fc2ブログ

SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2018年

07月16日

(月曜日)

ブリュワリー

先週の朝刊に紹介されていた、京都一乗寺のブリュワリーがなかなか面白そう。

一乗寺ブリュワリー0

新聞記事は

ひと
高木俊介さん=「農福連携」で地ビール製造を始める精神科医
毎日新聞2018年7月11日 東京朝刊


高木俊介(たかぎ・しゅんすけ)さん(61)
 農業と福祉による「農福連携事業」の地ビールプロジェクトをこの秋、本格稼働させる。無農薬の農業に取り組む福祉事業所などに呼びかけ、障害者らが栽培した大麦やホップを仕入れて、地ビールの生産に乗り出す。「土台は出来上がった。次のステップは障害者の仕事づくりだ」

 大学病院での勤務時代に、日本精神神経学会による「精神分裂病」の病名変更事業に関わり、「統合失調症」名を発案し、2002年に正式決定した。独立後、京都のNPOなどと協力し、在宅での精神科の治療や生活支援などを行う「ACT-K(アクト・ケー)」を展開。「障害者の雇用の場があまりにも少ない」と痛感した。

 「地ビールなら親しみやすいし、地域の特産品になる」と思い立ち、醸造所「一乗寺ブリュワリー」(京都市左京区)を11年に開業した。気鋭の醸造家2人が加わり、日本地ビール協会主催のコンペティションで入賞するまでに成長。経営が安定し、障害者が働く施設や農園と連携した地ビールづくりを始める。

 「障害のある人も働くことで社会参加し、他者とつながり、自信を取り戻していく。症状が重いから仕事ができないのではなく、重症の人にもできる仕事はある」。連日、にぎわう直営のパブで、グラスを片手にこんな期待を口にした。

 「まずビールを味わっていただき、どんな人たちによってつくられるかを知ってもらう。そんな順番がいいね」<文と写真・明珍美紀>

 ■人物略歴
 広島県生まれ。京都大学医学部卒。2004年京都市内にクリニック開設。著書に「こころの医療宅配便」など。


そもそもブリュワリーって何だ?と思ったら、醸造所のことか。
最近の若者はアルコールをあまり摂取しない中、クラフトビールの人気は上昇しているとか、毎日飲むにはちと値がはりますが、ゆっくり味わうにはぴったりでしょう。

政府が掲げる働き方改革が、現政権の真の思惑通り、ほとんどの国民にはさらに厳しい生活を強いられることになりそうな今、"労働"がもたらす喜びを、このビールを口にするとき感じることができる気がします。

Brewery という言葉が頭に入ったその日、友人に誘われて入った六本木ミッドタウンのStarbucks Reserve Bar

普通のスタバの2階へ上がると、そこは大人のスタバ?!ワンランク上の雰囲気を醸し出そうというコンセプトでしょうか?
ようするに私には"ケッ"という感じが湧いてくる要素ありありですが、そこは好奇心の方が優り、探求熱心な友人の店員へのインタビュー?をしっかり側で聴いておりました。

いやはや一杯のコーヒーにたどり着くまでのステップが・・・・
豆や煎れる道具の選択までスタッフの講釈を聞かされて選ぶので、ある意味自分好みの味かどうかは自己責任ということになりましょうか。
ま、卓袱台返しするようなことにはならず、お値段に見合うと一応納得して美味しくいただきました。
で、ここでも Brew の単語が使われていたのにちょっと新鮮な驚きが。
なるほどコーヒーを淹れるのも Brew なんだ・・・
そして私が選んだ「コロンビア ラ カシアーナ」という豆は、男性中心社会のコロンビアコーヒー製造業界にあって、女性19人が立ち上げた生産者グループによるものだと知りました。
豆にちなんだデザインがほどこされた上質な紙製のカードにはコ-ヒーの来歴が記され、蘊蓄満載。

コロンビア豆_s

この1日は Brew のひと言で括られることに。"醸造"という言葉の響きには、ゆっくり時間をかける、丁寧に向き合う、というような思想的な意味も感じられるか・・・と少し哲学的な思いまで浮かんだものでした。

コメント

●はじめまして~

京都にこんなのがあるとは全く持って知りませんでした。
一乗寺といえばラーメン屋のイメージしかないですw

医学部卒の精神科医でビールづくりというのもすごいと思います。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME