SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2013年

04月30日

(火曜日)

真夜中のパン屋さん

今期ドラマつまみ食いしてみましたが、ほとんど想定内でなんだかな。。。

が、一つ気になるドラマ発見
NHKBSプレミアム「真夜中のパン屋さん」
パン好きだし、三軒茶屋好きだし。
51odiA5qwKL__SL500_AA300_.jpg

タッキー好きじゃないけど。。。
真夜中に開いている店というキーワードは
以前はまっていた「深夜食堂」との共通項ありあり。

2013年

04月30日

(火曜日)

図書館戦争

図書館戦争実写版見てきました。
原作が出版された当時は
「図書館隊?いや、いくらなんでもそれはないでしょ~」と思ったのは私だけではないでしょう。
が、今の政権が続くならば、この小説がファンタジーと言い切れないかも。

アニメ版ノイタメナは原作にけっこう忠実で面白かったです。
今回の実写版は、かなりダイジェストでメッセージ性は薄いとはいえ
エッセンスはまずまず残っている合格点かな(ってエラソー)
この映画のバックボーンがTBS(毎日新聞)系だからってこともあるんだろか?
これがフジ産経や讀賣系だと多分かなり異なるニュアンスになったことだろうと勘ぐるのは穿ちすぎか?
○十年来の、しかもこの映画の現場とされる三多摩地区の図書館で働いたこともある
ライブラリアンの端くれとしては、冒頭とラストで図書館宣言がクローズアップされるところに
けっこう感極まります。
日野図書館は市民図書館の聖地といえる図書館。

焚書シーンにかぶるナレーション「本を焼く国は、やがて人を焼く」が、ナチスを暗示したように
今現在の日本への警告とならんとも限らん時勢ですが。。。
上映館内には若者がけっこういて、彼らはどう感じたのかちょっと気になります。
本編の最後で、
“公序良俗に反する資料を検閲・撤去する良化隊”と
“資料の提供の自由を守る”図書館隊の攻防が一段落して
良化隊の不当性を報じ続けてきた西田尚美演ずるジャーナリストが、
市民の熱気を帯びた反応を見た若い記者が「すごい盛り上がりですね」と
興奮している時、
「こんなの一過性よ、すぐに何事もなかったかのように平常にもどる、
だから、私たちは書き続けるのよ」、と言い放ったメッセージが
彼ら若い世代の胸にすとんと落ちるかな~、ないか。。。
遠い昔に三無主義と言われた世代に属した私も、
ノー天気でアナーキーのままでいてはあかんかしら、
現代への責任を受け止めんとね、と珍しく反省したり。。。
近くの席にいたジイさまがしきりにう~んとつぶやいていたが
彼も期するところがあったのか?

個人的には岡田くんの格闘シーンが思ったより少なくて残念。
図書館隊指揮官の橋本じゅんの変態ぶり薄くて残念。
栗山千明がまさに柴崎でした、ナイス。
51HB9Y6NS2L__SS500_.jpg

2013年

04月27日

(土曜日)

嬉しい忙しさ?!

図書館にリクエストしていた本が入った。
9784755402319.jpg

残念ながら未だにライヴパフォーマンスを見のがしていて
あちこちのサイトで紹介されている断片で想像するしかないのですが。
http://wan.or.jp/art/?p=1479

この本で彼女のこれまでのほぼ全てのパフォーマンスをたどることができます。
写真に寄せたコラムのほとんどをレベッカ・ジェニスンが訳した英語の翻訳がつき
対訳として読み比べるのも興味深い(英語弱者にはありがたい)。

ダ・ヴィンチ展の「チェーザレ~破壊の創造者」コラボ
「貴婦人と一角獣展」、忘れてはならない富山妙子展も始まってるし
、「Shinything」も始まるし、その間に友だちとの芝居の嬉しい約束も続くし
ほかに図書館にリクエストや予約した本も届いたし、
復帰した職場でも未読再読の収穫もあり、きゃ~
本を読む速度がガタ落ちの昨今、あちこちへ出かけて車中でせっせと読むしかない?

2013年

04月27日

(土曜日)

気になる“新解さん”

安直な流れ?(「舟を編む」⇒辞書)ですが、来週のNHKBSプレミアムの
「ケンボー先生と山田先生~辞書に人生を捧げた二人の男」
http://www.nhk.or.jp/bs/t_documentary/
https://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=700-20130429-10-32237
あの“新解さん”を編纂した山田忠雄とそのライバル?見坊豪紀の秘話??
のドキュメンタリ、だそうだ。
独特の用例採集で辞書の面白さに開眼させてくれた新明解国語辞典、
「舟を編む」で辞書制作現場の一端に触れたつもりになっている^^;

2013年

04月24日

(水曜日)

「快楽上等!」と三軒茶屋婦人会

前から気になっていた三軒茶屋婦人会、池袋東京芸術劇場に登場です。

Bridal245.jpg

チラシの華やかさ(ド派手さ)をいい意味で裏切られ、3人のナリキリ?
(演技力)に魅了幻惑されましたわ~
鑑賞後、友人たちの感想
「深沢はラストはもう完璧に女としか思えんかった」

シリーズ最初から見ていればよかった、過去シリーズDVD今から買おうかしら^^;
篠井英介、深沢敦、大谷亮介の50代男が女性を演ずる三軒茶屋婦人会ユニット
今回はアラフォー世代のウェディング騒動、
フェミを逆なでする?台詞も確信犯、長い間女形演じているからこそ?の台詞は深い。
大谷亮介演ずる女性が、レズビアンということを後半カムアウトするシーン、
芝居の中では完璧に女性のカムアウトにしか思えず、ちょっと混乱する観客。
そして、「気持ち悪いからそれ以上近寄らないで!」と
激昂する深沢敦演ずる女性のリアル(なのか?)
「男が演ずる現代の女たち」という設定に、揶揄がちりばめられた
「少し痛いが笑える芝居」を予想していた私、軽率でした。。。
もはや「女優が演ずる現代の女たちの芝居」を見たという感じ(って、どうなんだ?)
ねじれているようで直球?あまり突き詰める意味はないかもしれないが要検討?!
いや~結構面白かったですわい。

行き帰りに読んでいた上野千鶴子と湯山玲子の対談集
「快楽上等 3.11以後を生きる」
快楽上等
が、私の中で芝居とシンクロして愉快かつ深淵。

読書途中ながらの感想ですが、
私の心情はこれまで「親フェミだけど真フェミにはなれない」
ヘタレのスタンスでしたが
この本読んでいると「なんでもあり」。
それってレベルは大いに違うかもしれんが、
元々「なんでもあり」が私の立ち位置なので
「へへ、わたしもフェミの端くれ、と自称してもよいってことざんすかね?」と
ノー天気にへりくだって思う、が、
とはいえ、あまり「依って立つところ」を欲しないので
特段自称しなくてもよかっぺという意識もあり。

ともあれこの本、突っ込みどころもありながら、
30~40代の不全感に陥ってる女性たちに檄飛ばしてます、下ネタ満載。
女性オールラウンドカヴァーしているので全方位読んで欲しい!
とはいえ、二人とも自覚しているにせよ、
セクシュアルな会話にのけぞる or 引く人もいるかもな~
私としては、自分のプライベートな部分をあえて人に話す欲求がなく、
自己完結、自己充足している女もいるってことが、
二人の想定する女のセクシュアリティ語りの範疇に入ってないんだろか?
と愚考するわけですが、
やはり学者肌って、分析&カテゴライズしたくなるってことですかね~
カタロギングから漏れるところが四捨五入されちまうところとか
多様性といいつつ文化遺産レベルで切り捨てしてるような文脈に
時折違和感覚えますが
これまでも散々言い尽くされてきたことながら、今現在の状況で
私がモヤっと感じている様々を“そこ、言語化してくれてありがとう”と
感謝もあり、ですわい。
(この企画を幻冬舎に売りつけたであろう湯山玲子の功績大、かな?)

2013年

04月21日

(日曜日)

浅学非才馬鹿丸出し

51y7l6zkAML__SL500_AA300_.jpg
ドラマ化第1回、イマイチだと思ったんですよ。
水野美紀や柴田恭兵好きですからそこにフォーカスしたですが
主役の二人がどうなんでしょうか、という不安もちつつ本日第2回、
いや~なんかいい感じっす。綾野剛新境地か?
「浅学非才馬鹿丸出し」って、わしのことですわ。

原作者の有川浩、今週末公開の図書館戦争も楽しみだ~。

2013年

04月21日

(日曜日)

君と歩く世界

先週の休み、ちょっくら早出して東銀座へ。
“勘三郎に捧ぐ”お祭りを一幕見しようと思い
一幕見券発売10時半からだから1時間に着けばなんとか入れるだろうという目論見、
甘かった(;;)
最後尾案内人の「『お祭り』までは立ち見席ももう満席です!」という声にがっくり。
諦めは早い私、次なる獲物を求めて移動。
銀座界隈で時間が合う映画で食指が動いたのは「君と歩く世界」
161129_1.jpg
主演女優のマリオン・コティアールそれほど好きでもないが。。。

まぁ、次々と起きる事柄は、「所得格差の厳しい社会の現実を描く映画」と括られるか、
というだけでもなく、障害を愛によって克服する感動作、というわけだけでもなく。
前宣伝からの予想をいい意味で裏切ってくれるけれど物足りなさも残る。
そこがフランス映画(リアリズム?)らしいといえるかも。

個人的には女性主役のステファニーが車椅子で踊るシーンと
男性主役ノー天気?アリが腕っぷし溢れんばかりのストリートファイトシーンで
(アクション好き)
生と性に再び覚醒するステファニーの思いに共感したです。

2013年

04月15日

(月曜日)

幸せな人生だったね、ハービー

ハーブ&

今回は千葉でも割合早く公開が始まったので早速行き、
ハーブ&ドロシーに敬意を表して?
中身の割にちょっと値段が高くないかという気はしたものの、
久しぶりに映画のパンフレットを買いました。

「アート・ヒステリー」でも書かれているように、現代アートは
資本主義の雨と民主主義の太陽の下で育ってきたようです。
投資の対象となって久しい現代アート、
もちろん、二人が収集した作品たちもその影響を免れることはできない、
というか二人のメガネにかなったという付加価値がさらに市場を左右することも。

とはいえ彼らの集めてきたアートは彼らの生活の全てといっていいもので
それは家族と同等で、対価を考慮するものでは全くないんですね。
ひたすら集めることの結果を、人生の終末期が近づいてきた今
自分たちがいなくなった時の家族(作品たち)の行く末を選ぶ決断をした、
というところまでが前作の内容でした。

本作は、その後彼らのコレクション4000点余りを引き継いだ
ワシントンナショナルギャラリーのスタッフを中心に企画された
50×50(50州に50点)プロジェクトの軌跡&奇跡を追うドキュメンタリー映画です。

プロジェクトがいざ始まってみると、
大変な作業が伴うことであろうことは容易に想像できますが、
その費用対効果(こんな言葉を使うのもいかがなものかと思いながら)は
素人目にもとても大きいものですよ。

前作では作品のほとんどは彼らの小さなアパートの隙間という隙間を埋め尽くし
満足に鑑賞することはできなかったけれど
今回のプロジェクトで私たちも画像を見ることができるようになった。
http://vogel5050.org/#
すべての州の美術館に訪れることは叶わないドロシーも、
これでいつでも作品に会えるようになって喜んでいましたね。
私たちも一部(ほとんどが私なんぞ名も知らぬ作家たちの作品)を目にして、
二人のコレクションのコンセプトである
“シンプル”“静けさ”を十分堪能できます。
時間が許せばこのうちのどれかに会いに行きたいものだとさえ
強く思う自分がいて、アートが人に及ぼす力は捨てたもんじゃないよ、です。

ま、映画では語られない彼らへのバッシングや反感もあったでしょうが
映画後半でのドロシーの潔さを知ると誰もが彼らの人生に拍手するでしょうな。

「アート・ヒステリー」効果を引きずりながらも、
このコレクターの人生に触れ、羨ましさを覚えました。

2013年

04月13日

(土曜日)

幸せな人生だね、馬締クン

先週から「アート・ヒステリー なんでもかんでもアートな国・ニッポン」
大野佐紀子著 を読んでいます。
9784309021331.jpg

内容てんこ盛りで疲れながら集中力の続く限り読んで後虚脱、
を繰り返している私は根性なしですわ。。。
終盤に入って、昨今のアート志向?の若者たちについての考察を読んでいる折、
当ブログでも度々書いてきたお待ちかねの「舟を編む」を見てきました。

単純に比較してはあかんと思いつつ、
「アート・ヒステリー」で語られる
アートの現状にさもありなんと思い
若者たちの不全感に胸がふさがれる気分になっていたところだったから
「舟を編む」に登場する人たちの清潔な“正しさ”に、
ふだんなら揶揄したくなるような“熱さ”が報われるストーリーに、
この作品に登場する人たちは幸せだな〜と、
心が清々しくなっちまい不覚にも涙なんぞ出てしまいましたがな。

原作者がこの作品に込めた“言葉”への尽きせぬ思いの全てを
描くことは無理だった感は強いですが。
もう一つ
宮崎あおい演ずる板前の香久矢が料理を出す際に「〜になります」と言う台詞、
気になります。
松本先生や馬締クンの用例採集アンテナに引っかからないのか?
(宮崎あおいしか女優はおらんのかいな、っつう不満もありますぞ)

さぁ、これから楽しみな映画が続々公開されます!

2013年

04月10日

(水曜日)

富山妙子展

これまで見逃していた方に吉報です。
今回は出展されている数も多いです。この機会にぜひ!!!

富山妙子 現代への黙示 - 9.11と3.11 -
~絵と音楽が出合って時代を解く~

日 程 : 2013年4月11日(木)~5月19日(日)11時~18時半
   入館は18時まで(休館日:月・火・水曜日)
入場料 : 一般 500 円 / 大学・高校生 400 円 / 小中学生 300 円
開館時間:11 時~18 時 30 分 (入館 18 時まで) [月,火,水は休館]
場  所: 東京アートミュージアム
 〒182-0002 東京都調布市仙川町 1-25-1
 TEL: 03-3305-8686 URL: http://www.tokyoartmuseum.com/
・協力 多摩美術大学美術館、株式会社 VOYAGER

内 容 : 富山妙子 絵  高橋悠治 音楽(作品展示とDVD上映など)
戦後、一貫して時代と社会のひずみと問題意識を刻み続ける、傍観する美術ではない精力的な制作と発表を続けてきた富山妙子(1921~)。
炭鉱、強制連行、慰安婦、光州事件・・・と、戦争責任や人権問題に鋭く切り込むテーマは、21世紀に入り、社会の現実を投影する戯画や ナラティブアートへと昇華した。9.11に端を発した「蛭子と傀儡子」シリーズと、3.11に素早く反応した最新の「震災と原発」シリーズ、 および「倒れた者への祈祷 1980年5月光州」、「チリ もう一つの9.11」などのシリーズの展示を併せて行う。
(展示案内より)
http://geiriki.com/ten/detail.cgi?id=10036036

遠くて行けないぞ!とお嘆きの方
作品シリーズをみられるのはこちら
ノースウェスタン大学のウェブサイト
http://imaginationwithoutborders.northwestern.edu/
火種工房のウェブサイト⇒http://www.ne.jp/asahi/tomiyama/hidane-kobo/

2013年

04月06日

(土曜日)

4月のイベント

ご都合のつく方はぜひ。

『いま はなしたい 原発と「母」と…』
2011年3月の震災・福島原発事故から2年、
今 はなしたい(話したい/放したい/離したい)ことを、
一緒に考えませんか。
脱/反原発の運動に参加し始めて、あるいは以前から続けてきて、
引っかかっていることをもう少し丁寧に はなしたい のです。

2013年4月20日(土)13:30~16:30
会場:文京区民センター 3-C会議室
参加費:500円
共催:脱原発!フェミニスト集合、SOSHIREN 女(わたし)のからだから
http://www.soshiren.org/oshirase/130420.html

2013年

04月05日

(金曜日)

よっ筏津!

先月末、広島高裁で戦後初の選挙無効判決を言い渡した筏津裁判長。
無効とするだけでなく、しっかり筋の通った猶予期間を設けて。
かっこいいなぁ。

“女性だから”“スタンドプレー”とかいう陰口も叩かれたそうな。

今日の毎日新聞夕刊に彼女の特集記事がありました。
http://mainichi.jp/feature/news/20130405dde012010003000c3.html

裁判官が着る黒い法衣は独立して職権を行う裁判官の象徴。
黒は何色にも染まらないから。
筏津裁判長は染まらず生きる。。。
かつて抱いた理想の裁判官のイメージを体現しているようだ。
あまりに立派すぎて心配になるが。

HOME