SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2013年

10月25日

(金曜日)

ベニシアさんの四季の庭

いや~、おのれの先入観の甘さにち~とばかしやられましたわ。

たまたま見たことがある程度の「猫のしっぽカエルの手」
在日イギリス人女性が京都大原でエコ生活してはるんやな~
ぐらいにしか思うてまへんでした。

千葉劇場のたまったポイントの有効期限が今月いっぱいで、
待ち望んでいる「もう一人の息子」は来月上映やしな~
せっかくのポイント捨てるのもったいない、
今日は休みやし、しゃあない「ベニシアさんの四季の庭」でも見てこよかな~
思て、見てきましてん。

ベニシア


ほたらな、前半は予想通りベニシアさんの日常が淡々と描かれててな、
そんでもはんなりええ感じで、「いや~ベニシアはイギリス貴族やったんか」
「ベニシアはヒッピーやったんか」、て、のん気に見てましてん。

演出の妙ちゅうことやろ思いますねんけど
後半のベニシア人生の波乱万丈が不意打ちな感じで、
ベニシアの家族の問題がポロポロ出てきて
観客のほとんどはびっくりしたやろと思いますやん、ほんまの話。

娘はんの心の病、再婚した夫の別の女性への真剣な恋と出奔と瀕死の事故・・・
TVではこれらのエピソードは放送されてますのん?

60歳過ぎた女の人生が平々凡々でなかったろうとは想像にかたくおへんけど
それでもなんとか受け入れて、「許すことは過去を捨てること」と思い定めて
なんとか前を向いて生きてきはったんやね~

ベニシアはんの生き方に諸手を挙げて賞賛はでけへんけど
人生の困難を試練と受け入れていくたくましさは見習いたいと思いましたわ。
好き易の飽き易のわたしにはようできへんし、逃げますけどな。。。

ほんでな、今借りて読んでるコミックの現場がまさしく京都ですねん、またもやシンクロ?

「おはようおかえり」鳥飼茜
おはようおかえり



コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME