SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2011年

11月15日

(火曜日)

これからのおすすめイベント

☆11月20日(日)
14:00開演
(13:30開場、13:40~ロビーコンサートあり)
船橋市民文化ホール
指揮:田久保裕一
曲目:ブラームス 悲劇的序曲
   ブラームス 大学祝典序曲
   ラフマニノフ 交響曲第2番 ホ短調
前売り500円(当日600円)
お問い合わせ:047-434-5555船橋市民文化ホール、090-7408-0218赤間

船橋フィルハーモニー管弦楽団
船フィル

☆11月20日(日)
アトリエ5で3mama’sの1 Day カフェがあるそうです。
スープランチとたたみシフォンケーキ、他では食べられません!

☆11月23日(水・休)
“少女コミック”“女性コミック”と称されるジャンルのことなら
この人の話を一度は聞いてみたい藤本由香里さんの講座があります!
目黒区青少年健全育成講座「子どもたちの恋愛 マンガに描かれる「性」」
申し込み締め切りが今日だ!!

☆スペースFも参加する千葉市男女共同参画センターまつりで
『THEダイエット!』が上映されます。必見です。
カモミールの会 主催
『THEダイエット!』上映&おしゃべり
日 時:2011年12月10日(土)10時半~12時
会 場:A3研修室(千葉市男女共同参画センター2階)
参加費:無料
定 員:15名(当日先着順)
matsuri2011THEダイエット上映 maturi2011THEダイエット上映(裏)

↓まつりといえば、こちらの企画もお忘れなく!
アーティスティックワーク2011「ストレスを感じている心とからだのケア」
日時:12月10日(土)13時半~16時
会場:千葉市男女共同参画センター(3階)フィットネスルーム
参加費:500円
定員:20名(当日先着順)
主催:Space:F、シネマでつながる会、華の会、maymay企画
アーティステックワーク2011@matsuri アーティスティックワーク2011@matsuri裏

☆11月27日(日)女の空間NPO & ヒューマンサービスセンター 共催イベント
 パネルディスカッション(参加無料) 「震災・原発そして女」

日時:2011年11月27日(日)
会場:港区男女平等参画センター「リーブラ」(4階)集会室
  港区芝浦3-1-47(最寄り駅:JR「田町駅」東口(芝浦口) 徒歩2分)
◆13:10〜13:40 女の空間NPO 総会
◆14:00〜16:15 女の空間NPO & ヒューマンサービスセンター 共催イベント
 パネルディスカッション(参加無料)「震災・原発そして女」
  パネリスト:青海恵子さん(翻訳家) 水島希さん(大学研究員)
        長沖暁子さん(大学教員)
3.11以降、それぞれがいろいろな思いを抱えてきました。
さまざまな立場から、震災・原発事故で明らかになったこと、
これからの私たちについて考えたいと思います。
女たちがつながって、そして女たちのために何を遺していけるのか、
震災を契機に一緒に考えましょう。
onnnanokuukann.jpg

☆12月3日(土)【リーブラ主催講座】「災害と女性・人権リーブラシンポジウム」
~福島の女性たちの現状と課題~

 講座について
 被災地の女性支援について一緒に考えてみませんか?
IMG.jpg

●第1部:全国女性相談研究会による報告
「福島県の女性支援」
●第2部:竹信三恵子さん講演
「被災下での女性支援はなぜ必要か」
●第3部:パネルディスカッション
【パネリスト】竹信三恵子さん、全国女性相談研究会メンバー
【コーディネーター】港区立男女平等参画センター・コーディネーター

シンポジスト紹介
◆全国女性相談研究会
DV被害者支援に取り組んできた被害者支援団体代表、弁護士、助産師、
カウンセラーなどにより結成。震災直後から福島県の被災者が収容されている避難所や仮設住宅を
訪れて、女性や子どもの相談、暴力防止のための環境改善要求、物資提供などの支援を行っている。
◆竹信三恵子さん
東日本大震災女性支援ネットワーク共同代表。和光大学教授。元朝日新聞記者。
著書『ミボージン日記』、『女性を活用する国、しない国』、『ルポ雇用劣化不況』他。

日 時 12月3日(土) 13:30~17:30
場 所 港区立男女平等参画センター(リーブラ)5階 ホール
定 員 80名 ※要申込み・先着順
 保育 無料・申込順(要予約)
 ※1歳から未就学児まで
 ※申込締切:11月18日(金)まで
 手話・文字通訳 11月11日(金)までにご相談ください。
 参加費 無料 

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME