SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2017年

07月19日

(水曜日)

女を観る歌舞伎

女を観る歌舞伎
女を観る歌舞伎1


歌舞伎の若手を見るのが楽しみなミーハー歌舞伎ファンです。先立つものが乏しいので年に数えるほどしか行けません。それも幕見席。最近は話題の舞台は幕見席の完売率が高くて無駄足になりスゴスゴと引き下がることもあります。モノによってはシネマ歌舞伎で見られることもありますが、今一つ臨場感が不足するのは否めず。。。
さて、八月の納涼歌舞伎、新作目白押しで、暑さの中、幕見席並ぶのが大変そうだなぁ。。。

酒井順子の著書にはいつも頷くことしきりでチェックしていますが、歌舞伎本を書いているとは気が付かなかった!速攻で読了。
歌舞伎の観方の王道からは外れているかもしれないが、さすが酒井、実に融通無碍です。江戸時代の戯作者の思惑や心理の洞察に大いに納得できます。私も、華麗で荒唐無稽でありえない展開の芝居が好きですが、酒井さんの読みの深さ・広さ・想像力の羽ばたきは刺激的。彼女があげている芝居にはいくつか私も見たものもあり、紙上に繰り広げられる目から鱗の解釈が、なんとも心地よくて、歌舞伎の観方がさらに面白くなってきました!
柚木 麻子 (作家)の書評が、酒井順子の筆力をしっかり捉えてくれていてありがたい。
http://books.bunshun.jp/articles/-/2617

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME