SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2016年

02月12日

(金曜日)

ヤマザキマリの女性論?

 またもやヤマザキマリで恐縮ですが「地球で生きている ヤマザキマリ流人生論」
地球で生きている

 私はヤマザキマリのエッセイを読み散らかしておりますが、本書は月刊誌や週刊誌、あちこちの媒体に掲載されたものをまとめたもので初見のものが多かったです。
第2章「女性論」の『世界基準のイイ女』に書かれたジョージア・オキーフ、第3章「表現論」の『旅とは表現することである』にあるかつて暮らしたシリアへの思い、第4章「芸術論」の『私を生かしてくれた文学』で取り上げられた安倍公房や開高健など、彼女をつくりあげている成分の新たな一面に大いに共感。彼女の"人間"観はしっくりきます。

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME