SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2015年

12月18日

(金曜日)

忘れそうだけど・・・

夫婦同姓を最高裁は合憲との判断が下りました。
珍しく?NHKでも大きく報道されたようです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151216/k10010342841000.html
昨日の毎日新聞朝刊はほとんど関連記事
▽最高裁大法廷:夫婦別姓認めない規定は合憲判断 上告棄却
http://mainichi.jp/m/?1beI4U
▽最高裁大法廷:再婚禁止期間に違憲判断 賠償請求は棄却
http://mainichi.jp/m/?L2ztCL
現実に現行の法制度によって不利益を被っている人が大勢おられ地道に闘ってこられたことに共感しますし、今回の判断に納得いかないです。15人の裁判官の判断を、次の最高裁判所裁判官国民審査の際まで覚えておきたいものです。

とはいえ、私自身は自分の姓にこだわりがなく、そもそも法律婚の背景にある戸籍制度に異議があり、"姓"自体が差別の温床となってきたことを思うと、"姓"にとらわれたくないというのが正直なところ。
今回様々な思いの人の声が伝えられる中で、「"家"の名が絶えることは自分のアイデンティティを失うこと」と深刻に悩んでいる女性たちにも驚きました。姓にそれほどの執着を持つ生き方。。。

今若い人たちが、経済的に結婚できない状況だったり、経済的に自立していても(結婚=束縛?)に及び腰だったり、という時代。このまま"結婚"制度が空洞化して、現政権が望む"家制度の存続"などがなし崩しになっていけば、若い人たちも共に暮らす生活に踏み出し易くなって、今より今より生き易い世の中になると思うんですけどね。。。

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME