SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2014年

12月27日

(土曜日)

『オバさん一人旅バルカンを行く!』報告Part2

 企画後10日ほど経って振り返りする機会がありました。
その折、"オバさん"こと森さんがあらためて気づいたことがあると話してくれました。

 日本で日々生活する中で、
知らず知らず既成概念に沿って生きることを強いられたり、
時には世間の慣習(日本の中の女性へのさまざまな縛り)を
自ら生き易くなるために利用することを選んでいたりする。。。
そうするうちに、気づかぬうちに我慢や気詰まりが
積もり積もって息苦しくなっている。。。
旅に出るとそんな自分の状況にあらためて気づくことができるから、
そして旅の間に解き放たれる感覚をもてるから、
旅に出たくなるのだと思う。
"身の周りの縛りや自ら作り出してしまっている
ジェンダー"に気づくきっかけとしても、
"一人旅"をとらえられるのではないか。

というようなことだったでしょうか。
私がうまくまとめられずズレがあるかもしれません。

一般的な"一人旅"というとらえ方とは視点を変えて
今回の"オバさん"の旅の話を受け止めてくださった方もいらしたようでした。
機会があったら、一人で旅をしている人や"一人旅"をしたいと思っている方たちと"語り合う場"が持てたらいいねと話しています。

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME