SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2014年

03月28日

(金曜日)

わたしが覚えています!

読み始めたばかりの上野千鶴子著<おんな>の思想~私たちは、あなたを忘れない

0214.jpg

副題の「私たちは、あなたを忘れない」の意味があとがきに記してあった。
「あなたを忘れない・・・この三月(2013年)、熊本に石牟礼道子さんをおたずねして対談する機会を得た。「その昔、こんなことをおっしゃいましたよねえ」というわたしに、「そんなこともありましたかねえ、みんな忘れました」と返す石牟礼さんに、わたしは思わずこんなふうに口走っていた・・・「いえ、あなたが忘れても、わたしが覚えています」と・・・・・

こ、この言葉、ようやく最近読んだ三浦しをん著「まほろ駅前狂騒曲」の中でわたしが一番印象に残った行天の言葉じゃありませんか。

全く違うシチュエーションながら、この言葉の重みは同じ。
三浦しをんは、やはりすごい。日常の中で聞き流してしまうような、社交辞令的にも聞こえてしまう「忘れませんよ」という言葉が、「おれは」(行天)、「わたしは」(上野千鶴子)「覚えています」と発することで、静かで確信的な意思が強く伝わってくるじゃありませんか。

(わたし自身は人の記憶には残らず速攻で忘れられるだろうしそれでいい、さよならだけが人生だ、なんて思ったりしておりますが)

硬軟両派、お勧めです。

img_7eaff220d6081cc5e6e7311dfa0b3f91180888.jpg

蛇足ながらこの「まほろ駅前狂騒曲」映画化、撮影中だそうで。

2014年

03月28日

(金曜日)

長女たち

篠田節子の新著「長女たち」

313363.jpg

週刊文春書評
msn産経ニュース書評

出版元の新潮社広報誌の「波」3月号「長女たち」刊行記念特集に
篠田節子のインタビュー記事「家族愛という名の地獄」と
蔦屋書店員間室道子さんの寄稿「長女たちは悲鳴をあげ、再生の道を探す」
が掲載されています。

間室さんの文章に動かされました。
怖い小説ながら、読後に満足感がある。不快で嫌で読むに堪えない話ではない。なぜなら、これは文学だからだ。
「現実はもっと悲惨だ」とか「ほんとうの介護はこんなもんじゃない」という人もいるだろう。でもたとえばここのところ、いとうせいこう氏の『想像ラジオ』、平野啓一郎氏の『空白を満たしなさい』など、ポスト3・11文学」と言われる作品が登場している。未曾有のできごとのさなかで立ち上がろうとする人々が描かれているのだが、評するとき「実際の3・11のほうが悲惨だ」という言い方はあたらないだろう。それと同じで、介護や老後、親の死の苦しみや絶望感を、とにかく人に読ませるものに昇華する。それが文学だ。いま実際に介護をしている、していないに関係なく、ページをめくることが気持ちを前進させ、明日も生きていこうと思う。それが読書だ。その真骨頂のような一冊。


私は、登場する3人の“長女”に途中までは同行できるけれど、結末には納得いかない気も。篠田節子の巧みなストーリーや綿密な調査に基づいた世界にいつも魅せられますが、その“冷静”に構築された結末?にカタルシスをおぼえると同時に感情が宙ぶらりんになってしまうことがあります。今回も、深刻なテーマなのに“やられた”と思ってしまう自分の軽さが恥ずかしいですが、まんまと篠田節子にしてやられたってことでしょうね。

“娘たち”と母親の葛藤を描いている小説は多いでしょうが、具体的な介護・老後の厳しい現実をリアルに暴いているものは、これから増えてくるでしょうね・・・

2014年

03月27日

(木曜日)

上橋菜穂子さんと村岡花子さん

このブログを目に留めてくれている人の中には、千葉市男女共同参画センターの1階にある情報資料センターを利用している人も多いと思います。限られた予算の中、こまめにいろんなミニ特集や時事・話題に関連する資料があちこちのコーナーに設置してあります。

先日までは亡くなった詩人まどみちおさんのコーナーがありました。

そして昨日、まどみちおさんに次いで作家としては日本で2人目上橋菜穂子さんが国際アンデルセン作家賞を受賞したというニュースが報じられました。(画家として赤羽末吉さんと安野光雅さんも受賞していますね)
m20140325-567-OYT9I00108-L.jpg

毎日新聞には
受賞の理由について「多様な価値観や文化を持つ人々が葛藤しながら生きる姿を描いたことが、多様な世界から集まった審査員の心に響いたのかも」と分析。「この世は決して一つの価値観で成り立っていないし、成り立ってはいけない。多くの立場の人がいる視線を持ってほしい」と、子供たちに呼びかけた。
とありました。

文化人類学者という経歴が存分に生かされている守り人シリーズが好きです。西欧社会の価値観とは違う、時代を超えて広がる世界、が、読破しないままです。。。私が知ったのは完結間近なときで、読み始めると途中でやめられない面白さだからあえて遠ざけておりました。今回のニュースで再燃しそうですがしばらくは貸し出しが続いて手に取れないか。。。

もうひとつ
今度のNHK朝ドラでは、赤毛のアンの翻訳で知られる村岡花子さんのストーリーだそうですね。これまでの朝ドラマと違って登場人物の作品がたくさん残っていますから、赤毛のアンシリーズの村岡花子訳、松本侑子訳を読み比べたり、モンゴメリと村岡花子の生涯に触れてみると、ドラマもさらに興味深くなるのでは?

どちらも女性作家ですから、情報資料センターには揃っていますよ!




2014年

03月24日

(月曜日)

つながる図書館

「つながる図書館―コミュニティの核をめざす試み」

9784480067562.jpg

まだ読了してませんが、ぐんぐん読めます。

 図書館にあまり関心がない人でも、千代田区立図書館や武雄市立図書館の話題はマスメディアでも大きく取り上げられてきたので目にしたことがあるでしょうか。私自身、能力レベルは最低ラインながら一応司書の端くれとして、一利用者としても昨今の図書館事情には関心があります。公立図書館司書の現役だったころとかなり様変わりしています。
 行政の財政が厳しい中、安易な?予算削減施策で統廃合の危機にさらされて、ビジネス支援や地域コミュニティの核という役割に活路を見出している公立図書館も多いようです。そうした努力が実っていく過程で、いろんな市民層が出入りすることで活気が出たり、市民の居場所として交流が広がるのも素晴らしい!この本を読んでいると図書館の未来に明るい兆しが見えてくるようです。

・・・とはいえ天邪鬼な私としては、静謐な空間、不必要な干渉がなく控えめで、ひっそりとしたセピア色の情景も捨てがたい。。。それはまた密かに見つけていかなければなりませんかね。

2014年

03月24日

(月曜日)

「えるふ」

千葉市唯一の絵本専門書店としてがんばっている「えるふ(会留府)」
店主のAさんの近況を最近人づてに聞いたばかりで、嬉しいニュース。

えるふさんは時折とても素敵なイベントを開いてくれます。
今回は、な、なんとあのオミズこと金原瑞人が千葉で講演!
(その昔働いていた多摩地区某図書館の児童担当者の間では、当時
新進気鋭だった翻訳者金原瑞人を“オミズ”と呼び話題にしていましたっけ)
その後の活躍は周知のとおり(若い人には金原ひとみの父親としての認知度?)

完結記念講演会〜子どもの本の翻訳を考える〜「オズと英米文学」〜
*講演者 金原瑞人・鈴木宏枝・宮坂宏美・ないとうふみこ・田中亜希子・林あゆ美
*2014年3月30日(日)14:00〜16:45サイン会あり(サインは引き換え券のある方のみです)
*千葉市男女共同参画センター(ハーモニープラザ2F)
*定員60名 予約制 資料代1000円
*申し込み メール:hobbit-elf@nifty.com 会留府店頭


これはもしかするともう定員になってしまっているかも?お早めに! 

私は生オミズ見たいミーハーですが、むむむ当日仕事で聴くことができない;;、
どこかで遭遇できないものかと画策してみようか、むふふ。

2014年

03月23日

(日曜日)

飛ばしていくよ

矢野顕子のニューアルバム、5年半ぶりだそうです。

61UxOVvVt3L__AA160_.jpg

彼女のサイトも例年のさとがえるコンサートもここ2~3年追っかけていなかったので知りませんでした!昨日続けて夜のTVに彼女の名前が!?おや??そしてニューアルバムのことを知るという、長年のファンとしてはお粗末至極。久々のアルバムタイトルが「飛ばしていくよ」!

今度のアルバムのコンセプトは“挑戦”いろんなフィールドの若い音楽家とのコラボ。タイトルソングの「飛ばしていくよ」はYMOの頃が蘇るようなテクノサウンド。歌詞もいいわ~~ 
「いろんな枷をはずしていいよ、と女の人たちに伝えたい」てなことをインタビューで語ってました。
サイトで触りが聞けます。ぜひ。

だれもが大好きな Negativeness 抱きしめてるけど
もういいんじゃないの そろそろ そいつを突き飛ばして 走り去れ
だれもがほしいよ Positveness だきしめてるけど
昨日が追いかけてくるの 見える さぁもう 飛ばしていくよ


けっこうポジティブな方だと自分では思っておりますが、もう“飛ばして”いけなくなったなぁと、最近感じていたところ、このタイミングでの矢野顕子から“飛ばしていくよ”の檄が!ヨッコラショっと立ち上がって“アイヨ!”

ツアーはオールスタンディングかぁ、腰痛もちには厳しいなぁ。。。

2014年

03月21日

(金曜日)

トークバック

以前お知らせしたことがあるトークバックがいよいよ公開!

トークバック

公式サイトはこちらhttp://talkbackoutloud.com/

渋谷イメージフォーラムのモーニング後のトークがなんだかすごいメンバーですね、
う~んいつ行こうか迷うわ~^^V 行きますわ、ってか行くぜ!

2014年

03月20日

(木曜日)

やまなし

上野千鶴子さん講演会の顛末
G20140318007800770_thum.jpg

市長の弁解?言い訳が新聞各紙で微妙に違うのは、たぶんそれだけ突っ込みどころ満載だったからでしょうか(苦笑)今回のいきさつ、WANのweb上で上野千鶴子本人の報告が掲載されていました。

これまでも上野千鶴子の講演会やら講座講師やらへの圧力が幾度もありましたが、それなりに狡猾だった過去の事例に比べると今回の山梨市長はかなり単純?お粗末で、ずいぶん“男を下げた”?ってことでしょうか?市民からの抗議も効を奏したんでしょうか?それともここは事を荒立てないほうが無難と踏んだか?
先週新聞で“中止”の記事を目にしたときはがっくりしましたが、ひとまず安心(していいのか?)
講演は“介護”がテーマだそうですが、そこはそれ、巷にあふれる話とは大いに違う視点からの話がなされたであろうことは間違いないので、聴衆の方々は触発されたことでしょう、願わくば市長も洗礼を受けてくれていれば良いが聴いてないだろうなぁ。。。

2014年

03月20日

(木曜日)

港区コミュニティカフェ

SpaceFわひねとしても個人的にもいろんな形でお世話になってきた
港区のコミュニティカフェスペースが、
今月末で終了になるという悲しいニュースが届きました。

http://www.human-service-center.org/img/Osirase201403.pdf

それにともない、24日~29日にコミカフェウィークとしてイベントあるとのこと。

女性とフェアトレードの会による“プチなフェア”(展示販売)があります。
􀀡3月24日(月)~3月29日(土)11:30~20:00 29日は 12:00~18:00
http://www.human-service-center.org/img/arigatou201403.pdf

懐かしい面々や作品商品に会いに出かけましょう!


2014年

03月18日

(火曜日)

クラフトエヴィング商會

春一番が吹き荒れた今日、早起きして午前中一杯お楽しみを満喫し、午後は一人遠足、世田谷文学館で開催中のクラフトエヴィング商會「星を賣る店」展覧会へ。
sp00090_top.jpg

クラフトエヴィング商會の棚卸し展覧会というコンセプトだそうです。こだわり抜いたコレクションの数々や妄想の実現化の道半ばで放置されたモノたちの美しさ、装丁された本の数々、現実と架空の狭間で遊ぶ心地よさ。生活感と無縁なようでどっこいリアルだったり、逆転反転一回転、天才異才偉才変人ともくくれない、ちょっとだけずらしてみる感覚が思い切り遠くへ旅させてくれるような、浮遊感を堪能しました。

同時に開催されている“旅”にまつわる資料を集めたコレクション展をのぞいたら、女性作家たちのコンセプトが興味深かったし、不思議なムットーニのからくり劇場は、異空間にいざなってくれました。

クラフトエヴィング商會展は今月末まで、コレクション展は4月6日まで、お時間ある方はぜひ!

2014年

03月18日

(火曜日)

村木厚子さん

おそまきながら読んでます。もうあの無罪判決から3年半も経つんですね~
book.jpg

国家公務員のキャリア官僚に対して好感を持つ、って人は少なくとも庶民レベルではあまりいないと思うのですが・・・
田中真紀子が伏魔殿と称した外務省に代表されるようなキャリア官僚のイメージ、鉄面皮的無感情で、裏で画策・暗躍するイメージ?
この人村木厚子さんだけは例の事件後、国家公務員官僚へのポイントを高くしてくれたのでは。
ってか、私の中では別に国家公務員キャリアだからってわけでではなくて、一人の働く女として敬意を表するってことですけどね。

彼女は逮捕される直前まで、女性にとって重要なさまざまな法案の立案や改正に携わっていたことが時系列で語られます。とかく政治の力関係で成立する妥協の産物としか思えない政策にも、真摯な官僚たちが地道になんとか改善の道筋をつける努力があったのかもしれないと、少し印象が変わります。

逮捕前までは
平々凡々な私でも、「ほら、仕事も子育ても何とかやってこられたでしょう?大丈夫だよ」と職場の後輩に言ってあげられるかもしれない。「村木さんになりたい」ではなく、「村木さんでもできた」というロールモデルになることができれば、仕事も結婚も子育ても深刻に考えることなく、もっと普通にできることだと思ってもらえるかもしれない。
普通の女性のロールモデルになることを自分の役割としよう―

と思っていたんだそうです。ところが普通の人生から一転。。。
そこからまた彼女の真骨頂が発揮されます。
ま、穿った見方をすれば、深謀遠慮がめぐらされた、国家公務員の悪しきイメージ払拭プロジェクトの一環とも読めるかもしれませんし、非正規であえぐ者とは土俵が違う、高級官僚なればこその勝負ができる有利な環境だよな、とも。

子ども時代は極端に対人関係が苦手で本を読むことでなんとか乗り切ってきたというほどの読書家、仕事と育児に忙殺される日々の中で、唯一自分のためだけに使える通勤時間にはエンタテイメントを読む習慣だったそうな。
本の最後に拘留生活164日間を支えた149冊の図書リストが掲載されています。
家族や友人知人が差し入れてくれたさまざまなジャンルの本のリストに自分の好きな本を見つけると心強くなります。サレ・パレッキーやスー・グラフトンもあるし!(ちなみに彼女が拘置されるときに持ち込んだ本の中には、今期私がはまっているドラマ「隠蔽捜査」の原作も!)

どんな立場であれ働く女性、男性にも届くメッセージがみつかる本だと思います。

2014年

03月08日

(土曜日)

越路吹雪

今日は越路吹雪の生誕90年だそうです。
TV番組欄で目にした特別番組「生誕90年 永遠の歌声 越路吹雪 日生劇場リサイタル'70~貴重な映像と証言でよみがえるシャンソンの女王!~」、途中から観て目が離せませんでした!

亡くなった母が好きだった音楽がタンゴと越路吹雪。当時小娘の自分には近寄りがたい彼女の大人の雰囲気は違う世界の匂いでしたね~
koshiji.jpg

何年か前に放映されたTV番組で天海祐希が演じてましたね。
ソロ歌手として初めて日生劇場でリサイタルを成功させたエンターテイナーに献杯。

2014年

03月08日

(土曜日)

アンコール!!

「アンコール!!(原題SONG FOR MARION/UNFINISHED SONG 」

アンコール

若い頃の憧れの俳優テレンス・スタンプとヴァネッサ・レッドグレーヴ共演!
が、昨今あふれるジジババ映画か~と敬遠してました。。。

偏屈で周囲に毒舌でしか返答しない夫と、
余命少ない身ながら誰にでも公平で明るく愛される妻。
正反対の性格ながら、夫にだけは弱音を吐けるマリオン、
妻にだけは愛情を素直にあらわせるアーサー。。。

まとめ借りセールでようやく観ました。う~~ん直球感動モノ。。。
とはいえヴァネッサとテレンスの歌声、ナチュラルで素晴らしかった♪♪♯♯♭♭
ヴァネッサが歌うのはシンディ・ローパーの 「True Colours」
テレンスはディーン・マーティンの「How Do You Speak to An Angel」


やり直しなどできない、すべて手遅れ、、、
ってことはないかもしれないかも?と観終わったしばらくは浸れます。

HOME