FC2ブログ

SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2017年

10月21日

(土曜日)

映画あれこれ

今年の夏のお楽しみだと、昨年触れた「ワンダーウーマン」
wonder-woman.jpg

仲間内ではいろんな意味で話題になりました。
日本ヘラルドの宣伝が酷いと物議をかもしたことで、日本の映画界やメディア業界のオッサンたちのジェンダー観がトホホなことが露見。。。

ワンダーウーマンのダイアナのコスチュームが過剰に露出し過ぎていることもあって、演じたガル・ガドットがユニセフ親善大使を務めることに抗議があったとか、彼女はイスラエル人でパレスチナ問題でガザ地区攻撃をFacebookで言及し正当化していることなど、世界状況をいろんな角度から考えることにも繋がり、今も話題が続いています。

そして11月に公開されるジャスティス・リーグでもワンダーウーマンが登場。

ジャスティスリーグ
 
映画界要人がセクシュアル・ハラスメントで業界から追放されることになり、「さもありなん告発遅し」、の感が濃い中、この映画のバットマン役のベン・アフレックも疑惑の対象にあがっているとか・・・

この映画のように「地球を救うために!」という風潮の映画は本来好きじゃない!!勝手にヒーローやってろ!と思うのですが、エンタテイメントで洗脳するのも権力者の昔からの策なので、それを監視するために見なくては、なんちゃって。
男たちは昔から"家族のため、愛する者のために戦う"ことにヒロイズムを感じるようですが、そんな彼らにはこの本を読んでもらいたいといつも思います。

「私のために闘うな」
私のために戦うな


コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME