SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2016年

07月31日

(日曜日)

タイトルの意味の深さ

ありのままの私
最初はスルーした本書、タイトルが「ありのままの私」って・・・
とはいえこんなベタなタイトルつけるには意味があるのかもしれない・・・

ありました、深い意味が。
書店で並んでいるときは帯に著者のプロフィールやコメントが書いてあるので内容を推察できますが、図書館などでは外してありハードルが一つ高いですね(って言い訳か)
テレビのバラエティもほとんど見ないので、あゆむ(もしくはあゆみ)さんはメディアにも露出度が高い人だと全く知らずに読みました。
教員という職業柄かもしれませんが、論理立てて自らを分析し、折々の状況をとてもマメに冷静に記憶記録して記述してあります。
私がかねがね「性同一性障害」という名称になんとなくなじめなかったことが、この本で得心できました。

「性同一性障害」の項でとても詳細に述べています。
「性同一性障害」などというものは存在しません。それは人を支配あるいは破壊するために捏造された、危険な概念です。・・・
こういう男女区別主義者にとって、「性同一性障害」という概念は実に便利です。というのも、男女の帰属を乱すものは「かわいそう」な「障害」を持っている「異常者」だ、と思えばいいからです。そういう「障害」のある人は、手術を受けて本人が帰属したいと思っている集団にふさわしい身体に変造してしまえ、ということになります。それが性別適合手術の社会的意味です。・・・
「そうすればあなたも幸せでしょ?女になりたいんでしょ?」というわけですが、目的は他人の幸福ではないのです。彼らが狙うのは、社会の表面的秩序の維持です。・・・
この概念によって医者は圧倒的に強い立場に立ちます。・・・
「性別適合手術」という名前が生み出されたのですが、これも欺瞞的であることには変わりありません。・・・この手術の最も正確な名称はおそらく「性器変形手術」です。・・・言ってみれば美容整形の一種なのです。


昔はゲイを病気だとして精神科に強制的に入院させ治療するということが行われ、現代では「性同一性障害」を本来の性に適合させようと治療する。。。セクシュアリティの多様性を認めることは彼らの根幹を揺るがす危険思想と怯えているんでしょうね。。。

ナチスの時代、多くの同性愛者や障害者が迫害抹殺された歴史の暗部をもっと多くの人が知らないと、また繰り返されてしまう危険が現実味を帯びてきたと、思わずにはいられません。
根っこは同じ。。。

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME