SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2011年

03月01日

(火曜日)

クライストチャーチ近況 沢月芸生香さんから届きました

クライストチャーチの沢月さんからメールをもらいました。
まだまだネットを自由に使える環境ではないようですので
沢月さんの了承を得てメールを一部転載します。

クライストチャーチ大地震から、今日(3月1日)で1週間が経ちましたが、私のところは市の中心部に近いため、まだ水道が使えない状態です。シャワーをもらいに方々の日本人宅におじゃまをして、そのついでにインターネットを使わせてもらったり、情報交換したりする日が続いています。

私の(滞在先の)家は最も被害のひどかったビジネス街に近く、夜間は外出禁止令(戒厳令)が出され、午後6時半までフェンスを通過しないと帰宅もできない状態に、否応なく置かれています。市の周辺部に出掛ける際も、道路封鎖が続き、IDと現住所を見せて説明をしなければ通過できません。

毎日、自転車で市内のいろんなところへ出掛けていき、心理カウンセリングなど必要な人への援助をしています。市の北東地域では泥水が大量に噴き出したため、その泥山が至る所に出来ています。そこからの悪臭と陥没した道路の復旧工事から出る砂煙が立ち込め、マスクなしでは喉や鼻がやられてしまいます。今日は30度近い真夏の気候なので、これから衛生面が気になります。

今回の大地震は死者や不明者が大勢出るような大惨事となり、そのことから来るショックは住民にとって言葉にならないものです。と同時に、昨年9月4日の大地震後、半年も経たずに起きた2度目の大地震ということもあり、せっかく復興の意欲が出てきた思いが吹き飛んだという落胆も大きいようです。

こうした状況の中で、ネットの掲示板を通して、「水あります」「部屋あります」「ペット預かります」などの草の根ボランティアができあがってきています。これを機会に、新しい人々とのネットワークも生まれ、ボランティア活動を通じて、お互いの力を分け合うことの喜びも感じつつ毎日を送っています。

日本から、励ましや労りの言葉を送っていただきありがとうございました。
帰国後、お目に掛かれるのを楽しみにしています。

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME