SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2016年

12月17日

(土曜日)

千葉市男女共同参画センターまつり2016

気がつけば、12月も早や後半に突入!なってこったい。。

千葉市男女共同参画センターまつり2016
も終わりました。

今年のセンター主催の講演会は「わかりあえないことから」と題した平田オリザさんの話。
さすがオリザ、期待以上に面白く心に残る話を聞けました。

平田オリザという人は、年齢・性別不詳?写真をみても判別つけがたい?!らしく、今回初めて「彼」と認識した人も、私の周りに何人かいて、そこからも彼の人となりをうかがうことができるのも愉しい。

平田オリザm02-0594-161115

http://www.seinendan.org/hirata-oriza

彼のプロフィールを見ても、日本内外でワークショップを開き海外の劇団と交流し、大学で講義をし、劇団を主宰し、文科省や自治体の委員も務め、多忙を極めているようなのに、実に飄々としている。
しかし、彼の言説は控えめながらも実に鋭く本質を突く。
巧妙に隠されていることや、黙殺されていること、見落とされていること、あえて曖昧にされていること、曲解されて誤用されていること、誤解されていること、を丹念に解いて実態に気づかせてくれる。
しかも高みから説き伏せるようにではなく、ともに気づいていこうとする姿勢がわざとらしくないから、わたしのような天邪鬼にもストレートに届いてくる。

「なぜ男女共同参画センターに呼ばれたかよくわからない」と冒頭で話していたが、彼こそまさに、『』つきではない、男女共同参画の体現者だと、私には感じとれた。
行政が定着させようとしている「男女共同参画」という言葉は果たして妥当なのか?という疑問を暗に呈したのかな、とすら勘ぐりたくなる(笑)
聴衆には役所関係者や男性も多かったので、彼の「私を含めた中高年の男性が気づいて変わっていくことが一番求められていると思います」という締めの言葉をしっかり受け止めてほしいものだ。

と、他力本願ではいけない、まず自分、そして周りの人たちとの「わかりあえないこと」や見て見ぬふりしていることや「ないがしろにしていること」に目や耳を向けること、これはケセラケセラの人生が信条の私には結構しんどい。。。

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME