SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2014年

04月30日

(水曜日)

トーベ・ヤンソン

今年はトーベ・ヤンソン生誕100周年だとか。記念した展覧会が世界中で開催されているようです。
img_main0313.jpg
日本はこちらから。
20140416moomin_img01.jpg

事前にチェックしていたのに直近になるとすっかり忘れている、ということが最近多すぎて情けないですが、このトーベ・ヤンソン展も、友人のブログを読んで思い出し終了前に間に合った!

いやはや老若男女すごい人出。点数は多いですが原画が小さいものばかり、皆熱心に眺めているから会場内は混雑。
「ムーミン展!」と銘打っているだけあってムーミンだらけ、ファンの心理をくすぐることに長けたデパートが展覧会場ですからおのずと購買欲を刺激されてしまいますがな。。。

展示のラストにある撮影可のムーミン谷のジオラマの周りには撮影ポイントを探す人でごった返しておりました、はぁ。。。(ええ、私も参加しましたさ^^;)

会場を出ると魅力的な関連グッズが盛りだくさん、はぁ。。。物色したものを持ってレジへと向かうとそこはバーゲン会場のような列、並ぶことが嫌いな私ですがなんとか我慢の30分。。。疲れ果てました。。。

展示の後半にようやくトーベ・ヤンソンの人となりに触れる展示がありますが、物足りないです、ぷんすか。
秋にある横浜そごうでの「生誕100周年 トーベ・ヤンソン展 -ムーミンを生んだ絵と暮らし(仮)」ではトーベ・ヤンソンの人となりにもっと触れられるでしょうか、期待薄。
日本での公式サイトなどではぼかしてあるのか、あえて無視しているのか、生涯のパートナーであったトゥリッキ・ピエテイラとの関係、フィンランドでは公然の秘密であったというのに。
ムーミンシリーズのどこか不穏で無気味、寂しい、けれど静かにユーモラスな空気に魅かれているファンも多いだろうに、この会場ではそんなトーベ・ヤンソンやムーミンの気配は見事に消されていたようです、ま、仕方ないか。。。

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME