SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2011年

09月26日

(月曜日)

連休が終わって

世間では3連休が続いておりましたが、同居人や私は暦の休みとは無縁
とは言うものの当方の関心事がうまく合えばトコトコ出かけました。

19日は都内の用事が早めに済んでさようなら原発1000万人アクション主催の
さようなら原発5万人集会に行ってみました。(ミーハーな自己満足だと思いつつ)
index1.jpg
時間も過ぎていたし、どえりゃー人出で、公園の片隅になんとか入れたものの
壇上で次々に語る人の話は途切れ途切れしか聞こえないので
周りのいろんな人の動きウォッチング。
前方の熱気も伝わってくるものの少しは温度差があって
グループで談笑する人やベビーカーの子どもをあやす人、おやつ交換したりする人も。
わたしのように一人で参加する同世代の女性もけっこういました。
(デモを、主催側が“パレード”と言うのは“平和的穏健”狙い?)

日曜日の18日に西洋美術館の「古代ギリシャ展」に行ったらかなりの人出で、
国立近代美術館の「イケムラレイコ うつりゆくもの」は平日に。

ギリシャ展 img_body201107_1ギリシャ イケムラレイコ展 イケムラ

ギリシャ展はみどころとされている本命の彫像群より
当時の市民の生活の一端をうかがい知ることができる
日用品を含む幅広い造形物の方にもっぱら興味が湧きました。
人間の愛と欲望のおおらかな表現が見られ
特殊分野に異常反応する私のアンテナが高感度。
『おおっ国立の美術館で、さりげなく大胆なコメントがそこかしこに、ほわ~』

イケムラレイコ展では、作品への説明はいっさい無く
観る人が受ける印象を自分で自由に拡げられる。
平日でゆっくりゆったり見られて満足。

ギリシャ展は関東では終了、イケムラレイコ展は10月もやってます。

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME