SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2012年

11月27日

(火曜日)

明日は「3.11震災後を生きる」2回目です

先週11月21日はSpaceF・わひねが企画運営する
千葉市男女共同参画センター主催市民企画講座Ⅱ
「3.11震災後を生きる」
ひと・地域・もの言わぬいきものたちによりそって の初回でした。
飛び入りも含めて20名ほどの参加者がありました。

DSC03276.jpg

1回目のタイトルは「支援者という存在~ジェンダーの視点から」
☆長沖さんが学生たちと立ち上げた南三陸プロジェクトの活動や現地の状況
などを写真も見ながら話していただきました。その基本となる精神は
『「被災地」に行くのではなく、「南三陸町」へ行く』
“被災地”と一括りにするのではなく、日々暮らす人たち個々にできるだけ寄り添い
現地のニーズに基づく地道な活動を継続することの意味は
主体があくまで現地の人々であるという当たり前のこと。
(なのにそれがどれほど困難か。。。)

☆社会的弱者は震災弱者
障害者や高齢者の問題はメディアでも随分取り上げられていますが、
女性の問題には表面化していないことが多くより深刻なことも多いのは
阪神の震災以後少しずつ知られてきてはいるもののまだまだ周知されていません。
今回も、帰宅難民の緊急避難所や被災地避難所での状況などを憂慮して
阪神の障害者団体や各地の女性団体ネットワークが
いち早く支援に立ち上がった話もあり、
現地に行った方も多い参加者の中には長沖さんの話で初めて
ジェンダー視点に気付いたという声もありました。

☆「つながろう日本」、「絆」への違和感⇔震災が露呈した溝・分断・力関係
これは私たちがとても気になることです。
被災者と非被災者、支援者 漁村と都会、田舎と都会、前近代と近代
中央と地方、行政と民間、行政間、民間間、ボランティア間、
女と男、女と母、女と障害者
住人間(被災の違い、仮説と在宅、被災に対する向き合う意識のずれ・・・)

例えばボランティア組織の支援合戦によって本当に必要な作業・仕事ができず
被災者は支援疲れに至るという事態や
がれき処理は費用対効果の面では現地対応がいいと
地元が言っているにもかかわらず
全国展開しようとしているのは“日本は一つ”キャンペーンの狙いだろうし。
(そのために引受に反対する母親たちが自己チュー呼ばわりされる)

※分断を超えるには・・・違いを知ること、違いを認めたうえでつながること

最後に数人ずつ4つのグループに分かれ
「もし自分が支援される立場だったら」をキーワードに話し合いました。
関東に住む私たちも差はあるとはいえ被災しましたが
大多数は深刻な避難生活にまでは至らずにすんでいます。
大量の情報に溺れて、当事者の苦労をもう十分知っているような、
あたかも疑似体験した錯覚に陥ってはいないだろうか
実際に精神的物質的な備えを整えている方もいらっしゃるとは思いますが
自分にとって何が必要かを突き詰めて考えることは
怠け者の私はなかなか恐ろしくてできれば避けたいことで、
最小限、周囲の人に迷惑をかけないように、とか思っちゃいますが
その単純な考え方が、逆に、私より弱い立場に置かれてしまう人を
追い込んだり責めたりすることになりかねないのですよね。

2回目は「放射能といきものたち
~複眼的な視点をもつために~」 です。


2012年

11月27日

(火曜日)

11月の羊毛フェルト教室

寒暖を繰り返すうちにはや今日は11月27日すっかり冬モードです。
ヘルニア以来、最近の気圧の乱高下の著しさに体調激しく左右されるようになって
先週からの1週間は日替わり天気でジェットコースター気分、新鮮でした・・・
全くもって気圧の変化に鈍かった頃が懐かしい日々です。
こうやって加齢に順応していくんだな~とぼんやり
我が身の生物学的年齢を(ようやく)自覚するようになってきました。

1週間あまり書き込みしてなかったので余計な前フリ長くなってしまいました。
今日は月一の羊毛フェルト教室でした。
冬は手元から暖かくなってくる羊毛フェルトが嬉しい季節です。
今日の作品はこんな感じでした。

羊毛フェルト11月

それぞれが作った作品が並ぶと、
もうこれだけでもストーリーが語られているようですね~
残念ながら私は今日参加できずKIMIKAさんから写真データを送ってもらいました。
開いた瞬間、原初の時代の人々の営みの姿として目に飛び込んできました。
静寂の中の親子?と、背後にいるのは
戦いの前の荒ぶる若者のようにも見えるし、
性別を超えた交霊しているシャーマンのようにも見えるし
案外叱られて怒髪天を突く勢いで駄々こねてる年かさの子どもだったりして?
さて、現場ではどんな感想が交わされたのでしょうか。
「ったく適当なこと言ってるな~」という声が・・・

体験してみたいと思われたら一度見学にいらしてみませんか?
場所はアトリエ5、火曜日は歩々人(ぽぽっと)の営業日
★申し込み・問い合わせ:KIMIKA
  携帯  080-3124-5502
  携帯メール iamhere47@t.vodafone.ne.jp
または当ブログのメールフォームからどうぞ。

次の羊毛フェルト教室は12月18日(火)12時半~15時半

2012年

11月18日

(日曜日)

最近の毎日新聞から

11月25日は「女性に対する暴力撤廃国際日」です。11月は各地で「女性に対する暴力をなくす運動」(パープルリボン・プロジェクト)として、さまざまな企画が開催されます。
◆パープルリボンは、女性への暴力根絶を訴えるメッセージのシンボルの一つです。


毎日新聞の朝刊に「発信箱」という記者のコラムがあります。先週はなかなか面白かった。
女性と社会、女性とスポーツ、いろんなハードルが厳然とあるんだよね。。。

発信箱:夫を信じられますか?=小国綾子(夕刊編集部)
毎日新聞 2012年11月13日 01時24分


 「あなたは夫が痴漢容疑で逮捕された時、無実と信じられますか。あなたの妻は信じてくれますか」
という書き出しから始まります。
 「塀の中は一人では闘えない。最大の敵は孤独。最大の味方は家族や人とのつながりだ」

発信箱:王様のドライブ=小倉孝保(欧州総局)
毎日新聞 2012年11月14日 00時19分


 冒頭は
「サウジアラビアでは今も、女性の運転が禁止されている。「男性といかがわしい関係を持つことを防ぐため」など妙な説明がなされているが実は、アブドラ国王はかつて、女性の運転する車に乗ったことが1度ある。運転したのはエリザベス英女王だ」
 「アブドラ国王は昨年、個人的には女性の運転を容認する考えを示した。女王とのドライブが案外、お気に召したのかもしれない」

発信箱:女には分からない?=落合博(論説室)
毎日新聞 2012年11月15日 00時17分


 「~Jリーグのサポーター文化も男性中心で、多くの女性はスタジアムの端っこに追いやられている。Jリーグの観戦者調査では4割近くを女性が占めているにもかかわらず、「女にはサッカーが分からない」という空気を感じることがしばしばあるそうだ」
 
「お笑い(漫才)の世界では女性よりも男性のファンが多いコンビが本物だと言われる。~「女には分からない」はサッカーと同じ枠組みだ」

「序列化はビジュアル系バンドの世界にも及ぶ。男性メンバーの外見にひかれてファンになった女性は「顔ファン」と呼ばれ、仲間うち(主に女性)では低くみられている。音楽性の良しあしも分からないくせにと」


同じ週の夕刊にはこんなコラム記事もあってリンクしていました。

スポーツを考える:東園子・大阪大大学院助教(文化社会学)
毎日新聞 2012年11月17日 東京夕刊
 ◇男性優位、ファン文化
 ~ サッカーファンの間にはヒエラルキー(階層制)が存在する。

~ 最近のW杯などをきっかけに日本代表に興味を持ったファンを「にわか」と呼んで見下す一方で、自分たちは同じクラブを何年も応援しているんだというプライドを持っている人が結構いるようだ。

 ~ 女性サポーターに対しては、イケメン目当てだろうとか、女にはサッカーは分からないだろうという男性サポーターのまなざしを感じることがある。

~ 一部のサポーターからは選手への敬意があまり感じられない。試合に負けると選手に罵声を浴びせることがしばしばある。選手はクラブの勝利のために奉仕する存在に過ぎないのかもしれない。

~ゴール裏系のサポーターには、~自分たちの応援スタイルこそがあるべき、唯一正しい観戦の仕方だと思い、他の観客に押しつけてくるような空気がある。同調圧力を感じて居づらい。


野球場には何度も行っているが、こんな雰囲気は感じたことがないので
(例によって鈍感なだけか)、一度行ってみたいと思っているサッカーのスタジアムも
躊躇してしまうな・・・

2012年

11月15日

(木曜日)

記憶

先月、高校時代の部活仲間4人で集まった折、
私以外の3人が、私を含めて一緒に旅したと言うではありませんか。
私には全くその旅の記憶がなく。。。
メンバーのひとりが自宅にその折の写真があるというので
確認してもらうことになり
後日送られてきたメールに添付された写真には私は写っておらずホッとしました。
もし写っていたら、昔の記憶が鮮明とされる認知症より始末が悪いからな~

今日放映されたクローズアップ現代で、
長寿の象徴「きんさん・ぎんさん」の
ぎんさんの娘4人(89〜98歳))をクローズアップ

毎日集まっている4人は、丸い卓袱台を囲んでおしゃべりする中で
記憶の確認を互いにできることにより
脳内血流が活性化し、脳の老化を防いでいるらしい。
姉妹最年長の年子さんの、初対面の人との会話時、妹さんひとりとの会話時、
4人揃っての会話時、それぞれの脳内血流を測定すると
自ずから判るように、4人揃ってのユーモラスな会話時に
皆に負けず参加しようとする前向きな意気込みが一層増して血流が濃くなっている。
実験後「いままでしたことがないことをできるのは長生きしたおかげ」
てなことを語る好奇心旺盛な気力は見ていて嬉しい。
女性の方が長寿な要因には“おしゃべり”、
特に忌憚のない関係の中で日々おしゃべりすることは
やはり重要なファクターですな~

特段長生きしたいとは今のところ全く思っていないけれど
「毎日がアルツハイマー」など読んでいる最中なので
自分のこれからにしばし思いを馳せた夜。

mainichigaarutsu-main.jpg

長編動画「毎日がアルツハイマー」を見損なっておりますが
全国各地で自主上映されています、その内千葉劇場でもやってほしい(期待)
監督関口祐加さんは、最近は介護関係シンポジウム等での講演が多いようで
毎日新聞主催のシンポジウムでも公演しています。

「最近の母の不安は家族の顔が分からなくなることです。母のジョークですが、
朝私に会うと「おはよう」の前に「どなたさん」と聞く。
私は家族の顔など忘れていいという気持ちで「隣のおばさん」と返します。
めいっ子は「レディ・ガガです」と答え、
逆に「「どなたさん」と聞くと「レディ・ババ」と母が返す。~」

と語っています。
私はレディには遠いしババにもなれそうもないが、
生きながらえたなら、自称悶ババで行きますかな・・・

2012年

11月15日

(木曜日)

12月のイベント

12月は千葉市男女共同参画センターまつりの他、
行ってみたいイベントがいろいろあります。

港区立男女平等参画センターリーブラの講座
イラク専門家としての信頼度が高い
酒井啓子さんの講座「酒井啓子さんと作る/食べるイラク料理」や、

kouza_20121201thumb.gif

当ブログ一押しの
ふらっとリーブラ12月「しゃべり場 私の大切なマンガ あなたの大切なマンガ」
開催されます。

2kouza_20121201thumb

港区ヒューマンサービスセンターではフェアなクリスマスギフト展が開催されます。
fairxmas2012.jpg
個人的にヤモリ好きなので今年こそヤモリストラップ購入するぞ!

2012年

11月15日

(木曜日)

千葉市男女共同参画センターまつり

千葉市在住の皆さまは今日の市報ご覧になったことと思います。
千葉市男女共同参画センターまつりも広報されています。
SpaceF・わひねも参加します。

☆ガールズトーク☆映像メディアとジェンダー 
メディアに振り回されない“女子力”アップ!

ネットやTVにあふれる動画や写真
映像の歴史について資料を紹介しながら
撮る・撮られる、取材する・される関係を
ジェンダーの視点でながめてみると...

日時:12月8日13:30~17:30
プログラム
前半13:30~15:45 映像メディアとジェンダー
後半16:00~17:30 ビデオ上映とおしゃべり
ゲスト:深澤純子さん(ヒューマンサービスセンター事務局長女の空間NPO理事)
定員:女性20名(当日先着順)
参加費:無料
共催:シネマでつながる会、SpaceF・わひね、華の会、maymay企画

特にマスメディアではジェンダー視点が
まだまだおろそかにされているシーンが散見されます。
視点を変えると見えてくるものや無意識に受容していることなど
深澤さんが紐解いてくれます。
ご参加お待ちしています~

2012年

11月09日

(金曜日)

希望の国2

cm さま
ぜひ見てください。話し合えるのが楽しみだ~
「希望の国」はいろんな人がいろんな角度から見ることができる映画という意味でも
一見の価値があると思います。
「福島以外で言葉や理屈だけで原発を分かったつもりになっている人」
である私と同じ状況の多くの日本人の多くの人に見て欲しいです。
入念な聞き取りを基に再現されているという
避難勧告が出てからの人々の混乱困惑や、
他の被災地とは違う避難所での人々の状況を、
報道とは違う生な感情を追体験できるという
(不遜な言い方ですが)“建前”も抑えつつ、
土地や家族にこだわりを持たない私のような
都市生活者の驕りや傲慢さと向き合いつつ
なお、「何故こだわるのか」という疑問を増幅させたり。
いろんな場で話合いを広げる人が増えるきっかけになることで
違和感を持つことも不謹慎と言下に否定せずに
膠着せずに、考えていけたらと。

“フクシマ”と象徴化・抽象化されることにも違和感があります。
福島で生活している生身の人々をないがしろにしている気がするからだろうか。

3・11以後の日本で喧伝されてきた“絆”や“家族”に違和感を持つことに
引け目を感じさせてきた空気に異議申す者は
ある程度存在するとはいえやはり少数派で
一人で生きていく人は相変わらず肩身が狭い。
大多数に囲い込まれることに異を唱えることの難しさは
この映画でも描かれていますが、
親フェミだけど真フェミにはなれない私ながら、
この映画の“つながり”とは違うつながりを模索したいです。

三浦しをんが「本屋さんで待ちあわせ」で取り上げていた
伏見憲明の限界団地を舞台にした「団地の女学生」で描かれた
家族単位、夫婦単位、恋人単位、親子単位という
「血縁や婚姻によってではないつながり、
記憶や経験を通して、それを物語ることを通して、他者や過去や未来と
連綿とつながっていく」ことに可能性のヒントをもらいました。

ああ、酔いにまかせて書いており、明日また後悔するんだな、きっと・・・

2012年

11月07日

(水曜日)

希望の国

希望の国をやはり見ておかねば何も言えないだろなと見てきた。

う~ん
やはり違和感が残る。
園子温監督の意気はストレートに伝わっては来るが・・・
フィクションとしてもっと違う形があったんじゃなかろか、と
言うは易いけれど。

避難区域20kmのラインが家の庭を2分してしまった小野家と
道を隔てて避難区域に入った向かいの鈴木家。
全てが理不尽な中で翻弄される鈴木家の家族の方に私は思いが及ぶ。
でんでん演ずる鈴木家の父親は半ば諦観しながらもどこか生々しい。

夏八木勲演ずる小野は昭和の父親像を体現して立派すぎる理想の姿。
ラストで認知症の妻を「愛してる」とかき抱き熱き“接吻”する。
いくら架空の場所時代設定とは言え、いくら切羽詰った極限とはいえ
年重ね昭和を生きた酪農家がこんな風にロマンチックな言葉を口にするだろうか?
そこまで追い詰められた人間のサガを描いたといわれれば
そうなんだろうと言うしかないが、興ざめしてしまったのは私だけか?

この映画の意義は大きいことは承知しているけれど。。。
急ぐあまりのストレートさに、フィクションで描く限界を感じるのは
園監督に
「福島以外で暮らす人や、言葉や理屈だけで原発を分かったつもりになっている人に、福島であの日何があったのかを追体験してほしいと思った。自分の庭が原発の半径20キロ圏の内と外に分断されることが、家族がバラバラに引き裂かれることが、どういうことなのかを。分かるのと感じるのとは違うから」
と言われる無自覚な人間だからだろう。

私が印象に残ったのは、
鈴木家の息子が、津波で家族を流された恋人と
津波跡を「一歩、一歩、一歩・・・」と数えながら歩くシーン。
先が見えない中で、自分が確実と思えるものを一つずつ数えていくこと。



2012年

11月07日

(水曜日)

崎山比早子さん講演

以前記載した崎山比早子さんの講演が千葉であります。

「平和を願う市民のつどい 2012 in ちば」
http://protectchildren311.blog.fc2.com/blog-entry-450.html
http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-11387628196.html

平和を願う市民のつどい2012 in ちば

日 時 : 11月10日(土) 1:30~ 4:30 (1時開場)
場 所 : 千葉市生涯学習センター・ホール
千葉市生涯学習センター|交通アクセス(地図)
http://www.chiba-gakushu.jp/know/know_04.html
参 加 費 : 資料代 500 円
保育あり:  無料・要申し込み(子どもさんの名前・年齢)締め切り10月31日

— 子どもたちの未来のために—
原発事故後をどう生き抜くか
福島の現実に向き合いながら、脱原発社会へ向けて、
私たちにできることを考えましょう。

●歌と紙芝居のコラボ&トーク 佐藤努さん(福島から来た歌う介護士)+ ?
●基調講演 『福島原発事故』後~低線量被ばくのリスクを中心として~
 崎山比早子さん(元国会事故調査委員)
●パネルディスカッション
 相沢一正さん(東海村村議会議員)
 長谷川弘美さん(しらベル共同代表)
 崎山比早子さん
コーディネーター  福武公子さん(もんじゅ訴訟弁護団)

●同時開催:パネル展示
「ヒロシマ・ナガサキ 原爆と人間」(ホールロビー)

主催 平和を願う市民のつどい実行委員会
連絡先 : 稲毛区轟町2-8-2-609 舘正彦 090-3317-6410
メール : heiwa20111015@yahoo.co.jp
後援 :千葉市・千葉市教育委員会

参加・保育の申し込みは TEL/FAX043-262-9534(市川),090-9304-1030(鎌倉),090-8340-7014(岩佐)まで


ご都合のつく方はぜひ。
ちなみにこの情報、千葉劇場で「希望の国」鑑賞後に
観客の方(たぶん)からいただきました。
毎回配布なさっているのだろうか、たまたまなのか?
見終わって頭が整理できない状態でこのチラシを渡され
余韻が妨げられちょっとムッとしたものの、
帰宅してあらためて見直したら崎山さんの名前を発見。
ムッとして申し訳なかったっス。

heiwa.jpg


2012年

11月07日

(水曜日)

アルゴ

ベン・アフレック監督主演の「アルゴ」

Affleck Argo Poster       アルゴ

ハリウッド俳優が、アメリカの恥部と言える過去のCIAやFBIの
裏工作や画策を暴く映画は枚挙にいとまないほど数多くあります。
ベン・アフレックもハリウッド俳優の中ではジョージ・クルーニーと並んで
エンタテイメントと硬派のバランスをとっているんでしょうか。

サスペンス映画としてもそこそこのレベル。
わたし的には本ストーリーをサポートする脇役の
アラン・アーキン、ジョン・グッドマンがいい味です。

実話をもとにしているだけに緊迫感と臨場感があります。
当時の日本では一般的なイラン状況としてはホメイニ師だけがクローズアップされて
アメリカ大使館関連のニュースはほとんどニュース性がなかったような。
(私の関心が行き届かなかっただけか)

この映画を通して愚推する限り、この脱出作戦を下支えしたのは
カナダ大使私邸のイラン人家政婦さんだよ!
映画のエンドロールに実際の人物写真が紹介されるけれど
彼女の消息は出てこない、そこがハリウッド映画の限界か~

2012年

11月06日

(火曜日)

気になる美術館

全国津々浦々にある美術館の中で気になりながら行っていない関東の美術館
今日BS日テレぶらぶら美術・博物館で放映された笠間日動美術館
今年開館40周年だそうな。
本家?の銀座日動画廊は入りづらいですが美術館には行ってみたいとかねがね思っていたので
この番組でハードルが下がりました。
副館長の長谷川智恵子さんに興味湧きますな~。

もう一箇所はワタリウム美術館
現代アート好きには引っかかりつつ未だ未見。
今日の毎日新聞読書日和で紹介された「夢みる美術館計画ワタリウム美術館の仕事」

ワタリウム

館長の和多利志津子さんのジャンルを超えた世界観を知るためにも行かねば。

H子さまや、来年行こうね!

2012年

11月04日

(日曜日)

親子って・・・

二兎社公演「こんばんは、父さん」観ました。

">こんばんは

観劇後の感想は・・・
子どもを思い通りに育てたかった親、
自分が主役でいたい、少なくとも家族の注目は引いていたいと願う
そんな親に辟易しながらも
縁を切って捨てきれない子ども?
親への葛藤を諦めなされと宣託されたような。。。
我が身を振り返れば親との軋轢は数々あれど、もはや二親逝き
今や愚息共にそのように思われているのだな、きっと。

生活の糧を失った時に生き延びる意欲を見い出せるか
みすぼらしく思う自分を受け入れて天寿をまっとうできるか
悩む人には悩みは果てしなく、悩まぬ者にはそこそこな人生か
などとしばし思いを馳せるポーズをとりながら目先の酒に酔いしれる。。。

HOME