SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2018年

02月09日

(金曜日)

母は強し?

「スリービルボード」
スリービルボード

出演作はいつも気になるフランシス・マクドーマンド、今回も、不愛想でいながら、深い感情が見る者に迫ってくる演技は唯一無二だ。
アメリカ南部の小さな町で、人望厚い警察署長をビルボード(広告)を掲げて非難する挙に出た、怒れる母親ミルドレッドを圧倒的に演じている。

娘を死に至らしめた犯人を突き止めたい一心の行動がもたらす危険にも自分を鼓舞して戦う生き様は、周囲の人々にも混乱や困惑、そして少数ながら共感も生み出す。
娘との最後の別れになるとは予想だにしなかった口論の時を、悲しみと救われようのない悔いを抱きながら思い返していることを、彼女の表面の強さに圧倒されている周囲の者は想像していないに違いない。
内に向かう負のエネルギーと同じくらい強い力で、自分が住む町の住人、あるいは今を生きている全ての人に、不条理な娘の死の意味を問いかけている。
世の中の男たちと男たちを産み育てる女たちにも見て欲しい。

彼女の"敵"警察署、の面々を演じる役者たちが、巧くて、男たちへのやるせない思いも持たされてしまうのが、なんとも言い難し。
南部の白人男性の典型的な差別主義者として描かれていた警察官が、署長の死によって自分と向き合い葛藤し、警官としての有能さと良心を取り戻していくところが、一面的ではないところを担保する演出の狙いだろうけれど、この映画の苦さを緩和してしまうかも。。

「ローズの秘密の頁」
ローズの秘密の頁

これは第二次大戦中のアイルランドの物語だけど、普遍的なテーマとして現代にも大きな問いかけをしている。

「スリービルボード」にも教会の牧師の倫理への懸念が強く描かれていたけれど、カソリックのアイルランドではさらに深刻な問題提起。
当時の教会の教えによると、女性が目を直接見ることが許されるのは夫だけだったそうな!?
未婚なのに男性を直視するローズは、そのことだけで娼婦呼ばわり!

フランシス・マクドーマンドと同じように常に気になる役者のヴァネッサ・レッドグレイヴと、出演するたびに違う役柄を演じるルーニー・マーラは、随分違うタイプの俳優だけど、二人の演技力は甲乙つけがたい。
ストーリーはラストでファンタジー的な結末を迎え、ある意味カタルシスをもたらしてくれるけれど、それが望ましいエンディングとは言えない気がして映画館をあとにした・・・

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME