SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2016年

03月26日

(土曜日)

昨年の夏公開されたドキュメンタリー「アドバンス・スタイル」については触れましたが
http://spacef.blog32.fc2.com/blog-entry-1424.html
全国各地で写真展が開かれています。
"Advanced Style NYマダムのおしゃれスナップ展"
千葉そごうでも昨日から。
NYmadames.jpg
あちこちに無料招待券入手できますよ。

ただ、このポスターで、あのドキュメンタリー映画のエッセンスを感じ取るのは難しいか?
とりあえず今日の仕事の前に寄ってみますか。

2016年

03月22日

(火曜日)

はるまき日記

瀧波ユカリ著「臨死!!江古田ちゃん」8巻で完結してたんですね!知らなかった。。。
臨死江古田_l
10年以上前初めて読んだ時、撃たれました。その濃厚な世界に。
が、いつも濃厚で、軟弱な私は徐々に腰が引けて瀧波ワールドに溺れると浮かび上がれなくなりそうで距離を置くようになりました。
いつ手にしても私を圧倒してくれる江古田ちゃんがいてくれさえすれば、生きる指針を失わずに済むとどこかで安心していたのに。。。

そして毎日新聞で月一楽しみにしていた「勝間和代のクロストーク」コラムに掲載されていた瀧波ユカリのマンガもコラム終了と共に今月で最終回。。。
http://mainichi.jp/articles/20160306/org/00m/070/004000c
勝間和代の書いている内容に「はっ?はぁ?」と思うことが多いですが、その感じるズレを瀧波センスが変換してくれてバランスを取ってくれていました。

そんなガッカリ気分の時入手した「はるまき日記」単行本!単行本化以後も「はるまきのその後!保育園日記」として随時アップされているようで。
はるまきにっきth

「臨死!!江古田ちゃん」で、"ぶりっこ"を"猛禽"と呼んで、その生態・本性を喝破した、生物学者を超える観察力と推察力に感服したものですが、己から産み出した赤ん坊に対しても同様に、彼女のクリアな眼力は発揮されておりました。もちろんわが子に注ぐ愛情ゆえにはるまきの可愛さはこの世で一番!と捻じ曲げられることも大いにあってそれは盛り込み済みであります。人間の腹の底から湧き出る生・性に由来する彼女の容赦ない文体でぐいぐい食い込んできます。
この本の実態を拙文では伝えられません。彼女の自身の「自著を語る」をぜひ。
http://hon.bunshun.jp/articles/-/971
産後数か月後、3・11当日を迎えた彼女のとった行動、煩悶、よくぞ書いてくれたと思います。

2016年

03月12日

(土曜日)

追悼

昨日は追悼の日。
私たちが2011年実施したワークショップで「絆のバカ野郎」と呟いてくれた仙台で被災した女性の事が忘れられません。

毎日新聞の松家仁之のコラムで知った、先日亡くなったウンベルト・エーコの動画で、記憶=過去が人間を人間たらしめているみたいな事を話していました。
自宅か研究室か、5万冊の蔵書が見られます。
Umbert Eco On memory

2016年

03月11日

(金曜日)

ヤン・リーピンのシャングリラ

どうしようかと迷っていた来月の舞台、安い席は完売。3階で見ても十分に楽しめるでしょう!

ヤン・リーピンのシャングリラ

2016年

03月11日

(金曜日)

保育園落ちたの私だ。

http://anond.hatelabo.jp/20160215171759
このblogの反響は大きくて様々なメディで取り上げられ、当初は無視していた政府も慌てて、すでに全力で対応をしているとアピールしているようですが。

また香山リカの毎日新聞コラム「ココロの万華鏡」から

私が注目したのは3月8日のコラム後半
--------
興味深いのは、この訴えに参加しているのは、実際に子どもの入園を断られた経験を持つ母親ばかりではないことだ。保育園に入れた人、それどころか子どもを持たない人や未婚の男性までが、「保育園落ちたの私だ」というキャッチフレーズとともに意見を述べている。これは社会全体の問題だ、という意識のもと、立場の違いに関係なく、誰もが「これは私のこと」として発言している。
ネット上のこの動きを見て、私は「日本の社会も本当の意味で変わってきたんだな」と感じた。これまでは、何かの社会的な問題について発言するのは当事者や関係者という雰囲気があったと思う。私のような精神医療の専門家が、たとえば「東京オリンピックと環境」というテーマで原稿を書くと、「専門外のことに口をはさむな」といった批判が寄せられる。「日本に住む私にとってオリンピックは人ごとではない」と説明してもなかなか理解されなかった。

 しかし、この保育園の問題などを見ると、直接の当事者ではなくても「これは私のこと」として発言する人が確実に増えつつあることがわかる。今後、この流れが広がっていくのだろうか。うつ病ではない人が「うつ病なのは私だ」として心の病への差別に抗議し、大学時代の奨学金の返済で苦しんでいる若者の問題を「奨学金を返せないのは私だ」と高齢者が訴える。こうして誰もが「人ごとではない、私のことだ」と問題をとらえ、声を上げていけるようになるのは、とてもすてきなことだ、と私は思っている。

 私にも実は子どもがいない。でも、ここで大きな声で言わせてもらおう。「保育園落ちたの私だ」(精神科医)


今日は3月11日、様々な声が取り上げられ、多くは少しずつ歩み出している人たちの話。それもとてもとても大事だけれど、原発事故から自主避難している母子たちの声はなかなか届かない。
「個人的なことは政治的なこと」という先人の言葉をいつも思います。私は避難していない。ですが「自主避難しているのは私だ」と言わなければ。

2016年

03月08日

(火曜日)

真田丸の女たち

 今期の大河ドラマ「真田丸」は三谷幸喜の脚本なので,大河ほとんど見ないですが新選組以来久しぶりに見ております。
 今の時期は狸オヤジたちの化かし合いがメインですが、同時に真田家の女たちの動きが海千山千?!男たちに負けず劣らずしたたかで面白いです。
 中でも私がお気に入りなのは、毎回短いワンシーンしか登場しない長男真田信幸の妻こう。
単細胞?の信幸が、晴れ晴れと語る時あるいは長男であるがゆえの苦労を嘆く時、病弱なこうは、彼の心情に寄り添おうとするも、いつも途中で力尽き信幸の話の腰を折ってしまう。。。そのタイミングが絶妙!!
 こうを演じるのは第三舞台の長野里美!長年第三舞台を追いかけていた身としては、こんなところで出会えるとは!(ほとんどアップにならないのであの長野里美とは気が付かなかったのはファンとしてどうなんだ^^;)
w93-2065-160216.jpg

戦国時代の実際はどうだったのか史実不勉強なのでわかりませんが、人質になるのはイヤという妻がいてもおかしくないし、夫が優柔不断で裏切者だろうが惚れていれば庇いたてするだろうし、嫁姑の丁々発止もあるだろうし、皆遠慮なく吠えているのが気持ち良い。男たちの権謀術数が小さく見えてきます。

2016年

03月07日

(月曜日)

FALSETTOS & 連連影展FAV Present 3.11を忘れない〜国際女性デー「ガールズ・ロック!」

MLでいただたイベント案内。観たいと思っていてなかなか機会がなくて見逃してます。
制作からもう10年近く経つんですねぇ。今の日本のガールズロックのライブも面白そうです。

*** 転送・転載歓迎 ***

FALSETTOS & 連連影展FAV Present
3.11を忘れない〜国際女性デー「ガールズ・ロック!」
FALSETTOSライブ+映画上映
ガールズロック15

2016/3/12(土)
17:00〜開場 17:30〜開演 
入場料 1500円 +1ドリンクオーダー
(高校生以下の人は入場無料、低収入の人は応相談)
会 場  『原宿bonobo』
宮崎駿の世界のような摩訶不思議な魅力的なスペース
渋谷区神宮前2-23-4
ACCESS http://bonobo.jp/howtogo/
■JR 原宿駅 徒歩13分 / 千駄ヶ谷駅 徒歩10分 / 千駄ヶ谷駅10分
■副都心線 北参道駅9分

お問い合わせ:連連影展FAV renrenfav@yahoo.co.jp

主催:FALSETTOS & 連連影展FAV 協力:Girls Rock Tokyo 、グリーフサポートせたがや、三9

・情報保障完備ではありませんが、会場でのトークなどの際にサポートが必要な方は、事前にメール (renrenfav@yahoo.co.jp) 等でご連絡いただくか 、当日、会場でスタッフに声をかけてください。
・会場はバリア有りのため、車いす等でのお越しの方は事前にご連絡ください(renrenfav@yahoo.co.jp)。

タイムテーブル
17:00 開場
17:30 映画上映
19:00 休憩
19:15 ファルセッツ・ライブ
20:00 終了予定

【上映作品】
『ガールズ・ロック!』
アルネ・ジョンソン監督/米国/日本語字幕/2007/89分
8歳から18歳までの少女が集まるロックンロールキャンプ。楽器に触ったこともない少女たちが1週間のワークショップの後、700人の観客の前でライブを行う。髪を振り乱し、怒鳴り合い、楽器をかき鳴らし、叫びまくる「女の子」のロックは革命だ!
英語トレーラー https://goo.gl/M0HsRz

ーーーーーーーーーーーー
「ガールズロックキャンプ」は、音楽を通して女の子たちの自尊心向上を目指す。作詞作曲や演奏などのワークショップを行ない、女の子たちがリーダーシップを発揮し、お互いに支え合うことのできるコミュニティを作り、生活スキルを身につけ、社会の変革をめざすための場を創り出す。(HPより)
ーーーーーーーーーーーー

FALSETTOS
2006年結成。アシッドフォークを愛する美羽子、80年代シンセ&ドラムサウンドを愛するインゲル、こどもとクラシックピアノを愛するゆきこ、地球を愛するふみえの4人が奏でるRaw&RomanticなPUNK ROCK MUSIC。主に都内でライブ活動を行っている。ガールズロックキャンプの考え方に強く共感し、メンバー内の有志で1年前冬に「Girls Rock!」上映会を開催しました。http://falsettosjpn.blogspot.jp/
連連影展FAVとは?
等身大にそして雄弁に語りかけてくる映像をフェミニストの視点で集めた映画祭。作り手と観客が一緒に作るファヴは2005年にスタートし、年に数回、場所を転々としながら上映活動を行っています。
http://www.renren-fav.org/main/

2016年

03月05日

(土曜日)

マジカル・ガール

「魔女の秘密展」がちと物足りなかったので、
これは観たいです!
「マジカル・ガール」
マジカルガール169032_01

都内では来週末公開、千葉劇場では4月頭公開、はい、待ちますよ~

2016年

03月03日

(木曜日)

世界で花咲けなでしこたち

新シリーズがはじまりました!(1月のシリーズみのがしてるわぁ!)
世界で花咲け!なでしこたち
これまでは「アジアで花咲け~」だったのがいよいよ世界に進出。
今回シリーズの初回は、チェコスロバキアで伝統の人形劇の人形作家になった日本人女性。
「魔法にかけられて今に至ってます」と語る林由未さん。
top_nadeshiko_1.png

たまたま今日「魔女の秘密展」をみてきたところに、録画していたこの「花咲けなでしこ」を観たので魔法のシンクロ?!
魔女img01

HOME