SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2013年

02月20日

(水曜日)

春の嬉しい企画!

自他共に認める惣領冬実「チェーザレ~破壊の創造者」ファンの
みっちさんからの嬉しい情報です!
「レオナルド・ダ・ヴィンチ展 天才の肖像」4月23日(火)~6月30日(日)
東京都美術館企画展示室

サイトによれば、ようやくポスター完成してチラシ作成中とのこと。
なのにいち早くお知らせするにはワケがあ~るのです。
「チェーザレ~」でも主人公のチェーザレと影響し合う重要人物ダ・ヴィンチ、
だからというだけでなく、
今回はなんと「チェーザレ~」とのコラボだそうで

そりゃ~もうみっちさんならずとも涎ダダ漏れですわい。
とはいえこっちの仕事で時間を取られて「チェーザレ~」の進行に支障はないのかと気になるところではあります。

チェーザレ 第1巻でヤラレマシタ!

肝心のダ・ヴィンチ展は素描・弟子や周辺の画家たちの作品が多いようで
昨年のダ・ヴィンチ展と類似しているように素人には感じられますが
そこが学芸員の腕の見せどころか。
(個人的には本展そっちのけになりそうな予感)

これに呼応して?じゃないな、
この度の600年ぶりのローマ法王生前退任声明を受けてでしょう、
ローマ法王
「ローマ法王の休日」を千葉の京成ローザで今月末1週間だけ上映決定というニュースも。

「チェーザレ~」や「ボルジア家 愛と欲望の教皇一族」でも
物語の大きな要素のコンクラーベ。
聖職者の選挙というにはあまりにも庶民感覚からかけ離れた世界、が、
実はどうしてなかなか権謀術数渦巻く生臭い世界のように小説や映画では描かれていますな
ダ・ヴィンチコードのダン・ブラウン「天使と悪魔」を原作にしたのかもしれない
カナダ映画「コンクラーベ 天使と悪魔」というそのものズバリ(日本未公開)もあれば
男子が大好きな映画「ゴッドファーザー」でも、
アル・パチーノ演ずるコルレオーネが勢力伸ばすために
コンクラーベに策を講じるところに呆れつつ手に汗握りましたっけ。

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME