SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2018年

02月15日

(木曜日)

ねこ町駅前商店街日々便り

「ねこ町商店街日々便り」
ねこ町_

いや~柴田よしきの作品とは思えないタイトルだし、装丁もいまいちだし、思いのほか分厚い。。。
とは思いつつ、ホラーもミステリーもファンタジーも変幻自在に操る柴田よしきだからね。。。

はい、読む前の予想をいい意味で裏切られて心地よく読了。
ねこアレルギー気味の私には縁がないですが、猫好きの面々にはたまらんかも?!

全国の中小都市の駅前シャッター街の再生はどこの地域でも改善困難な課題、
それぞれの地域の抱える独自性もあれば共通の問題も含めて、
時代の波で仕方がないという諦めが支配的な空気。。。
この物語の中でも何度もそういう堂々巡りの話が語られるから、少し辟易してくる感も。。。

が、そこはフィクションの世界?!
老若男女がそれぞれに、自分の力を目覚めさせていくことが繋がって再生への光が見えてくるというハッピーエンド。
きっかけはこのねこ町(根古万知)にふらりとやってきた猫?
この猫は果たしてUFOに乗ってやってきたのか?!

自治体や有識者がプロジェクト化する地域再生計画は、いまだにどこかシステマティックで男目線が支配的。
そんなあれこれを著者はかなり調べたと思われます。
そこから著者は、地域の活性化とは、人を呼ぶために観光地化することではなくて、住民が愉しい記憶を残せる町としての"祭り"を生み出すことを一つのてがかりとしていきます。

覇気が消えかけていた商店街のオヤジ店主たちや日常生活をなんとかやりくりする女性たち、都会からUターンした若者、先が見えない町でくすぶる子どもたちが、潜在していた力やモチベーションを高めていき、再生への強い思いをもった幾人かが角突き合わせ捻り出したアイデアを、大きく膨らませいろんな形で具体化実現して行く・・・

まぁ、紆余曲折しながらも町が再生していくファンタジー、と冷めた目で断じることもできるでしょう。
シャッターを下ろした年金暮らし商店主の「静かに暮らしたいからそっとしておいて」、という言い分の方に与したいというのが私の本音かもしれない。
そんな気持ちをお見通しの著者に活を入れられた気分です。

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME