SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2013年

04月27日

(土曜日)

嬉しい忙しさ?!

図書館にリクエストしていた本が入った。
9784755402319.jpg

残念ながら未だにライヴパフォーマンスを見のがしていて
あちこちのサイトで紹介されている断片で想像するしかないのですが。
http://wan.or.jp/art/?p=1479

この本で彼女のこれまでのほぼ全てのパフォーマンスをたどることができます。
写真に寄せたコラムのほとんどをレベッカ・ジェニスンが訳した英語の翻訳がつき
対訳として読み比べるのも興味深い(英語弱者にはありがたい)。

ダ・ヴィンチ展の「チェーザレ~破壊の創造者」コラボ
「貴婦人と一角獣展」、忘れてはならない富山妙子展も始まってるし
、「Shinything」も始まるし、その間に友だちとの芝居の嬉しい約束も続くし
ほかに図書館にリクエストや予約した本も届いたし、
復帰した職場でも未読再読の収穫もあり、きゃ~
本を読む速度がガタ落ちの昨今、あちこちへ出かけて車中でせっせと読むしかない?

コメント

●NO TITLE

ターリさんの写真集は思った以上に盛り沢山な感じ。
読むのが楽しみだわ。

ダ・ヴィンチ展での『チェーザレ』コラボ、初日は結構盛況でしたよ〜
展示間隔はスペースに余裕あり、スムーズに進めるのだけど、
メインの“レオナルドの手稿”なるものが、一つ一つのサイズが小さい上に、
書き込みの文字もちっちゃい!(おまけに鏡文字だし)
当時、紙は高価で貴重なものだったから(たぶん)、大事に使ったんだろう。
ラテン語(?)なので、どーせ読めないけどさ(ちゃんと日本語で解説もあります)
いや、わたしはチェーザレ関連の情報だけで十分満足でしたけど...

PS:「貴婦人と一角獣」チケットの件、放置でスマンです。
抽選の結果は発送をもって代えるとあるので、ダメだったのか。。。
今日確かめてみます。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME