FC2ブログ

SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2017年

08月27日

(日曜日)

なにげない日常会話

先日、チェーン店のカフェの隅っこで夜の芝居見物の前の腹ごしらえしておりました。ビジネスビル街の一角だから、周囲には仕事帰りのビジネスパーソンだらけ。

私の後ろから男性3人組の会話が聞こえてきました。

A「それで赤ちゃんは何カ月になった?」
B「明日でちょうど3か月!」
C「今何キロぐらい?」
B「それがさ、でかいんだよねぇ、まぁ成長曲線の閾値ではあるから心配はないらしいけど・・」
しばらく成長曲線についての説明やら体重と身長のバランス話続く。。。

B「それで、Aのところはそろそろ2歳?」
A「そう、ようやく言葉が出てきてね・・・」
しばらく、言葉の単語解説続く。。。

ほうほう、なんかいい感じ。
若い30代男子のわが子談義が淡々と続き、各人が日常の中で子どもの成長を直に目にしているさまが伝わってきました。
パートナーの愚痴を言う訳でもなく、育児の大変さを嘆くでもなく、あたかもビジネスの情報交換をしているかのような雰囲気。
金曜の夜ということもあってか、一週間の仕事から解放されたくつろぎとゆるさは感じられました。
同僚同志で育児生活の日常を語る彼らの声が、彼らの上司たちのように仕事と家庭生活を優先順位をつけて考えるところから解放されているようにさえ聴こえてきました。
土日家庭で子どもと過ごすことにしんどさも少しはあるとはいえ、彼らは嫌々で帰っていくわけではなさそうで、仕事と家庭生活をうまくコントロールして楽しんでいるようにも。もっともパートナーがどう思っているかまではわかりませんけどね・・・


コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME