SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2014年

10月06日

(月曜日)

赤毛のアンにちなんで

朝ドラの「花子とアン」は終わったけれど、朝ドラで話題になるずっと前から村岡花子訳の「赤毛のアン」好きで、プリンスエドワード島にも行ってきた友人が自主制作で出しました。
『ますますアンが好きになる赤毛のアンのキーワードbook』
長年フリーライターやっている中で温めて来た企画、昨今の厳しい出版状況でなかなか通らず、自らのブログで書き溜めたモノを編集して冊子にしたそうです!一読者としてたいそう楽しみ、プリンスエドワード島に行きたくなりました。

1476484_724602807616537_1682352612312924013_n.jpg

私は若い頃ひねこけていましたので、赤毛のアンの遅い読者でした。学生時代ルームシェアしていた友の蔵書(村岡花子訳)を手に取ってはまりました!赤毛のアンの読者たちは、どの時代にはまったにせよ、アンへの共感にせよ反感にせよ、自分の沸き立っていた心を甘く苦く切なく思い出すことでしょう。世代を超えて"女子"の息吹や"想像の翼"を掻き立ててくれる身近な一冊に違いありませんよね。
そんな「赤毛のアン」の魅力を再認識させてくれる一冊です!
もし興味ある方はご一報くださればお手元に特価頒布価格で(500円)でお届けします。
Amazonに出品される前の今お求めになるとプレミアになるかも?なんてね!(^^)!

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME