SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2013年

02月18日

(月曜日)

最近のこと

おお、すっかり書き込みから遠ざかっている間に、記憶はどんどん消え去っている・・・

先週の毎日新聞夕刊のコラムに斎藤美奈子が書いていた記事「甘い社会が見過ごす暴力」や
朝刊に連載された山口香へのインタビュー記事での、
一連の、“体罰”という名の暴力や女子柔道パワハラに通じる問題についての発言。
これまでの報道の中でコメントされることの大半に感じていた違和感を整理してもらった気分で
少しだけ溜飲が下がる思いがした(もちろん自戒しつつ)。

弱い立場の者が、力を持つ者(監督・コーチ、教師、親 etc..)の前に立って
徒手空拳で異を唱えようとする時、どれだけの恐怖心と闘わなければならないか、と想像すると
わたしのような浅はかで鈍感な人間ですら震えを覚える。

先々週放送されたNHKのクローズアップ現代「広がる“秘密録音”社会」で、
番組最後に弁護士がまとめとして語った弁にもいささか呆れた。
記憶はあやふやながら
「秘密録音という手段をとる状況は察するにあまりあるが、勇気を持って告発してほしい」と、
対等な立場でやりとりしたり正面から抗議したりできない、圧倒的に無力な状況に置かれている時
日常的に常態化された暴力に曝されている時、人はどんな心理状態に陥るか、
そこに思いを馳せているとは思えない“正論”を吐いておりましたな。

斎藤美奈子「甘い社会が見過ごす暴力―安倍政権で一掃は可能か」
 毎日新聞 2012年2月14日夕刊 
⇒これはなぜか毎日新聞内にデータがみつからなかったのはなぜだろう?
(もしかして自主規制?)
縮刷版には夕刊は載っていないから当日の新聞のみしか原文を読めないってことですね・・・

告発の真相:女子柔道暴力問題 山口香・JOC理事に聞く/上 特定の選手、見せしめ
毎日新聞 2013年02月10日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/news/20130210ddm035040172000c.html 
http://mainichi.jp/select/news/20130210ddm035040172000c2.html

◇対応鈍い全柔連…もともと彼らの中では軽い問題
 
告発の真相:女子柔道暴力問題 山口香・JOC理事に聞く/下 暴力撲滅の宣言を
毎日新聞 2013年02月11日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/news/20130211ddm035040105000c.html
http://mainichi.jp/select/news/20130211ddm035040105000c2.html

◇「日本スポーツ界は変わる」世界に訴えよ
  
朝日新聞でも7日ほぼ1頁にわたってインタビュー記事が掲載された由。
この山口香の姿勢こそが本来の“指導”でありましょうぞ、なんて、オチつけてる場合じゃないな。

コメント

●NO TITLE

斉藤美奈子の毎日新聞記事打込み、お疲れさま&感謝(読めて良かった)

>これらのリストを見て衝撃を受ける人は少なくない。怒鳴るのもダメなわけ?
>それは夫婦ゲンカもできないし、子どものしつけもできやしないじゃないか、と。
>そうなのだ。そこがまさに問題で、私たちは暴力にきわめて甘い社会で暮らしてきた。

そうなのだ、と、わたしも同じ口調で激しく同調。
「暴力にきわめて甘い社会で暮らして」いることを、
自覚できないくらいに麻痺してる人が多過ぎる!
自分の感覚を麻痺させないとやっていけない(生き延びるために必要な能力?)
そんな社会はおかしいよ〜
そんな能力要らんわい!
折しも、昨夜から『女盗賊プーラン』を読み始めたところ。

●NO TITLE

続投失礼
山口香さんのインタビュー記事も、朝日の記事と併せて読むと
より深まりました。
告発した15人の氏名公表を求める人たちは
自分たちも暴力に加担しているという自覚は、、、ないだろうなぁ。
公平性とか正義とか責任とか、一見「正しい」意見をいう人ほど、
暴力には甘いんだと思うこと多々あり。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME