SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2014年

11月24日

(月曜日)

「おもてなし」

友人が小劇団の舞台を見たいというので、日程調整してみることにしたのが、リリパット・アーミーのわかぎえふ作・演出玉造小劇団の「おもてなし」
omotenashi.jpg

 「おもてなし」という言葉が国家戦略?的にクローズアップされて、少々苦々しく思っているのは私だけじゃありませんでした。さすが関西人、いじりが効いております。
 物語は、関東大震災後の大阪商人の町船場が舞台、"おもてなし"を取り計らう女将さんが主役。商人の世界では"おもてなし"は無償の行為とちゃいまんねん、商いの裏表をあんじょう見極めて損せんようしっかり塩梅して代価をもらう、もちろんそのやりとりが目立ってしもたらあきまへん。現代ではさしずめイベントプロデューサーか代理店というところでっしゃろか。持てる才覚と器量やネットワークを存分に駆使して最上の"おもてなし"を披露しながら、これ見よがしでなく、代価もしっかり手にする、それは見える報酬とは限らないところがまたよろしゅうおすねん。
 大阪商人のかっちりした金勘定と世事人情の機微の細かさに、単純な東京人は舌を巻くやら呆れるやら、大店のお妾はん、ぼんぼんやいとはん、手代に丁稚、。。。と、まあ、大時代な昭和のなにわ根性ドラマ風な芝居が展開するのですが、この姐さんの本性が読めんところがよろしなぁ。"したたか"っちゅう言葉が軽く聞こえるくらいのど根性。ねちこい大阪人世界。いやいやどうして新鮮でした。チラシのイメージもリリパットに抱いていた私のイメージも覆されて心地良い。
 今回の芝居は、中学高校の先輩であった山崎豊子の没後一年に思いを寄せて書いたとか。
幕切れには百枚を数える着物が舞台一面に広げられ、最前列で見ていた着物素人の私たちは圧倒されました。一見の価値ありでっせ。今日明日明後日まで。

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME