SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2018年

04月28日

(土曜日)

アートな1日

旅から戻って4月になり諸々気になることがある中で、二つのアート展をはしごしたのは先々週のある日。(どちらもすでに終了していましす)

猫好きな友人と以前から約束していた猪熊弦一郎の「猫展」
猪熊弦一郎cb

2月に四国丸亀市の猪熊弦一郎現代美術館や松山市の伊丹十三記念館に行った折に彼らの猫アートを見ましたし、昨今の猫ブームや周囲の愛猫家たちの話に洗脳されたわけではありませんが、興味覚えて観覧。

具象画のリアルな猫より、線描画やデザイン化された猫たちが魅力的でした。会期の終盤だったせいか猫Tシャツやハンカチなどのグッズは売り切れていたので友人は残念そう。
猫だらけの展覧会とはいえ、彼の足跡をたどる作品ももちろんあり、マチスやピカソの影響を受けていたことなども理解できます。ポスターの猫たちからそのことがうかがえるし、さらに自分のスタイルを確立していることも物語って。

午後は、潮田登久子「 本の景色 BIBLIOTHECA」写真展
IMG_2675.jpg

写真集を図書館で借りてすでに見ていましたが、実寸大の写真を見ると印象が強く迫ってきました。写真の写真を撮るというのは邪道な気がするものの、写真集は高価で手が出ないので気になるものを残したく。。。

IMG_2671.jpg   IMG_2672.jpg   

ブロッコリーと名付けられた左の写真は確か調べもの学習に力を入れている小学校の生徒の準教科書、調べた箇所に付箋を貼る作業の成果がこの状態に。
右の写真はさる大学図書館の修理中の古書。結束されている様は包帯を巻かれ治療中のように見えます。

人間より長持ち?するといえども不変ではない。骨董なども時間の流れを受けるでしょうが、紙は変化の度合いが早いのは否めないから。浅学ゆえ知りませんでしたが、一般的には和紙の方が洋紙より劣化が遅い(一説には洋紙100年和紙1000年とか)言われていますが、和紙を好むシバンムシ(死番虫)は普通の紙魚(シミ)より被害が大きいそうな。その様相がわかるのがこの写真。
IMG_2673.jpg
切り絵のようにもレース編みのようにも見えてきます。この状態ですら修理して原型に近ずけようとする修復作業は想像を絶します。
"本"の価値をどこに求めるかは人それぞれ。これらの写真を見ているとやはり生命体のように思えてきます。

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME