SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2016年

06月03日

(金曜日)

映画の本

「銀幕のハーストーリー~映画に生きた女たち」 松本侑壬子著
51PXHo7yHXL__SX334_BO1,204,203,200_

 女性俳優や監督に着目して、さらに女性の描き方やその変遷を女性の立場に立って見据えたものも最近増えてきて嬉しいことです。本書はその書き手の先駆者的な松本侑壬子の最新作。
映画史の関連図書はあまたある中、近代映画草創期の女性監督作品を見るところから始まり、映画の中に男性目線で描かれてきた女性像や、女性から見た理想の女性像が社会の変遷と切り離せないことなどを明確にしていきます。巻末の映画リストがありがたいです。

「ワダエミ~世界で世界で仕事をするということ―」 千葉望著

wadaemi602246.jpg

今や映画衣装にとどまらず文字通り世界で活躍しているワダエミのストーリー。
海外のオファーに応じる事が多い理由は、直接持ち込まれる企画者のアイデアや情熱に納得したらとことん話し合いながら全力投球しオープンな環境で切磋琢磨できるから。予算が少ない場合でもそこに可能性を見出してさらに燃えるという。そのこだわりぶりが知れ渡って、恐れをなすのは日本人。。。
彼女の手がけた作品リストで数々の映画を見直すのも楽しそうです。

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME