という一心でした」
 自社の復旧に奔走する傍ら「こういう時こそ、世界にアピールを」とニューヨークで試飲会を開いたり、「地元の食材があってこその地酒」と、被災したカキやノリの養殖業者にフォークリフトを寄贈するなどの活動を行ってきた。「地域経済がまだ厳しい中、関東、関西の応援需要に支えられています。今年も東北の酒を味わってください」
【上杉恵子】 毎日新聞 2012年1月7日 東京夕刊


昨年より、身銭を切って日本酒買う時は、岩手・宮城・福島のお酒をせっせと購入してます。
(酒好き喧伝しているおかげ?で頂戴することも多いのも嬉しい)
浦霞は常温・燗が美味いです。
昨年は一昨年モノが各地に残っていたからお手ごろ価格で入手できていましたが
今年は確保が難しいかな~

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME