SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2013年

05月31日

(金曜日)

いまさらですが・・・

このブログの amazon 商品一覧の「勝間さん~」と「忘れられたワルツ」
同時進行で読んでいて、先に「忘れられたワルツ」読了。
いや~久々に読んだ絲山秋子、忘れていた独特の情感にやられました。
日常の世界にいながらじわりじわりと、知らず知らず、異世界にいる恐怖というか
(わたしにとっては悦楽かも)隣り合わせの、背中合わせのパラレルワールド、
ゾクッとします。
震災後を小説家はどんな形で表現できるか、直裁的に書く人もいれば
あえて避けている人もいれば、満を持している人もあったり
これまで小説を書かなかった人がやむにやまれず小説という形態で表現したりとか
皆試行錯誤しているんですね。
絲山秋子は日本の中の意識の差に自省の中であがきながら、
この本を上梓したんだろうか。

「勝間さん、努力で幸せになれますか」2010年出版、遅まきながら読みました。
今3分の2ほどのところ。対談する勝間和代と香山リカ、
およそ真逆の二人、どこまでも平行線、この先読み進むと最後には交差するんだろうか。
香山リカサイドがいくら食い下がってもスタンス変わらない勝間和代、
はぁ~

2013年

05月31日

(金曜日)

来月のイベント

◎港区男女平等参画センター・リーブラ フォーラム2013 6月29(土)~30日(日)
⇒http://www.minatolibra.jp/kouza/index.html#forum2013

◎「いま考える―女性の健康と権利とは?」 6月30日(日)10:00~12:30 リーブラ4F
集会室1~3 講師:柘植あづみ・長沖暁子(企画ヒューマンサービスセンター 参加費無料)
(港区男女共同参画センター・リーブラフォーラム 講座)
http://www.human-service-center.org/event.html

◎絣の調べ「ティナラク織作品展」6月6日(木)~12日(水) 場所 仙台
 仙台にお知り合いがいらっしゃる方、この時期仙台へいらっしゃる方ぜひ。
 ⇒http://kafti.blog.shinobi.jp/

2013年

05月29日

(水曜日)

どうなんだか・・・

お騒がせ、ではすまない橋下発言、開いた口がふさがらないままですが
超党派女性議員や既成野党の反発があまりに定型的で、なんだかな~と。
ネット上でどうなっているのかには関心がおよびませんが、
毎度ながら毎日新聞でとりあげているもので少し溜飲を下げております。

くらしナビ・ライフスタイル:橋下氏発言、風俗業の女性に波紋 
私たちは暴力のはけ口か
http://mainichi.jp/area/news/20130525ddn013040059000c.html

読書日記:今週の筆者は社会学者・上野千鶴子さん 
「買春は必要=常識」の非常識
http://mainichi.jp/feature/news/20130528dde012070064000c.html

これが政局にどう影響するのか、現政権が漁夫の利を得たらヤ!です。

2013年

05月28日

(火曜日)

やれやれ

やれやれ、なことが続く最近ですが、
「女性手帳」の配布見送りが決まったようで、ホッとしました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130528-00000025-mai-soci
この調子で、国民が一つ一つ「ヘンだよ!」を積み重ねていけば
少しは今の政権に物申す雰囲気が高まるかも?
やはり女性が声を上げるって大事ですよ~

2013年

05月25日

(土曜日)

ダヴィンチ展トークイベント

今月は芝居三昧の月、映画にも美術展にもまだ行ってない!

そんな中今日は、
本展「レオナルド・ダヴィンチ展-天才の肖像」をみていないのに、
『チェーザレ~破壊の創造者~』タイアップ記念惣領冬実/ 原基晶トークイベント
へ出かけてきましたよ~
チェーザレ心酔者のみっちさんのご尽力のおこぼれを頂戴して。

いや~期待以上のトークでした。
本展の目玉「音楽家の肖像」が惣領さんにかかると
未完成の作品と喝破され、その論拠に納得。
また、今回のタイアップのために書き下ろされた「二人の巨匠」の
制作裏話、めっちゃ大変だったエピソードなどなど、
惣領・原二人の言い訳やらうっぷんやらの本音に近いトークを聞けて
大満足。
さらに“画家”“芸術家”の成立やルネサンス期の巨匠たちについての
惣領さんの見解も、専門家としての原さんの話もなかなか興味深く、
原さんが『アトランティコ手稿』がお薦めとのことなので、
本展を見に行く際のポイントが一つできて楽しみです。

さらに、
チェーザレ制作にどれほどの準備が施されているかを知るにつけ
チェーザレの発刊が遅れようとも期待に応えてくれることを確信。

2013年

05月23日

(木曜日)

来月のイベント

腰痛にもかかわらずプライベートは充実の日々で、当ブログ更新がおろそかになっておりました。。。

リンクをはらせてもらっている女の知恵の輪シネマでつながる会の情報を共有させてもらいます。

エポック10シネマ -映画に学ぶ人々の生き方-
『100人の子供たちが列車を待っている』
日 程 : 2013年6月4日(火)10:00~11:30、14:00~15:30(2回上映)


☆月曜シネマ 『めがね』 何が自由か、知っている。
日 程 : 2013年6月3日(月)10:00~12:00、13:30~15:30(2回上映)


☆ジェンダーカフェ~身近なジェンダーについて話そう!~ 第10回「デートのお代、どっちが払う?」
日 程 : 2013年5月27日(月)19:00~21:00


予約なし”でふらっとリーブラ
「母娘関係」ってむずかしい
ー母娘関係を扱った本・映画・漫画についておしゃべりしましょうー
日 程 : 2013年5月25日(土) 午前の部10:00~11:30 午後の部14:00-15:30 同じ内容です


EUフィルムデーズ

2013年

05月07日

(火曜日)

福島原発告訴団

福島原発告訴団・関東事務局のからのお願いです。

以下、緊急で拡散お願いします。なお、当日の会場でのサポーターも募集中です。
当日サポーターが可能な方は、7日までに以下にご連絡ください。
astrumanimus@yahoo.co.jp

● 「なぜ、福島原発事故の責任は問われない?福島の叫びを聞いてください!」
日時: 2013年5月31日(金) 13時30分~15時30分
場所: 東京・日比谷野外音楽堂
参加費:無料
◎発言 
*福島からの叫び・リレートーク
*全国からの叫び・リレートーク
*弁護士から現状報告
16時~17時 東京地検前で「激励行動」
17時30分~18時 東電前「抗議行動」
主催 福島原発告訴団
〒963‐4316  福島県田村市船引町芦沢字小倉140‐1
電話 080‐5739‐7279
メール info@1fkokuso.org
●カンパ送付先 郵便振替口座 02260‐9‐118751 福島原発告訴団
チラシのPDFは関東事務局のブログからダウンロードできます。
「福島原発告訴団・関東」http://dainiji-fukusimagenpatsu-kokusodan.blogspot.jp/


☆武藤類子団長からのメッセージ
告訴・告発人・支援者のみなさまへ
一面の若葉が美しい季節です。
「福島原発告訴団」が結成されて1年がたちました。
みなさんの力で告訴・告発人が14.716人。1月から初めた緊急署名は108.333筆となりました。
全国のみなさんとのつながりを本当にうれしく思います。

事故から2年、福島の状況はさらに過酷です。
止まらない放射能の放出、貯まり続ける汚染水、深刻な労働者被曝、持って行く所がない除染による放射性廃棄物、被曝地に住まざるを得ない人々、子どもたちの甲状腺ののう胞や結節、そしてガン、進まない賠償、支援策の外に置かれる自力避難者、更に引き裂かれていく人々のつながり…
原発事故が引き起こした被害の膨大さに私たちは、立ち尽くすばかりです。
このままでは、被害者が救われることも、二度と同じ過ちを繰り返さないことも、新しい価値観の世界を創ることもできません。
その中で、この告訴の意味は深いと思います。
この事故の加害者がその責任を問われるまで、私たちは出来うる限りの最善を尽くしましょう。
告訴団を担うひとりひとりの告訴・告発人と支援者のみなさん、5月31日 日比谷野音に集まって下さい。お友だちや家族を誘って下さい。
東京地検に「厳正な捜査と起訴」を再び訴えます。

福島原発告訴団団長 武藤類子

2013年

05月06日

(月曜日)

いまさらですが、なんだかな~

この連休の前から腰痛が再発しそれに伴う不調で遠出ができなくなり
もっぱらインドア生活で、同居人たちとの会話が増えてしまった。。。
そんなあれこれ

○国民栄誉賞、完全にショータイムだったようで。
(ニュースのダイジェストを見ただけですが)
松井はホントは断りたかったと推察しますが、あの人とセットで、
と言われたら断れんですわな~

日米両方での活躍を評価してということなんでしょうが
ほんならまず野茂ですやんか?
ま、野茂かて断りますやろけど。
政界、財界、業界に益々絡め取られて、
野球好きとしてはこれからの行く末が案じられますわい。

○黄金週間が明けたらすぐに“母の日”モード。
しかしいつになったらピンクやら花柄やらエプロンやらが
影をひそめるんでっしゃろか(嘆)
もらって嬉しいのか???

○原発事故処理も検証も全く進んでないのに、なんで輸出とかできるんだ???

○「真夜中のパン屋さん」というドラマにちょっと惹かれた理由
なんとなくですが、このドラマは静かだからかな、というのが目下の結論。
昨今のドラマはどうにもこうにも饒舌でマシンガントークが飛び交う。
(たまたま私が見たものだけかもしれませんが)
このドラマ、だんだん“家族愛”とか匂わせてきそうな懸念があるものの
これからさらに深夜族に開かれたパン屋の“謎”や秘密が
深まったりほぐれたり、を期待するところです。
しかし、このパン屋、深夜になんでこんなに種類多く販売してるんだろ?
彼らはほとんど寝てないのは不眠症族だからか?

2013年

05月02日

(木曜日)

楽屋ネタ?

「図書館戦争」のエンドロールを見ていて最後の方の協力スタッフの中に
陸自や空自と並んで「空飛ぶ広報室」とあり、
てっきり実在するんだ~と思ってしまったです^^;
原作者同じだからな。映画の公式 twitter によると
https://mobile.twitter.com/toshokan_movie
リアル空幕広報室のいたずらのようで、
原作者有川浩も二度目に見て気が付いたそうな。

こういう楽しみがあるから映画の余韻にひたりながら
エンドロールは見逃せない。

2013年

05月01日

(水曜日)

今月のイベントいくつかご紹介

☆「3.11 Without Sound (音のない3.11~被災地にろう者もいた~)」
2013年5月3日(金)18:00~19:30 
http://www.rikkyo.ac.jp/events/2013/05/12358/
場所 池袋キャンパス 8号館1階 8101教室

☆「TOKYOレインボーウィーク2013」
http://www.tokyorainbowweek.jp/
5/6【HIVとカミングアウト&映画『The Hope of Love』上映会】
(東京レインボーウィーク2013公式イベント)
14時~16時半@家の光会館 7階 コンベンションホール
主催:NPO法人 ぷれいす東京 / NPO PLACE TOKYO

☆いなげのねずはなさんからの情報です。
熊谷市長との対話会のお知らせ
熊谷市長が就任してから大きく進んだ千葉市の子育て施策。
例えば、子どもに関する施策を一元的に推進する「子ども未来局」が新設され、待機児童数もこの10年で最少となりました。
さらに、子育てする親のための施策だけでなく、子ども自身のための施策として、子どもたちの意見がまちづくりに生かされる様々な仕掛けも行われています。
そこで今回は、熊谷市長をお呼びし、これまで実現できたこととこれから実現したいことを直接伺います。
その後、市長と参加者で「こんな子育て施策があったら面白いのでは?」とか「こんな課題にはこういう解決策はどう?」といった感じで、市長と一緒に子育て施策について議論します。
子どもがいる方もいない方も、そして子どもから大人まで是非是非ご参加お待ちしています!

【日時】5月9日(木)11:00~12:00
【場所】すぺーす いなげ(千葉市稲毛区黒砂台3-9-26)
【定員】15名ほど
【参加費】200円(=1ドリンク注文)
【主催・連絡先】
市民ネットワーク・いなげ TEL 080-1275-2752 
メール shimin.net.inage@gmail.com
*会場へのアクセス*千葉大学北門、敬愛大学から徒歩5分 放医研正門前
【徒歩の場合】
 JR稲毛駅東口から徒歩10分。東口からミニストップを右手に見ながらまっすぐ進み、メガネ店のところを右折。イオンを右手に見ながらまっすぐ、三叉路に出たら一番左の上り坂を進み中華大観の隣
【バス】
 JR稲毛駅東口目の前2番バス乗り場から山王町やクイーンズガーデン行きに乗り、1つめのバス停「放医研正門前」下車徒歩30秒(バスの進行方向に進む)


☆ベアテさんの志を受け継ごう! 映画「シロタ家の20世紀」上映とリレートーク
5月10日(金)18:20~
【場所】津田ホール(東京都渋谷区)
【詳細】http://www.ywca.or.jp/joinus/event
【主催】「ベアテさんの志を受け継ぐ回」実行委員会(詳細は日本YWCAのページ)

ベアテ・シロタ・ゴードンさんの追悼上映会「私は男女平等を憲法に書いた」
5月11日(土)10:00~12:00
【場所】町田市民フォーラム
【詳細】http://www.city.machida.tokyo.jp/community/danjo/byodo/
cinema_de_talk.html
【主催】町田市男女平等推進センター運営委員会

HOME