SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2010年

10月04日

(月曜日)

パラソルギャラリー大盛況でした

パラソルギャラリー
パラソルギャラリー2010 自作アートの横で、サリーを着てタロット占い

こんにちは、わひね/スペースFの沢月芸生香(さわつききみか)です。
昨日、千葉駅前通りで開かれたパラソルギャラリーに出展してきました。
ニュージーランドの風景を描いた水彩画スケッチと猫の羊毛フェルトドールが好評でほとんど売りつくし、クライストチャーチの地震への寄付が集まりました。本当にありがとうございました。

10分500円タロット占いの方は、絶えず人が来て4時間余りカードと離れることもままならずでした。
道行く人との偶然の出会い、小さなスポットに小さな声を落としていく人々。たった10分でも自分と向き合い、心の声を聴く機会を共有することができて、感慨深い一日となりました。
まさに一期一会ですね。

私は長い間、公共施設の防音装置のついたカウンセリングルームで、一人50分間、様々な相談や悩みを聴き続けてきました。実は、タロット占いはカウンセリングと似ていて、ギリシャ神話からのメッセージを聴いているうちに、心の奥深くに眠る声に気がつくことがしばしばあります。
一方、タロットカードを使うことで、不安や苛立ちや葛藤、悲しみやもどかしさなど、いろんな思いがカードを通して浄化されていくような気がしています。
同時にカードの絵柄にエンパワーされて、これでOKと背中を押された方々もたくさんいたようです。
もしかしたら、街頭の蝉噪の中の10分間の方が、スーッと自分の内側に入っていけて、また日常に戻るのに適しているのかもしれませんね。

わひねでは、これまで通り、タロット占いを随時受け付けています。ご予約はこちらまで⇒hatopoko46@yahoo.co.jp

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME