SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2017年

06月03日

(土曜日)

ミュンヘン入り

午前中はスッタモンダのミュンヘン入りに際してのトラブルの払い戻しをしてもらうべくミュンヘン駅構内を行ったり来たり。
労多くしてむなしかったですが、どっこいシニア女子をなめんなよ(誰にいってるんだか)、公演のチケット入手すべく州立バイエルン劇場へ。お目当てのオペラ「タンホイザー」は完売で、当日のバレエ「真夏の夜の夢」の立ち見席ゲット。

レジデンス(王宮)前の庭園で自前の弁当をたいらげてピナコテークへ。アルテは後日に行くことにして、2館割引でモダン・ピナコテークとノイエ(新しい)ピナコテークへ。近現代のアートの目白押しで、未知の作家の作品にも大いに刺激を受けました。
01f919029146e1fd4c9a3c4e32ea55fc11ef0cc099.jpg   0108654ae56e90c65258d6a7f9c98008a19e28fea2.jpg

0116bfe9c7b2899f93429890c11a79906a3d1e69ba.jpg   01f3f073c9728d623991b5c05fe74835b18a729b56.jpg   0154672a003897c8d641533ed08e345b456bb31f66.jpg
01d84e964f28c6c0cc104d9fbe1a2f224f413ca64b.jpg

夜の州立劇場へ出向く前にカールス・プラッツのスーパー(EDECK)で白アスパラやハム、ビール、ワイン、パンを買えて嬉し。
バレエは「真夏の夜の夢」の新解釈で、筋肉全開の?気合十分な舞台で面白かった!ミュンヘンでは舞台のチケットがあれば帰りの電車賃は無料というありがたいシステムがあります。

01a2384c3115480c535b902b8343163b113d107e9d.jpg   0109c4c0fb5a5384f6c14f8bf290df7a38c69844b3.jpg

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME