SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2015年

05月28日

(木曜日)

イタリアは呼んでいる

ボッティチェリ展見た後、イタリアつながり?と口実をつけて「イタリアは呼んでいる」に。

イタリアは

イタリアに北アフリカから多くの難民が流れついている事など何も触れられてませんが、映画へのオマージュと中年オヤジのウダウダが、面白いです。
なんともいい気なオヤジの旅道中の映画です。グダグダと己の現状に不満をこぼしっぱなし。とはいえ二人はイギリス人。諧謔性たっぷり。ただ愚痴をダダ漏れさせているだけではなくて、仕事(イタリアの食の旅を記事にするというオイシイ仕事)もそれなりにキッチリとこなし、巡る史跡の歴史的意味も我田引水したり。。。
ジュード・ローやヒュー・グラントへの揶揄が実に直接的で爆笑します。そうなんだ・・・イギリス人もそう思ってるんだ~と納得したり、よくわからない業界の内輪ネタも、彼らが愛してやまない映画への屈折した思いのおかげで楽しめてしまう。多くの中高年が共感できる映画、しばし現実逃避できる映画なんでしょうか? 

2015年

05月28日

(木曜日)

サンドラの週末

千葉でも公開されました。
サンドラの週末
 
「藤原帰一の映画愛」(毎日新聞日曜版)

↑この映画評や予告編から、いっそうマリオン・コティヤールの演技に興味が湧きました。余計な説明が一切なく、過剰な演出も音楽もなく、ひたすら主人公のサンドラの気持ちの行方に沿って描いていく・・・

自分がサンドラだったら、自分がサンドラの同僚だったら、サンドラの家族だったら、月曜の朝にどんな決断をできるだろう。映画はサンドラをひたすら描いているのに、観ているものは自分も決断が迫られているように追いつめられる気がしてきます。
ラストシーン、サンドラが一人で歩いていく姿は、サンドラが自分を少し取り戻すことができたと思えて、少しホッとしながらも、自分への問いは残ったままでした。

2015年

05月28日

(木曜日)

アートワークショップ

参加できませんが、面白そうです。

ZINE(ジン)”パワーでフェミの戦後70年を広めよう!―いちむらみさこのZINEワークショップ

写真やイラスト、ちょっとした情報などを自由にレイアウトしてホッチキスでとめればオリジナルの本”ZINE”が出来あがります。アジア女性資料センターは今年、戦争について考えるため「戦後70年」をテーマにZINEをつくる連続ワークショップを開催します。講師はアーティストのいちむらみさこさん。全4回のワークショップでは、参加者みんなで一つのZINEを作り上げます。気軽に情報発信する技術も学べるアートワークショップに、ぜひご参加ください。

●日時(全4回)
・5/28(木)18:30~21:00
・6/4(木)18:30~21:00
・6/11(木)18:30~21:00
・6/13(土)13:00~18:00
●場所:アジア女性資料センター(東京都渋谷区桜丘町14-10 渋谷コープ211)
●参加費:6,000円(全4回)
●定員:10名

●いちむらみさこさん
1971年尼崎市生まれ。98年よりテントを張って創作を始める。2003年から東京の公園で暮らし、「女性のためのティーパーティ」、ホームレス女性たちが布ナプキンをつくる「ノラ」などを運営する。宮下公園NIKE化阻止運動、反ジェントリフィケーション、オリンピック招致反対など、路上や公園でアートプロジェクトを展開
する。


チラシはこちらhttp://ajwrc.org/doc/FemiZINE1.pdf

『ZINE』とは?はたして magazine のZINE なんだ。手作り本の一種、というと身も蓋もないか?
似たようなことを誰しも子どもの頃やってませんでしたか?
「意外と知られてないアートな同人誌カルチャー「ZINE]って?」

意味合いは違うかもしれませんが、某アートサロンで私たちがやったことも、既存のものを解体して全く違うイメージの作品を生み出す作業でした。コラージュの立体!3D! 

作業の前に、タロットカードの一種の絵柄が美しいカードから1枚を選んで、ワークの間自分の中に印象を持ちながら進めます。まずは、持ち寄った雑誌などの解体作業が面白い。力任せにベリッ、メリッ、バキッ、バリバリバリッ
破ったページを脈絡なく部屋中にばらまいて、その中で目に留まる写真やイラスト、絵などの紙面を拾い上げていきます。

3Dのコラージュ!どんなんでしょう?やってみると意外に簡単で、平面のコラージュより数段面白いですよ。切ったりちぎったり丸めたりクシャクシャにしたり、ひも状にしたりタワー作ったり囲んだりつないだり、色を足したり。。。

空間を生かして広がりが全方位。一人でやるもよし、参加者全員で(多くても数名がちょうどよいかも) おおきなスペースで動き回って、徐々に高まる集中力が心地よいです。
立体作品だから、終了とともに形は消えます。この一回性も精神衛生によろしい気がします。あえて言うならば、出来上がった作品より作業中のディテールのある部分が心に残ったり、作業に入り込んだある瞬間の一時的な高揚が消えずにしばし残る感覚が面白いのかもしれません。

2015年

05月22日

(金曜日)

「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」

">ボッティチェリ

一昨年からダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロ、ボッティチェリの作品が続々と日本で公開されています。
イタリアルネサンスにさほど興味があるわけではなかったものの、内輪で追っかけている惣領冬実の「チェーザレ・ボルジア」のスピンオフ版「二人の巨匠」に登場する彼らにまつわる話に影響されておりまして、ふらふらと出かけてしまいます。。。
二人の巨匠

今回はサブタイトルのフィレンツェ=メディチ家へのフォーカスが中心のよう。昨年のウフィツィ美術館展のボッティチェリの方が華やかだったように思うミーハーな私、ボッティチェリは宗教画より神話をモチーフにした作品の方が見ごたえがあると思ってしまいます。
今回は惣領冬実やヤマザキマリのトークのおまけ付き。

暗黒の中世から脱して、生を謳歌するルネサンス、なんてことはともかく、メディチ家や他の金融資産家たちが、経済力にモノを言わせ教皇やカソリック教会や皇帝に取り入ったり裏をかいたり暗躍したり、現世の権力への執着の凄まじさ、資産と対価の"美"をもって来世の天国を約束させる精神たるや呆れながら魅入られます。  

2015年

05月22日

(金曜日)

今月のあれこれ 1

最近は季節の変わり目が以前のようにゆるやかではなくなってきているようですが、
今月は、爽やかな日も多かった気がします。

人混みや行列に並ぶのが苦手だから、連休中は人気がありそうな美術展や映画は朝一狙い。

佐倉市のDIC川村美術館
お馴染みの常設コレクションを見て、お気に入りのロスコ―ルームで心落ち着かせて。
もう終了してしまった佐倉市の川村美術館の「ムルロ工房と20世紀の巨匠たち パリが愛したリトグラフ」は、切り口が面白くて思いのほか楽しめました。
mururo_img_01.jpg

リトグラフと一口にくくれない多彩な作品が、あの作品もこの作品も!!数多く見ることができ、またリトグラフの製作過程をじっくり知ることもできて興味深かったです。川村美術館を運営するDICが印刷に欠かせないインクを開発製造する会社だからこんな企画が生まれたのか?
アーティストたちのこだわりぬく飽くなき要求に応えようと果敢に向かい、職人の自負を持って対等な関係を築いて彼らの作品を支えたムルロエ一家の心意気やよし!

2015年

05月22日

(金曜日)

Koide Blue

「Koide Blue 」イコマ レイコ 幻冬舎 

↓こちらのサイトでは、ゆるい感じながら熱い思いがじわじわっと伝わってきます。
http://blog.goo.ne.jp/sithux7/e/1d2f0a925def719fa50ed6f2acb141c0

毎日新聞ではこのように書かれておりました。

読書日記:著者のことば イコマ レイコさん 毎日新聞 2015年05月19日 東京夕刊

■Koide Blue 絵筆で捉える魂の人
 ◇小出氏の「憂鬱の青」
 「脱原発」の小出裕章前京大原子炉実験所助教を描いた画集である。
 絵と絵の間に小出語録がちりばめてある。

 「夜の人工衛星から地球を見ると、日本は不夜城のごとく浮かび上がるという国なんです。こんなことをすることが幸せということなんですか?」

 「日本はエネルギー資源の99%を輸入し、1人当たりで世界平均の2倍以上のエネルギーを使い、まだまだエネルギーが必要だなどと言っています」

 その一部は画家が小出氏の本や講演記録などからより抜いた。他は自ら対話して引き出した。「小出さんの憂鬱を描いていったつもりだったので」おのずと青が基調になった。

 画家は美大卒業後、広告デザイン会社勤務を経て独立。PR誌の表紙やCDジャケットのデザイン、月刊誌の小説の挿絵などを手がけてきた。

 3・11が転機だった。何も描けなくなった。原発はどうなるのか。情報不足と政府不信の荒野に突然、現れた小出氏の、干天の慈雨のごとき解説とストイックな発信にひかれ、押しかけ写生旅行が始まる。

 はじめ、小出氏は固辞した。画家が粘り、小出氏が折れた。折れた人が画集に寄稿していわく、

 「出版を誰よりも当惑して感じているのは、間違いなく私です……」

 京大原子炉実験所は和歌山県に近い大阪府の南のはずれ、熊取町にある。画家は2012年12月から今年2月まで毎月1回、東京と熊取を往復した。

 前夜、夜行バスで新宿をたち、翌朝は小出研究室でクロッキー(速写画)に専念。夕方、小出氏の終業を待ってしばし懇談、再び夜行バスで帰京−−という写生旅行を2年間。

 自宅で、竹の繊維でできた画用紙に向かい「何も見ずに潜在イメージを出力しながら」竹筆と墨汁、岩絵の具(鉱物を原料とする顔料)で小出氏の表情、たたずまいを描いた。

 こうしてできあがったアナログの絵を、デジカメで複写してパソコンに取り込み、画像処理ソフトでデジタル加工した。その数700点超。そのうちの51点を収録している。<文・山田孝男/写真・森田剛史>


小出裕章さんの講演を聞いたことがある人も多いと思いますが、声フェチの私は彼の声にヤラレテます^^;
どんな画集だか手に取ってみたいですが、大きいところじゃないと置いてないかも。
千葉市図書館はこれから入るでしょうが(今日現在未所蔵)、早いとこリクエスト&予約せねば!


2015年

05月15日

(金曜日)

映画系女子がゆく!

978-4-7872-7362-8.jpg
痛いけどリアル!

この著者のトークが聞けます!!
https://www.facebook.com/ishigeke2f/photos/a.1599157683630784.1073741828.1595693387310547/1602440936635792/?type=1&theater

2015年

05月14日

(木曜日)

映画2本はしごしちゃいました。

1本目はこちら「パレードへようこそ」
原題は「PRIDE」 タイトルでずいぶん印象が変わります。この映画は登場するすべての人の自尊感情を描いていますから。
サッチャー政権時代の炭坑や鉄鋼産業のストライキを元にしたイギリス映画は概ね秀作!(私好みという意味で)
こちらも期待通り、だけど、事実を元にした映画とはいえ予定調和?!
とはいえラストシーンでは滂沱泣き^^;
2015022822163763c.jpg

もう一つは「神々のたそがれ」
原題は「HARD TO BE A GOD」
明日で上映終了というので、今日休みだから、新宿へ。
終了間近だからか根強い人気からか満員。
観客も癖がありそうな人ばかりと見受けられるのはこちらの先入観か。
ともかく良くも悪くも期待外れ?
友人が、私がFacebookで紹介したのを読んで観に行き「ひどい目に有った」と言われました^^;ので
(喜んでた?)
さぞかしおぞましいかと半ば畏れて吐き気が来たらどうしよう、なんて気にしたりしながら。
その懸念は鈍感な私には無用でした^^
スカトロあり殺戮ありスプラッタあり、ですが、モノクロだから視覚的には抑制されていると感じます。
しかし。。。
おっさんたちが"神"について語る映画に感じる私の違和感、この映画にも共通してましたわ。
神々のたそがれ

数年前に上映された「神々と男たち」
神々と男たち
この映画でも、どうなんだ、あんたたち!?どうしてそんなに利己的なんだ!
と思った私は下世話で不信心だからか。

2015年

05月14日

(木曜日)

おススメイベント二つ

(6/3水)映画「メトロレディー・ブルース」上映会
【日時】2015年6月3日(水)19:00~21:00
【場所】渋谷区男女平等ダイバーシティーセンター・アイリス 会議室(東京都渋谷区桜丘町23-21文化総合センター大和田8階)
0727metro.jpg

女の平和6.20国会ヒューマンチェーン

6.20国会ヒューマンチェーンを行います!!
国会議事堂周辺に午後1時に集まって下さい。“赤を身に付けて”
戦争に反対し平和を願う女性が、
国民を無視し、憲法を無視し、戦争立法を急ぐ安倍政権の暴走にレッドカードを。
6月20日午後1時から、国会を取り囲みます。男性も歓迎です。

11136662_848542285194805_3624352809830068476_n.jpg

2015年

05月09日

(土曜日)

連休中ちょこまかと遊んでいる間に五月もすでに9日、
今日知った"驚きの事実"、世間的には旧聞でしょうが、
今年の本屋大賞の「鹿の王」著者上橋菜穂子と片桐はいりは同級生だったんですね!

そのことを知った経緯は・・・
井上雄彦の「リアル」14巻を読んでいて、これがもし実写版で映画化されるとしたら
リハビリセンターの看護師は片桐はいりだな、と話したら、元居候が
「そういえば今年の本屋大賞の上橋菜穂子と片桐はいりは同級生同士だったんだってね」ともらす。

リアル

え~~そうだったの!片桐はいりファンとしては寝耳に水の新事実!!
確かにNHKのニュースで報じられていました。
http://www9.nhk.or.jp/nw9/marugoto/2015/04/0407.html

「鹿の王」いつになったら読めるのか。貸してね〇ル!

余談ながら「サラバ」は本屋大賞次点だったんですね・・・

HOME