SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2016年

12月21日

(水曜日)

千葉市男女共同参画センターまつり 自主企画

先週12月」10日(土)の午後、千葉市男女共同参画センターまつりで自主企画を実施しました。
まつり2016チラシ (3)

securedownload (1)

securedownload (2)

<企画内容>
☆アイスブレイク後、講師の自己紹介と当企画の内容・目的をパワーポイントで説明、休憩後、からだほぐししてワークを開始。
☆ペアワーク(4つの窓=「開放」「盲目」「秘密」「未知」を描く)
☆ペアでシェア←ワーク中の気持ち(高揚感・葛藤・喜怒哀楽/思い出したエピソードなど)⇒4区分で1枚の絵を作成する⇒全体でシェア

今回の企画では、従来の「ジョハリの窓」を別の視点からとらえるという試みをとり、自己啓発ではなく内省を深めることによる自己肯定感の向上に狙いを定めた。アートワークでは参加者が直感で 描いていき、自分の未知の部分に思いを寄せて、新たな気づきを 持ち帰ってくれたようだ。

参加者が、初めのアイスブレイクやからだほぐしの時間を通して
ワークの空間の雰囲気に安全・安心を感じ取ってくれたようで、全体のシェアでは内面の葛藤やこだわりについても語る人もいた。

参加者へのアンケートにも全般的に好評で、またこのような機会があれば参加したいという方もいたので、励みとなった。

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME