SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2018年

03月16日

(金曜日)

ミロコマチコ

初夏を思わせるような一日を遠出の散歩&アート鑑賞の充実の1日。

前半はチケットをもらっていた世田谷美術館の「ボストン美術館パリジェンヌ展」

パリジェンヌ展_a

ふむふむ、という感じで静かな館内をゆっくり鑑賞。18~20世紀の主にパリを中心に女性たちの置かれた状況や変遷を辿ることができます。ここでも最近みた映画の時代背景を別の角度から追体験するようで面白い。

そして本日のお目当てはずっと楽しみにしていた「ミロコマチコ いきものたちの音がきこえる」だ!
ミロコマチコ_top

世田谷文学館はいつも追っかけているわけではないけれど、時折ピンポイントの企画展をやってくれるので油断ならない!
文学館だから、一応絵本の原画展という位置付けなのだが、一般的な原画展のイメージは吹っ飛ぶ。

入り口は写真撮影可。あまり広くない展示スペースだから、壁一面の大きな絵が見づらいのがネックではあるけれど、そのぶん、動物たちの生々しい迫力がダイレクトに伝わってくる。大胆な構図で大きな獣や猛禽たちがイキイキ躍動しているかと思えば、小動物や蝶や小鳥たちも簡略されながら際立った色で特徴を捉えて描かれている。
平日の午後で人も少なくじっくりとミロコマチコの動物たちの息遣いに浸れ、エナジーチャージ、大興奮!!!

世田谷文学館

最近は図録を購入することもあまりしなくなったけれど、これは絶対!
私にとっては非常に嬉しいことに図録に帯がついていて広げると、なんとモモンガじゃないの!!!!

ああ、乏しい小遣いに加えてケチな性分と、この作家の凄さを一緒に楽しんでもらえそうな人たちの顔を思い浮かべ、グッズショップで煩悶することしばし。
図録

4月8日までやってます。この人の作品は好き嫌いが別れるでしょうが、荒々しくも楽しいものが好きな方はぜひ。


コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME