FC2ブログ

SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2017年

06月22日

(木曜日)

20th Century Women

仕事帰りに夜しか上映していない「20センチュリー・ウーマン」("ウーマン"だと原題とはずれるけど・・・)
主演のアネット・ベニングあまり好きじゃないんですが、「人生はビギナーズ」の監督作品ということで見てきました。

20センチュリーT0021635

時代設定は1979年。ほぼ40年前か・・・当時の自分の年齢は登場人物のアビーとほぼ同世代。今の自分は彼女の母親やアネット・ベニング演じるドロシーと同じ世代。
両方に複雑な思いを感じながら、でも一番共感したのは息子のジェイミーだなぁ・・・

シングルマザーのドロシーが、自分だけでは息子にあまりいい影響を与えないと思い込んで、ジェイミーの気持ちなどおかまいなしに、下宿人?のアビーとウィリアム、さらにジュリー(ジェイミーと幼馴染)に、ジェイミーへの干渉を促すところからして「オイオイ!」と突っ込み入れたくなります。

アビーは自分を解き放ってくれたパンクロックやフェミニズムについてジェイミーに熱く語ります。それは現実的でジェイミーも共感します。15歳の自分にできることを悩みながらも、アビーの矛盾やジュリーの葛藤に、"寄り添う"。それはアビーが伝えてくれたフェミニズムの手引書(?)"Our bodies Our selves" (日本語版は「からだ・私たち自身」)などを読んで納得しての行動。
頭でっかちの勉強モードの試行錯誤なんだけど、ストレートで危なっかしいんけど、心があるんですよ。ある意味大人のアビーやジュリーにその率直さが響くし、母親のドロシーにも伝わる。

ジェイミーが"恐慌世代"と呼ぶドロシーは、カサブランカのハンフリー・ボガードが理想の男で女性飛行家になりたい夢を忘れられずにいるけれど、なんとか新しいものに触れて受け入れようとしているところがケナゲながらもイタイ気もするし、それが「私」と居直っているところもまた分かるけどねぇ・・・
アネット・ベニングの演技が高く評価されているようですが、めんどくさいドロシーはこの人が演るからいっそうめんどくさい人なのか?

それまでの価値観が大きく揺れていく70年代後半からの時代、誰もが不安定になっていく始まりだったのか。

ジェイミーが好きになったトーキングヘッズ、なんだか懐かしい。

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME