SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2011年

02月27日

(日曜日)

逃避行動?

急ぎのパワーポイント作り、とりあえず形にしたものの見直す気力なく・・・
(ちゃんと作ったのは初めてだしタイプリミット迫ってるし、と言い訳タラタラ)
これからが勝負だよ、肝心要だよ~と理性がたしなめる声が聞こえないではないが
逃避行動に流れる。。。
こんな時はお楽しみ、お気に入り男子の情報をのぞくに限るぜよ。
ああそれなのに、鼻先の人参5月歌舞伎、明治座
亀ちゃん・染ちゃん・勘ちゃん(おまけの七ちゃん)に会えると思ったのに
割引チケット抽選はずれのお知らせ、、、スンスン。

そんなこんなで?先日わひねスタッフみっちさんと
ネットサーフィンして得たイケメン情報を反芻して楽しむ!(ヤケ?)

「まほろ駅前多田便利軒」は4月公開、多田=瑛太、行天=松田龍平 
両人のキャスティング、逆の方が絶対いいと愚考しますが、諸姉のご意見は?
三浦しをんファンの間では多田と行天、映画化するならこのキャスティング!
と言う話題が盛り上がっていたものですが、さて仕上がりはいかに。

「マイ・バック・ページ」は5月公開、妻夫木と松山ケンイチ・・・
同年代がモチーフの「ノルウェイの森」の失敗(断定していいと思う、見てないけど)
が繰り返されてないといいが。。

「うさぎドロップ」は8月公開予定。マツケンが育メンね~ 原作の静かな熱さがどう表現されるか?
21JCJFK01AL__SL500_AA300_.jpg
アニメもフジTVノイタミナで7月からやるのね~こっちの方がいいか?

まだ公開未定?のワイルド7
子どもの頃は一時期のぞいてもっぱら少年誌を愛読してました。
どちらかといえばマイナーな?少年キングに連載されていた「ワイルド7」
独特のアメリカンコミックっぽさにひかれてました。
一時代前の?エロティックな表紙が多いですが、
最近のロリータっぽいアニメファンにはアダルト過ぎるか?
41NBDSZ3DEL__AA115_.jpg
映画はたぶんひたすらバイクとバイオレンスアクション中心なんだろな。
海猿の監督ですから(溜息)

秋公開予定の「僕達急行(ボクキュー)-Å列車で行こう-」 
森田芳光のオリジナル脚本か~~
なんか最近チガウ感じで避けている監督なんで微妙です。

あたふたの3月になりそうな日々、
今年の夏はどうなんだろ、と少し遠い目をするわひね管理人です(^^;

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME