SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2018年

01月18日

(木曜日)

広辞苑と三浦しをん

販売開始早々、LGBTの説明誤りの残念なニュースですが、
新・広辞苑、「LGBT」の説明に誤り 岩波書店が修正を検討

個人的に手を回して?入手した予約特典非売品付録、三浦しをん執筆の「広辞苑をつくるひと」😂
ちゃんと岩波文庫の装丁(よく見ると多種多様の生き物が‼︎)、
カバーには「をも見よ参照(図書館用語)」?のような手指のイラストがうっすら描かれている!
広辞苑5
三浦しをんの探訪シリーズのスピンオフ?「舟を編む」の読者ならずとも興味津々!

小冊子といえども、本にまつわる仕事の末端にいる人間にとってはマニアックな情報満載だ。
三浦しをんが取材するのが、岩波書店本社の編集部ではなくて、言葉の差異(特に"動詞")にこだわり語釈や用例を担当する国立国語研究所、初版刊行時から活字を開発してきた大日本印刷、辞書のイラストを担当してきたデザイナーと監修者、本体を入れる函を作る製函所、そしてラストは製本会社、というラインナップがイイ!

紙ベースの辞書が好きだけれど、言葉を言葉で言い換えただけにしか思えない不全感を抱く事が多い。
今回国立国語研究所のインタビューの章を読んで、研究者もそこのところをなんとか改善しようと、並々ならぬ苦心と努力やこだわりをもっている様子に触れて、予想以上の途方もない時間や労力に驚くとともにワクワクした。

「ほかの言葉を借りないと、ある言葉の説明はできない。でも言葉を使えば使うほど、意味が逃げていくような気持になることがあります」・・・
 語釈を書くときのポイントとして、「なるべく短く、端的に」というのはもちろんのこと、「むずかしい単語は使わない。語釈に出てくる単語の意味がわからず、また辞書を引かなきゃいけない、という事態が起きないよう、なるべくわかりやすい単語を使って説明する」というのが重要なのだそうだ。
(第1章 国立国語研究所 言葉の差異に萌える辞書の猛者)

特に"動詞"の語釈を検討する女性3人チームの奮闘には目から鱗が落ちた。ってか、これまで辞書の編纂に携わってきた歴史を思えば男性目線での辞書作りであったから、特に"家事用語"などが抜けおちていたり大雑把なのだ。
今回のLGBTの説明誤りの件でも、"名詞"の分野担当に、ジェンダーや性への正確な見識が備わっていれば防げただろう。
「舟を編む」でも若い女性(映画では黒木華)が編集者の一員となって新たな視点が広がっていたことを思えば、三浦しをんの辞書への思いがさらにわかってくる。

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME