SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2017年

06月03日

(土曜日)

最近のニュースに関連して

ウィーン滞在中、王宮周辺の王宮庭園内のベンチで度々ランチしました。無料でいつでも出入り自由、庭園内は気持ちよく整備されていて木陰もあり初夏の陽射しと咲き乱れるバラが美しかったです。
01efa0a8f6d95e856e207c01fb1cd048582cf65dd0.jpg  01e3f4b1f87382c003767105a40d522388bf929af7.jpg
 
  旅の途中で日本の皇族の一人の女性の婚約話題の盛り上がりを知ったり、帰国して、毎日新聞だけが取り上げたらしい、"天皇が昨年11月のヒアリングの際に保守系の専門家から「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たことに、陛下が「ヒアリングで批判をされたことがショックだった」との強い不満を漏らされていたことが明らかになった。"というニュースなどについて、同居人たちと話す中で、欧州の国々の公園のように皇居を常に国民に開放するとイインジャネ、って話になったりしたわが家の飲んべ談義です。

そもそも皇族の外遊とか天皇の国内訪問が国民との触れ合いを願う事ならば、皇室予算を削減して私費?で回ればよかでしょうに。保守派の思惑とは真逆のことかもしれませんが。

まずは皇居開放、よろしく、なんてネ。

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME