SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2018年

04月24日

(火曜日)

気まま旅6

旅最終日。帰りの便はPM9時過ぎなので夕方たっぷり観光できるのは直行便ならではのありがたさ。

まずは今回の旅のおおきな目的の漫画博物館へ。宿泊ホテルをチェックアウトして荷物を出発時まで預かってもらい、徒歩で。
ホテルは植物園の近くで、あと一カ月もすれば緑が際立ってきて花々も咲き乱れるだろうと思われるが、まだ寂しい・・・

漫画博物館は、先に訪れたアールヌーボ―建築家のオルトが設計したデパートを再生利用しているそうで、建物自体もステキです。
タンタンやスマーフなど多くの漫画を世界に送り出してきたベルギーの漫画はアート・文化として評価されているという事がよくわかる博物館です。
丁度、特別展として中国の漫画の歴史が展示されていて、言葉が読めなくてもストーリーやオチ・ギャグが一目瞭然なのが漫画のありがたさ。
01e16d5e9ae865c853682bc9e9d43598fb262c4357.jpg   01977d8fb85114b40f30b22b128b451f4b0ff86616.jpg  016ee810c64bdb99d494daf9366ba1709a09ad7a59.jpg

01cb0100301b152ba5967f1268ba96dbad611cb78e.jpg 

たっぷり博物館やグッズ売り場を堪能して、また中心街のグランパレスへ戻り、最終日のランチはレストランやカフェで賑わう聖カトリーヌ広場へ。教会の前には夏は水が入っているらしい用水路があり両側の通りは並木道。
時間をずらすべく、まずは教会の中へ。ロマネスク、ゴシック、ルネサンス建築が混在しているらしい。広場の賑わいから一転した厳かな内部。

さてさてお店はたくさんあれど、食べたいものと予算の折り合いがなかなかつかない。
海の幸を立ち食いできる有名な店には行列が。。。昼からみんな飲んでるなぁ。混んでるなぁ。
20年近く前に訪れた際には食せなかったホワイトアスパラガス料理、昨日のベールセル城前のレストランで隣のテーブルで見かけたのが忘れられず、通りに出ている各店のボードに書かれているメニューを見ても見つからない。。。
諦めて、ランチのお値段が手頃なちょっと小さなレストランに入ることに。
店内は地元の家族連れやグループ、老夫婦などで、スタッフと和気あいあいの雰囲気が親しみやすく、メニューには書いてなかったけれど、ホワイトアスパラガスは食べられるか尋ねてみると、あった!やったー。
バーカウンターの前にはベルギービールの人気ビール、クワックビールのグラスも並んでいます。
念願のホワイトアスパラガスは歯ざわりサクサク塩加減が絶妙なシンプルな一品。

嬉しくなって、「今回の旅でホワイトアスパラガスとクワックビールを飲むのが夢でした」とウェイトレスの小粋なオネエサンに言うと「ホワイトアスパラガスにはちょっと甘いビールが合うから、クワックがイイですよ、ナイスチョイスですね!」と返してくれました。ありがとう!
01111b7bd2a7910ab2178bcb151addcf97025a4806.jpg  01a7de5c878ee01110288443cb3cc3e0d6d55b63bf.jpg



コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME