SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2017年

02月11日

(土曜日)

未来を花束にして

「未来を花束にして」原題:suffragette
未来を花束にして


観ました。なんかもやもやします。

正しすぎる。。。
無自覚ながら現実に疑問を抱く主人公が目覚めていき、急進的な婦人参政権運動にのめり込まざるを得なくなる・・・
挫折したり悩んだりするけれど、そこに裏切りや疑念はなく、とことんストレートに揺るがぬシスターフッドがあり、悲劇を乗り越える・・・

ええ、今を生きる自分の立場からこの映画にエラソーなことを言う資格なんぞございませんってことは、さすがに了解していますが。。。

エンドロールに世界各国で婦人参政権が認められた年代が出てきますが、日本はリストに上がってこない。。。

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME