SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2010年

12月31日

(金曜日)

桑田佳祐復活と第9回わひね映画館って・・・強引か?

いよいよ年の瀬も押し詰まりました。

全国的に荒れている天気ですが関東南部だけはエアポケットのように穏やかな日和でした。
おかげで自宅の掃除やお節の準備(思い切り手抜き^^;)も意外に早く終わり
後は桑田佳祐の復活を待つばかり(TV見て無いけど)
桑田サザンには随分入れあげ、また情緒的にかなり救ってもらいました~
忌野清志郎亡き後日本人で常にオルタナティブにロックンロールできるのは彼しかいない・・・と勝手に思っておりやすが。
なのに復活ステージがなぜNHK?なにかやらかしてくれること期待しつつ。
(そうはいかのなんとやら、だろうな~)

なにかやらかしてくれそうなのがこちら、
第9回わひね映画館は小学校5年生から自主映画(っぽい)を撮り始めたという
佐藤諭さんの初期短編特集です。はてさてどのような展開になるのやら
ドキドキわくわくです。
わひね映画館
なにがなんでも映像を撮りたい、その一念が他の人に通用するかどうか、
どこまで人を引きつけることができるかいざ勝負!
まだ半分しか試写していないわひね管理人も勝負挑まれています・・・
日時:2011年2月20日(日) 午後3時開映です。
参加費500円(飲食は各自ご負担ください)

2010年

12月30日

(木曜日)

今年もあとわずか・・・

29日の午後3時で2010年の営業を終了いたしました。
今年もご来店ありがとうございました。
おなじみの方が増え、新しい出会いもたくさんありました。
おかげで、もう少しわひねを続けていけそうです。

昨日、今年亡くなったつかこうへい特集を録画したものをようやく見ました。
http://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20110102-21-05702
彼の演出する舞台に立って、“役者として生まれ変わった”タレントがたくさんいます。

後年、地方発信の舞台を作ることに力を注いでいた彼が、大分では素人から団員を募集して舞台を作り、代表作「熱海殺人事件」の大分版「売春捜査官」では初めて女性刑事が主演し、そしてその舞台は彼自身の出自と向き合う挑戦でもあったと知りました。彼の舞台を時折しか見ておらず熱心な観客とは全くいえませんが、この舞台見たかった!
「芸能人二世を使った舞台なんかだめだ」というようなことも言ってたようです。
そんな舞台や、芝居小屋では大いに笑い一歩出たらすぐに忘れてしまうような芝居を見たがっている私など芝居好きと言うのもはばかられますが、魂を揺さぶられるつかこうへいの舞台をもう見られないのはいまさらながら残念です。

年末年始、各地天候が荒れ模様のようですが
来年が皆様にとってよい年でありますように。

2010年

12月24日

(金曜日)

わひね映画館つながりあれこれ

北日本や日本海側、九州まで雪予報が出ているようです。
千葉はピーカン晴れています。

昨日は全休でしたが、カラダが“休みモード”になると重い。。。
が、とにかくやっつけなければいけないことを済ませに街へ出ると
不景気とはいえ駅前のデパート地下は賑わっておりました。
あちこちのケーキ屋や洋風総菜屋には人だかり。
我が家はクリスマスイベントとは無縁だし
生来の天邪鬼ゆえ、いくら評判が良くても並ぶのはダメな性分ですから
そそくさと出てもう一つのデパートへ。あら、こちらは対照的に閑散。
(大丈夫か~ここがつぶれたら安くて質がいい酒と野菜の入手困難になる(+_+)
・・・ってデパートとしてそれもどうかと思うが)

途中通りかかった宝くじ売り場も長蛇の列。
はぁ、苦しいときの宝くじ頼み・・・買った方がいいか?

とりあえず日頃の憂さを忘れるためにクリスマス必要なんでしょうか。特に某ネズミ王国(帝国?)などでは夢心地をこれでもか~というほど味わえるのでしょうね~
(夢の無いわたしにはついていけませんが)

前置きが長すぎました
以前ご紹介した「ちば映画祭」
http://chibaeigasai.blog92.fc2.com/ 
2010-10-29-09-23-19-00001.jpg

26日4時半から「わひね映画館」コーディネーターの石毛さんの作品が上映され
トークもあります。
苦労しながら自主制作を続ける若い監督たちとのやりとりは
“こだわり”の熱さに接することができて面白いです。
メジャーの映画もいいですが、こんな映画祭にも参加してみませんか?

そして以前「わひね映画館」でも上映して人気が高かった「ダークシステム」の
公式サイトができたとのこと。↓
http://darksystem.seesaa.net/article/162142640.html
5月に池袋で公開されるそうです。

わひね映画館も2月実施に向けて準備中と聞いています。
(第8回でコメンティターとして来場してくれた佐野さんが絶賛の作品もあるそうです)
冬は室内でいろんなジャンルの映画を楽しみましょう!

シネマックス千葉は1月14日で閉館と決まったようですが系列の千葉劇場は続行とのこと。
単館系好きな映画ファンには朗報ですね。
「人生万歳!」
「酔いがさめたら、家に帰ろう」 観たいです!

2010年

12月22日

(水曜日)

冬の夜長に・・・

わひねスタッフみっちさんのお薦めコミックにはまっています。
冬の夜長の友はこれ「百鬼夜行抄」41IfhOXxVoL__SL500_AA300_.jpg

ひと際そちら方面のアンテナが何本もある沢月さんは、夜に読むと眠れなくなるそうですが、霊感、予知能力、霊能力にまったく縁の無いわたしは夜中でもガンガン読めます。
主人公の飯嶋律は否応なく魑魅魍魎を惹きつけてしまう不運な性分ながら
その生き方が、少年誌に登場する霊能者と全く違うのがよろしいです。
彼を“若”と呼んで従う“勝手に従者”の酒好き妖怪鳥の尾白と尾黒がわたしのお気に入りです。
律の従姉妹を“姫”と慕い、彼女の姿を見るや酒肴を調達し
「舞いまする!」と余興を始める・・・この二人、否、二羽にぞっこんです。
昼は妖力無い鳥なれど夜になれば鴉天狗のようないでたちに変身。
51eK2HdQdWL__SL160_.jpg 

ともすれば人間を喰らうことが好きな妖怪なれど、決め事には従う彼ら。
成仏できぬ彼らと俗世のあれこれのねじれを思うとしみじみします、
が、すべてお見通しとはいかぬのが現世の人間たちでございますのでいかんともしがたく。。。

2010年

12月20日

(月曜日)

「わたしの」ニキ上映会報告

千葉市女性センターまつりでの企画の報告です。
おそくなりましたm(__)m

12月11日(土)の午後3時でわひねを早じまいし
千葉寺の女性センターでの「わたしのニキ」上映会の準備に入りました。
当日は風が冷たく寒くなってきて、どれだけの方が参加してくださるか、
スタッフだけかも・・・という懸念や控えめなヨミがはずれ、用意した配布物が
足りなくなるほどの来場者でした\(^o^)/
いらしてくださった方の半数以上の方がニキについて関心が高くそれも嬉しいことでした。
今回の上映会は「シネマでつながる会」「華の会」「maymay企画」「Space:F」の
共催です。
DSCN1851s.jpg

「シネマでつながる会」が千葉市女性センター市民企画講座で企画運営した
「見る 聞く 感じる☆アートでコミュニケーション」講座とも連携して
女性とアートの視点で繋がっています。
詳細は「シネマでつながる会」に掲載されていますのでじっくりご覧ください。
http://tsunagarucinema.blog71.fc2.com/blog-entry-135.html

2010年

12月15日

(水曜日)

Q10とSPEC

いつもはほとんどTVドラマは見ないですが今期は楽しみが2つ。
その1個木皿泉さんのシナリオに期待して見たQ10
スタッフ日記で木皿泉さんのシナリオ制作が四苦八苦のようで心配してましたが先週最終回でした。
ようやく昨日録画を見ました。

「血が繋がっていようといまいと共に暮らすのが“家族という名の共同体”かも」
っていうことが木皿泉イズムかな~とわたしは勝手に理解していましたが。
そこが好きな理由かもしれない、あえて言うなら手放しの“家族礼賛”でなくカップル幻想でもなく、どんな単位でもいい変幻自在、“個”単位でも、共に暮らしたら案外楽しいぞ・・・

今回のドラマでの暮らしぶりが、これまでの木皿ドラマでの人と人との距離感より
近くなってきたと感じたのは木皿さんの願望なのか?
最後が予想の展開でちょっと残念、木皿さん大丈夫だったのか?
予定調和になるならそれなりにかなり力技を求めたいところでしたが・・・

深井平太役の佐藤健に惚れ、初め違和感があったQ10の話し方にも意外にはまりました、カナ?
後半は他のクラスメイトたちの方に肩入れしちまいましたね~。
他のドラマをほとんど見ていないのでキャスティングされた若者たちがどんな役者なのか全く知りませんが、河合さんと景山君、山本さんと久保君の台詞がよかったな~
一人でドラマのテンションあげてくれた中尾くん!気に入りました。

わが年齢のせいか、どちらかといえば大人たちの方に注目して見てました。
が、木皿シナリオの屈折度が今回は小さくてわかり易過ぎた感あるようにも。
楽しみだった担任小川センセーや柳キョージュのからみのシーンはそれなりに面白かったですが、小川センセー母や校長センセー、平太のチチに人生観(ドラマの意図?)を語らせちゃってるしな~
このドラマは、
今の高校生たちにオトナからのメッセージとしたいんだってことなのかもしれないが
木皿さんの壮大な意図はどこまで伝わるだろうか。。。。
ってか、そんな風にわかりやすく伝える人だったっけ?

ああ、今週もう一つのマイブーム「スペック」が終わってしまいます。
ドキドキこれは期待を裏切らないで欲しいと願う!
戸田恵梨香がいいっす。
先日映画化された「SP」の話がわひねで盛り上がりました。ドラマのほうがズェッタイ良かったと。
(わたしには冒頭の岡田君のひたすら追うシーンだけが収穫だった。SPファンとしては革命編もみてしまうでしょうが)
スペックは映画化しないで欲しいものです。

余談 「一」と書いて「ニノマエ」と読ませるのか~とシリーズ途中までしばらくわからなかったのが情け無い・・・

2010年

12月12日

(日曜日)

羊毛フェルトで来年の干支『うさぎ』を作りませんか?

クリスマス
        羊毛フェルトの世界もクリスマスっぽく演出中

おはようございます。羊毛フェルト作家の沢月芸生香(さわつききみか)です。
羊毛フェルトギャラリーが新しくクリスマスヴァージョンになりました。
新しいお仲間、わかりますか?中央でにんじんを食べている『うさぎ』です。

さて、来年の干支は『うさぎ』ですね。干支のものを身につけたり、部屋に飾っておいたりすると縁起がいいそうです。知ってましたか?厄払いや魔除けにもなったり...。
来年こそ、いい年になりますように、と願いながら一緒に『干支うさぎ』を作りませんか?

日程 : ①毎週月曜日10時から1時まで(12月20日(月)は11時から2時まで) ②毎週土曜日10時から1時まで 
内容 : 初心者の方は入門コースを1回受けていただいてから、来年の干支「うさぎ」(写真参照)を作ります。経験者の方には、「リス」やモールを使ったフクロウ、ペガサス、人物など、ステップアップコースがあります。
授業料: 1,500円(ワンドリンク付)
材料費:  500円(フェルティングニードル専用針200円)
場所 : ブックカフェわひね

申し込みは、1回ごとで大丈夫です。前日までに沢月までお願いします。
メール iamhere47@t.vodafone.ne.jp /電話 080-3124-5502 


うさぎ

りす

2010年

12月11日

(土曜日)

クリスマスカード・年賀状・カレンダー

おそくなりましたが、
わひねでお預かりしている「木のまエコー」さんや「studio 46」さん
「まあるい広場」さんのクリスマスカード・年賀状・カレンダーが揃いましたので
ご紹介します。

studio 46 さんの作品は、メルヘンタッチでほんわかしてくるようです。
カード100円から 
カード 007  カード 008   カード 006

カード 005      カード 004 

木のまエコーさんの紙漉き作品は自然の香りがする優しい味わいです。
クリスマスカード200円から ポチ袋は80円
カード 003    カード 002   カード 001

まあるい広場さんのカレンダーもさらに自然素材。1500円です。
一枚一枚手書き文字、手描き絵です。色の味わいが二つとない味です!
まあるい広場カレンダー 001 まあるい広場カレンダー 002 まあるい広場カレンダー 003 まあるい広場カレンダー 004

2010年

12月11日

(土曜日)

マヤの森ツアーのご案内

続けてお知らせです。

わひねでも好評のマヤナッツをフェアトレードしているマヤナッツプロジェクトの大田さんからステキなお便りをいただきました。

マヤの森、遺跡、マヤナッツの生産者、マヤ先住民の村々を訪ねる20年来グアテマラを愛してやまない大田美保がコーディネートしたスペシャルなツアーです。
今回はセマナサンタ(キリストの復活祭)のお祭りもみれます。


http://mayanut.exblog.jp/14550285/

↑詳しくはこちらをご覧ください。
以前大田さんをわひね茶話会にお招きしてスライドトークを開いた際に
グアテマラやマヤに関心をもたれた方も多かったですから
この機会にいかがでしょうか。他では体験できない旅ができると思います。

2010年

12月11日

(土曜日)

トレインチケットホルダー

KAFTI の活動を続けている森田さんから新商品が届きました。

森田さんからのメッセージです

トレインチケットホルダーです。
(縦9.5cm×横7cm) 600円
SUICA や PASMO が入る丁度の大きさ(裏側ジッパーつき)。
表には切符やお買い物メモの入るポケットと、ティボリの手作り真鍮鈴つき。
首から提げたり、バッグの手にくくりつけてもいいように、紐がついてます。
あちこちで「すごく便利」とご好評をいただいてる新製品。
色柄はすべて変えてますので、どれが届くかはお楽しみ。
(表のポケットは、ハギレ利用のため、深さが多少違います)


ティナラクチケットケース 001 今回10種類お預かりしました。柄は早い者勝ちです!
  
 ティナラクチケットケース 002  ティナラクチケットケース 003
ポケットが深くないので電車のチケットが行方不明にならないのが助かる!
裏は全て黒でファスナーがついていますから小銭入れにもなります。
子どもさんの定期入れとして使ったり、通院されてる方は診察券入れにいいかも。

ティナラク織の製品は、本来の用途以外に、いろいろとアイデアを触発してくれるようで、お求めになる方楽しそうに選んでくれます。
ひとつひとつ森田さんの厳しいチェックを経て届く製品です。
値段も、手作りとしては申し訳ないくらいお手ごろ価格です。
年の瀬や年賀の挨拶、クリスマスプレゼントに添えると、メインのものより
喜ばれるかも!

2010年

12月10日

(金曜日)

アーティスティックセラピー作品展示のご案内

センター展示
        千葉市女性センターまつり展示会場にて撮影

こんばんは、アーティスティックセラピストの沢月芸生香(さわつききみか)です。このところ羊毛フェルト教室の案内に熱心になり、本業の案内がおろそかになっていました。

実は、先月(11月5日・12日・19日)、千葉市女性センターで講座『見る聞く感じる☆アートでコミュニケーション』が開催され、私はこの内の2回目と3回目の講師を担当しました。(アーティスティックセラピーブログ→http://blogs.yahoo.co.jp/lifeforce48/folder/1425075.html

このときのアートワークショップで出来上がった作品が、明日から始まる『女性センターまつり(12月11日・12日)』で見られます。(千葉市女性センターHP→ http://www.chp.or.jp/chiba_women/index.html

展示作品は、講座に参加された個人の作品23点と共同作品1点です。共同作品は縦77センチ×横660センチという超ビッグな出来栄えとなっています。

そして、共同作品の方は『女性センターまつり』終了後も、交流コーナーの壁面を飾っていただけるとのこと。
ぜひ、この機会に実物をご覧になってみてください。

なお、講座の詳細は、企画運営をしてくれた「シネマでつながる会」のブログでもご覧になれます↓
http://tsunagarucinema.blog71.fc2.com/blog-entry-131.html
http://tsunagarucinema.blog71.fc2.com/blog-entry-132.html

2010年

12月07日

(火曜日)

羊毛フェルト教室 続報

DSCN1783.jpg
    まだ制作途中なのに、ちゃっかり「白竜」と命名してお目見えです!

おはようございます。羊毛フェルト作家の沢月芸生香(さわつききみか)です。
わたしのニュージーランド滞在スケジュール変更により、12月も羊毛フェルト教室を開催できることになりましたので、ご案内をさせていただきます。

日程 : ①毎週月曜日10時から1時まで ②毎週土曜日10時から1時まで 
内容 : 初心者の方は入門コースを1回受けていただいてから、来年の干支「うさぎ」(写真参照)を作ります。経験者の方には、「リス」やモールを使ったフクロウ、ペガサス、人物など、ステップアップコースがあります。
授業料: 1,500円(ワンドリンク付)
材料費:  500円(フェルティングニードル専用針200円)
場所 : ブックカフェわひね

申し込みは、1回ごとで大丈夫です。前日までに沢月までお願いします。
メール iamhere47@t.vodafone.ne.jp /電話 080-3124-5502 

DSCN1790.jpg

2010年

12月05日

(日曜日)

ようやく・・・

前職を退職して2年半、無収入になって被扶養家族となり、
自分の保険証がないことが不便だな~と思ってました。
今期から同居人の職場の保険証がカードになり個々に交付され
ようやく自分自身の保険証をもててちょっと気分がいいです。
あちこちカラダにガタは来ていますが、今のところ幸い医者知らずですんでるものの
(医者嫌いと痛みに鈍感なせいでもある^^;)
家族の通院記録を自分が通院する医療機関に見せることになるのは
どうなんだろと思ってましたから。
ま~どんな個人情報も結局管理されているし洩れることが前提でしょうけど~

世間ではどの程度カード化されているんでしょうか?
社会保険・共済組合・国民健康保険証もさまざまなんでしょうか~。
個人カードになって、以前にはなかった項目が新しく記されてます。
臓器移植の意思を表すようになっていて、自筆のサインと、同意者のサインも必要。
臓器移植カードがなかなか浸透しないからこんな形でセットになったのか?
カードの枚数削減にはよいが(-_-;)
幸い無期限の意思表示じゃないので次の保険証交付の時に変更可能です。

2010年

12月02日

(木曜日)

愛想なしの言い訳?

わひねスタッフのモットー?は“愛想なし”?!

来店してくださった方に「こんにちわ、いらっしゃいませ」と声をおかけしますが
ご注文の品を出してからは、なるべくお客様に干渉しないように心がけています。
・・・
わひねスタッフも一応イイオトナなれどお察しの通り人見知りが揃っていて
商売に必須の愛想、愛嬌の大切さはわかっているつもりですが
自分たちが客の立場の時どちらかといえばほっといてほしい方なので・・・と言い訳。

長い言い訳?から始めて、何を書きたかったか忘れてしまうところでした^_^;
christmas_tree_gifts-150x220.jpg
12月になりましたね~、巷ではクリスマスイルミネーションが始まりました
わひねでは・・・あえて(強調)特に変わりなく、平常と変わらず静かに過ごせます(^^ゞ
(めんどうなだけじゃんとお察しの方もありましょうか)
こそっとそれっぽいものを目立たぬよう置いてあります。
(見つけた方は一人ほくそ笑んでくださいな)

冬のライトアップ画像の中で見つけたのはこちら slide19.jpg
京都タワーがパープルにライトアップされています。
パープルリボンをご存知でしょうか。わひね的にはこちらの情報を↓
http://www1.plala.or.jp/AWCenter/ribbon.html
11月25日は女性に対する暴力廃絶のための国際デー
この日はいろんな人にとって意味がある日なんですね~
わたしの周りでも、ある人にとっては結婚記念日(この日を選んだ確信犯?)、
また大切な人の命日でもあります。
(40年前の三島由紀夫の事件も毎年読み解かれてますがこれはまた別)

12月1日、昔は「映画の日」としてわたしには大切な日でした、
最近はもっぱらこちらの方が目立ってますね。→http://www.actagainstaids.com/
わたしもちょいとした記念日で友達が贈ってくれたうんまいつまみで一杯やりました。
最近は家呑み?家飲みが流行りと聞きますが、我が家ももっぱらこれ。
酒飲みとして尊敬する?友人は常々“楽しく飲まねば酒の神様の罰が当たる”と言ってます。酒好きな諸姉諸兄、楽しく和やかな酒を召されますよう。
(って、朝っぱらからこの話題?!)

HOME