SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2010年

06月22日

(火曜日)

第7回わひね映画館の報告

第7回わひね映画館 「刹那主義」「僕の真実」「邪拳」の3本プラスおまけ上映。
わひね映画館CMの主演者のタッキーさん!や
試写で見られなかった[月刊工藤淳一刊行記念
「僕の真実」~面白くなくてすいません~]
の主演工藤さんなども来店してともに鑑賞してくれました。

超短編映画「僕の真実」、いいな~こういうテンポ、
“爆笑”を狙った映画ではないでしょうが、わたしのツボにキタ~、で1人爆笑、
(すみません、場違いな爆笑して)
脱力系といってしまうとチガウけど、わたしの理解は浅いと思うけれど、好きですわ~。
監督の安野さんと主演者工藤さん、CM主演のタッキーさんは、
わひね映画館企画者石毛さんの監督作品で今年の春の
「桃まつり」に出品された「代理人会議」の出演者でもあります。
ちなみにもう一人の監督小林さんは第3回わひね映画館で上映された
「はりぼての夢」の監督、安野さんが主演でしたので、この映画もおまけで上映。
さらに「代理人会議」にちなみ、
第1回わひね映画館のおまけ即興劇「代理人会議」の映像も上映!
お得な夜でした。
※小林さんのsinra,net に掲載されたYukiレポート読みました。
我が家的にごっつあんです!

おっと、他の2本も忘れてはなりません。
「刹那主義」・・・独自の境地に少し慣れましたが、わひねの上映環境が悪いため
映像が見づらかったり音が聞こえにくかったりで、映像の不可思議さが増したような。。。

「邪拳」←これは一応ラブストーリー仕立てなんだよね?(ってだれに聞いてるんだか)
が、そんなことはおかまいなしに、
「オバカなことにどこまでも熱意を傾け突き進む??輩たち」の奇想天外な映画です?!
これほどまでの作り手たちの熱意にカンドウせずして真の映画好きと名乗るなかれ、
とは言えませんけど。


コメント

●NO TITLE

ついにわひね映画館も第七回目を迎えました~。
機材調達の関係で、ミニ畳ワークショップには参加できず残念でしたが、
最後のサプライズのときに、いぐさケーキをいただき、畳の魅力に魅了されました。
堀江さん、今度畳屋さん、撮影させてください☆興味深いですわ。

店長さん、みなさま、今回もありがとうございました。

次回、第八回はちょっと拡大していこうかと考え中です。内輪的雰囲気は必要でありつつ、お客さんに排他的に感じさせてしまう面があるため、少し悩んでます。

でも、もっと普通に多くの人に面白いものに触れてもらう機会が増えればいいと単純に考えております~。

どうぞ次回からもよろしくお願いします。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME