FC2ブログ

SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2017年

08月17日

(木曜日)

キャロル・キング 「ビューティフル」

ミュージカル苦手ですが、家人がたまたま湯川れい子さんと話す機会があり、彼女がブロードウェイ版の『Beautifull』日本語訳詩を担当したと聞き、行きたいと。


私の世代が馴染みのあるキャロル・キングはシンガーソングライターの先駆者的で、ジョニ・ミッチェルやリタ・クーリッジなどなどウエストコーストのアルバム中心で聴いていたミュージシャンの一人。ブロードウェイ版をYtubeで覗いても、朗々と歌い上げる迫力で、なんだかなぁ。そのうえその数々の名曲を日本語で聞かされてもなぁ・・・

あまり気乗りしないまま、観に行きました。そこには私の知らないキャロル・キングの人生がありました。
飛び級で進学した大学生時代に16歳でデビュー。とはいえ歌手としては成功せず、1960年の音楽業界で作曲家として数々のヒット曲を生み出していたということはかろうじて知っていたけれど、当時のポップスはシングル盤全盛、3分間のヒット曲を次々に出さなければならないプレッシャーがあったり、と、若かりしキャロルが葛藤やsングルマザーとなって人生に立ち向かう前向きな舞台。。。
同行の家人は「だんだんキャロルに見えてきた」と言うてました。私はジェームス・テーラーが登場しないのが残念。

私はニューヨーク時代のキャロル・キングと夫ジェリー・ゴフィンのヒット曲を、黒人グループドリフターズやニールセダカが、オケピのバンド演奏でノリよくステージで唄うシーンがよかった!

私たちが行った日はダブルキャストの水樹奈々がキャロル役。初めて聴きました。彼女は声優界初の武道館やドームコンサートを開いたそうで、なかなかしっかりと聴かせてくれてお得感。客席には声優水樹のファンと思われる男(おのこ)たちの率が高いのも面白かった!

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME