SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2015年

11月30日

(月曜日)

千葉市ハーモニーフェスタ

夏のサマーフェスタに続いて第10回千葉市ハーモニープラザフェスタに「マンガギャラリーの企画で参加しました。
フェスタの紹介はこちら⇒http://www.city.chiba.jp/hokenfukushi/chiikifukushi/documents/chirashi.pdf

今回は展示スペースの関係で、「萩尾望都」スペシャルです。
70年代から2000年以降までの代表作を中心に。
当日はハーモニープラザのスタンプラリーのポイント地点の一つになっていたので親子連れが多く、大勢の方に立ち寄っていただきました。

とはいえ「萩尾望都」に反応する方は40代以上がほとんど。
静かにご覧になっていた中高年の男性がおもむろに
「『ポーの一族』を読むために少女コミックを2年買い続けました」と萩尾望都のすばらしさを、静かな情熱とともに語っていかれたり、
ある中年の女性は、今「王妃マルゴ」を読んでいて、当時の歴史を学んでいると熱く語られ、
小学生の男の子のお母さんは「あ、これ読んだ、あ、これも、これも!」と次々に子どもに自分の感動を伝えていかれたり、
中学生くらいの女の子二人を連れたお母さんは、手に取って近くのベンチに掛けてひとしきり読んでいかれたり。
ある女性は「夏にマンガギャラリーがあった時絶対来たかったのにどうしても来られなくて、ようやく!」と萩尾望都マンガへの思いを淡々と話していかれたり。。。

このコレクションの持ち主であるSoaceFわひねメンバーのみっちさんは、別件で午後から不在で、一通りしか読んでいない私では、萩尾望都ファンの熱い思いを同じような熱心さで共有できず申し訳なかったですが、身体の成分のかなりの部分がマンガ・コミックでできているので、マンガへの愛はしっかり受け止めたつもりです。

IMG_0978.jpg

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME