SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2016年

10月07日

(金曜日)

あの大鴉、さえも

「あの大鴉、さえも 」
大鴉

「現代演劇のルーツといえるアングラ世代の戯曲を 若手・気鋭の演出家が大胆に現代の視点で読み直す、東京芸術劇場人気企画「RooTS」。第四弾は、竹内銃一郎の80年の傑作「あの大鴉(おおがらす)」 

80年代前半は私の観劇履歴の空白時代。。。当時の舞台の劇評を探したらありました。
http://togaki.oct-pass.com/?eid=535290
不条理劇ってことなんだな。

台詞は当時の男3人の設定のまま、それを女3人が演じるムリも感じるところあり。小林聡美がポルノチックな台詞をしゃべってもなぁ、、、でも逆にそれがエロく聞こえないという効果も狙ったのか?
予想した難解さはあまり感じずに済んだものの、片桐はいりの動きにどこまで笑っていいのやらとまどいも。。。
3人の身体的パフォーマンスは見ごたえがありましたが、芝居全体がもっと尖がって欲しかった。

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME