SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2010年

10月31日

(日曜日)

この秋行ってみたい!

昨日は台風接近で雨が一日中降っていました。
10月末で台風とは・・・今年の冬は厳冬だとの予想もあるようだし
予測不能の天候で、紅葉見物もままならないようです。

屋外の行楽が難しい時はこんなところへ出かけるのも一興かと。

やなぎみわプロデュースによるカフェ企画
「カフェ・ロッテンマイヤー」

週末だけかと思ったら23日(祝日)もやってますね(行けるかも!)
やなぎみわといえば昨年「マイ・グランドマザーズ」という写真展がありました。
090307-090510_omote.jpg

その時のプレスリリースはこちら↓
http://www.rekibun.or.jp/press/pdf/090205_2press.pdf#search='マイ・グランドマザーズ'
今回のカフェ・ロッテンマイヤープロジェクトは
おばあちゃんメイドが大活躍?!
はてさて・・・

ちなみにこの企画は「フェスティバル/トーキョー」の一連のプログラムの一つ
行かれた方は感想を聞かせてくださいな。

東京都写真美術館の「ラヴズ・ボディ-生と性を巡る表現」
Love's body art in the age of AIDS


東京都現代美術館の
「東京アートミーティング トランスフォーメーション 生きることは変わること」


imgl.jpg

も、“日常生活を忘れて鑑賞する芸術”ではなくて
日常生活を生きる視点からほんの少しだけずらしたところに見えてくる、
いろんなものがざわついている私たちの世界を体感できるような気がします。

非日常のものではなくて、見えていない(見ようとしない)現実を突きつけて、
わたしの鈍くさい感覚を揺さぶってくれるアートというヤツに出会うことができたら
反芻して楽しんで日々の糧とするお気楽ミーハーな根性では
制作者に失礼だろうなと思いつつ。。。




2010年

10月27日

(水曜日)

わひねこカレンダー

2011年度わひねカレンダーを制作しました!
その名も“わひねこカレンダー”(^^♪

沢月さんをチーフとするカレンダー制作委員会プロジェクトの作成です。
昨年度わひねカレンダーより猫カレンダーの方が売れ行きがよくて
せこいわひね管理人の目論見により^^;、次年度企画は1本に絞って
猫主体のカレンダーでの販売にしようということになりまして。

カレンダー

良い出来具合ですよ~
(自信満々ですが、ほんとに内職モードの手作りなので
出来具合に微妙に差がありますことをご了承くださいますれば多謝^_^;)
部数限定ですのでもしご希望の方があれば予約受け付けます。
電話もしくはメールにてお申込みください。
定価500円です。
わひね店内に見本をおいておりますので手にとってお確かめください。

電話:043(377)6767
mail:space_for_women@yahoo.co.jp


2010年

10月27日

(水曜日)

第8回わひね映画館続報

第8回チラシ表
http://www.youtube.com/watch?v=5f82afiEOJ4
わひね映画館のコーディネーターいしげさんから
今回の上映作品などについての情報が寄せられましたので
ご紹介します!
『わひね映画館では、
 まだ大人になれない監督たちが作った
   まだ見ぬ自主映画たちを上映いたします。』
 
このコミュニティは
「カフェわひね」を一時的に「映画館」という空間に作りかえ、
上映会をとおして「映画」と「観客」と「作り手」をつなぐ
ちょっとした、娯楽の場を提供してます。

こんどの上映会は???
“今回から、ライターさんによる、おまけ雑感もあるよ。”

第8回わひね映画館  日時:2010年11月6日(土)
開場→14:30
開映→15:00
入場料:500円(ご飲食代は各自ご負担ください。カレーおすすめ)

今回の目玉は・・・監督とお客さんとのトークショー付き。
普段、聞けない、ぶっちゃけトークが飛び出します!
さらにライターの佐野亨さんと夏目深雪さんが、お客さんにまじって参加!!
自称ミーハーだという、映画好きなわひねの店長も、まざって
すったもんだな午後teaをお楽しみください。
 
◎上映プログラム◎

1・「私とカズボン」・・・10分  監督:金子裕昌(かねこひろまさ)
 
とあるオムニバス企画(万田邦敏監督主催)のために、
上映時間10分ちょうどの制約のもとに
超低予算・数日間の撮影・出演は仲間・スタッフ自分、で作ったものです。
もっと陰惨な話の予定が、こんなものになりました。軽くどうぞ。
見どころといえば、清水さんの身体表現ですね。
ちょっとしたコンテンポラリーダンスの様相を呈しています。
今日の三本を含め、こんな感じで、仲間と細々自主映画を撮っております。これからもどうぞごひいきに。

2・「白目物語」(シロメモノガタリ)・・・30分 監督:玉城陽子(たまきようこ)

日本犯罪史などを読むと世の中にはいろいろな愛の形があることがわかります。端から見ると考えられないような感情も、当事者達には切実です。今回の作品が描くのもある異様な一つの愛の形です。

昨年結婚してみて、結婚とはたった2人の狭く深いようで外から見るとあんたたち何やってんのっていう、当事者にしか(当事者にも)わからない変な関係だというのがわかりました。
映画はなかなかお目にかかれない世界を覗き見するという原始的な役割がある気がします。
今回の作品は、一つの異様な愛の世界を描いています。端から見ると理解しがたいのですが、当事者たちは命をかけています。
さっぱりしたフレンドリーな関係など、つまらないものです。

3・「旅刑事」・・・30分 監督:清水信貴(しみずのぶたか)

「刑事まつり」の一本として撮られながら諸般の事情によりお蔵入りになった幻の映画。

*刑事まつり(でかまつり)については、以下
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%BA%BB%F6%A4%DE%A4%C4%A4%EA
http://members.jcom.home.ne.jp/mich/movie/series/jmdeka.html
http://www.cinematopics.com/dekamatsuri/deka03.html
 千葉の稲毛を、リバプールへ変えるのだ。なんてね。ゆる~く開催決定~ 

****上映作品&上映作品に対するコメンテーターも同時募集****


今回はなかなかユニークな構成です。稲毛がリバプールになるかどうか
ぜひお立会いのほどを(^^♪

2010年

10月26日

(火曜日)

木皿泉

ふだんTVを見るのはニュースとスポーツ中継ぐらい。
でも出演者や脚本家で、!!と思うドラマは一応チェックします。
(チェックし忘れも多々あり^^;)

気になる役者やシナリオライターの情報をわひねスタッフのみっちさんや
沢月さんと交換してますが、いかんせん各々好き嫌いが激しいので
情報も宙に浮くこともあります(^^ゞ

思えば「すいか」というドラマが我らの絆を深めてくれたのですが、
この脚本を書いたのが木皿泉という夫婦ユニットの脚本家です。

ってか、ぼんやり星人のわひね管理人はこのたび「二度寝で番茶」
二度寝で番茶
を読んで初めて彼らが夫婦ユニットということを知ったという
テイタラク(彼らをひたすら愛してるというのに(+_+))
で、今期「Q10」というドラマに注目してますです(^^♪
正直なところ50代の木皿泉(二人)が高校生を主役にしたシナリオってどうなの?と
思ってましたが、いやいやどうして、けっこうはまっております。
このドラマの前は中学生が主役の「セクシーボイスアンドロボ」で、
これも素晴らしかったですから
彼らのドラマの質を疑う私がそもそも間違ってるし・・・

主役の佐藤健、いいんじゃないでしょか(~_~)
彼も仮面ライダーのひとなんだ~
そうかそうか、この路線の人材はやはりすごいわ~
(三浦しをんも目のつけどころが早かったですしね)
他の役者クンたちも上手いですな!

話はそれますが、マイケル・クライトン監修のERを初回シリーズからずっと見ております。
アメリカドラマが昨今人気高いですが、ERが口火を切ったのではないでしょうか?
(たぶん思い込みですね、すみません)
で、今期が最終シリーズですよ、淋しい(T_T)感無量です。
初回からいきなりグレッグことグレゴリー・プラットがとんでもないことに~
このシリーズからジョージ・クルーニー初め多くの俳優がメジャーになりましたね~
(巣立っていった卒業生を見送って感慨に浸る用務員さんの気分)

今期は面白そうなドラマが他にも多々ありそうですが
キャパいっぱいで追いつけませんし(+_+)



2010年

10月26日

(火曜日)

羊毛フェルトの世界 わひねギャラリーで展示中

フェルト展示

こんにちは、マルチタレントのKIMIKAです。心理カウンセラー、アーティスティックセラピスト、タロット占い師に引き続き、このところ羊毛フェルト作家の生活にいそしんでいます。

11月から始まる『羊毛フェルト教室』に向けて、いくつか新作を作りましたので、わひねギャラリーでご覧ください。実は、この展示をしているときに、お客様の一人が小判草などをもって来店。少し分けてもらって羊毛フェルトといっしょに展示してみました。動物や植物に囲まれて本を読む女性・・・ブックカフェわひねの空間が、こんな雰囲気をかもし出せていけたらと思っています。
さて、これまで月曜日の午後、わひねで開いていたニットカフェですが、この度 『羊毛フェルト教室』 の用意が整いましたのでご案内します。
日 時 : 11月1日(月)/11月15日(月)の2回 午前10時から午後1時
受講料 : 3,000円 (2回分で各回お飲み物がつきます)
材料費 : 1回目500円 (羊毛フェルト作り専用針つき)/2回目300円
主 催 : スペース:F/わひね
備 考 : 第1回目だけの参加もできます。上記の日程ではご都合がつかない方はお申し出ください。

初心者の方でもわかるように、作り方案内書きをご用意しますのでご安心ください。また、経験者の方には中級、上級のものを選んで作っていただけます。
わひねのおいしい飲み物をいただきながら、ニュージーランドのシュタイナーカレッジで習った羊毛フェルト作りをいっしょにしませんか?

詳しくは、こちらまで。
携帯電話 080-3124-5502
携帯メール iamhere47@t.vodafone.ne.jp
講師ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/lifeforce48

教室ちらし

tirasi2.jpg

2010年

10月24日

(日曜日)

展示コーナー 虚影響(こかげ ひびき)さん

「ラクガキの楽しさを人に伝えたい・・・」という思いで
描かれた心象風景のスケッチを展示なさっています。
10月24日から11月7日までです。

kokage.jpg

kokage2.jpg

kokage3.jpg

kokage4.jpg

大きさはハガキ大です。
気にいった絵がある方は、展示終了時にお持ちくださいとのことです。
 
 

2010年

10月23日

(土曜日)

羊毛フェルトドール オーダーメイド承ります

シャム猫
オーダーメイドのシャムネコちゃんの送別会
わひね/スペースFのKIMIKAです。
大型台風の影響で奄美大島は甚大な被害が出ているとのこと、それには比較にならないのですが、私も台風のような低気圧にひどく影響を受ける体質です。今回の台風は、26年ぶりの低い気圧であったとかで、肩も首もだるくドーンと重石を全身で受け止めているような倦怠感と嘔吐という症状でした。
今日は久しぶりにカラッと晴れてよい気分です。

さて、わひねでは11月1日より『羊毛フェルト教室』を開催します。
第一回は11月1日と15日(いずれも月曜日)の午前10時から1時まで(詳しくは、このブログ最初のページの左上にあるチラシをご覧ください)。この日は都合が悪いわと言われる方には、別の日を設定することができます。3人以上のご予約があれば開催しますので、お気軽にわひねスタッフまでお尋ねください。


シャム2

syamu3.jpg

syamu4.jpg


さてさて、上の写真は、この程オーダーメイドで作ったシャムネコちゃんです。左端にあるような写真を元にライフサイズでというご注文でした。これまでにも、ネコちゃん、ワンちゃんのオーダーメイドを承ってきましたが、かわいいペットの面影をいつまでも抱いていたいという方が多いようです。

猫、犬に限らず羊毛フェルトドールのオーダーメイドを承っております。詳しくは下記までご連絡ください。
携帯メール  iamhere47@t.vodafone.ne.jp
携帯電話   080-3124-5502
参照ブログ  http://blogs.yahoo.co.jp/lifeforce48

2010年

10月18日

(月曜日)

福岡方面の方へ

福岡市の油山麓のギャラリー画椰
「五つのジェルム」展が
明後日20日(水)から31日(日)まで開催されます。


五つのジェルム

週末はお天気もよいようです。市民の森の近くですから、
行楽の秋と芸術の秋の一挙両得?
満喫してください。

「わひねブログ見て来た」とおっしゃっても何のオプションもないと思いますが^^;
大きな美術展とは一味も二味も違う濃い空間を味わえることでしょう。

2010年

10月17日

(日曜日)

第8回わひね映画館

11月6日(土)15時開映~18時 (14時半開場) 参加費500円

きゃ~、なんかいい感じのチラシが届きました。
いつもより大きな画像でごらんください。
第8回チラシ表
裏は控えめに
第8回チラシ裏

デザイナーはわひね映画館コーディネーター石毛さんのお友達の
大橋さんです。
このセンスに惚れた!という方はわひねにご連絡ください!

第8回わひね映画館は、先だって少し触れたように、映画評のライターさんと
監督や関係者とのトークの時間も設定しています。
映画のぶっちゃけ裏話や忌憚の無いコメントなどを共有できる空間にできたら
と石毛さんたちが企画してくれました。
稲毛がリバプールに変貌!?するたくらみにあなたも参加しませんか\(^o^)/

今回の3本は
私とかずぼん」監督:金子裕昌
「白目物語(しろめものがたり)」監督:玉城陽子
「旅刑事(たびでか)」監督:清水信貴

ホラー色漂う「白目物語」を挟んでテンポが速い作品2つ。
バラエティに飛んだプログラムになっています。

2010年

10月16日

(土曜日)

アート情報あれこれ(わひね的)

秋晴れがなかなかつづかない今日この頃です、今週末はどうでしょうか?

今日は千葉市内で見られる・体験できる身近なアートをいくつかご紹介します。

まあるい広場『絵画展 2010秋』
2010.10.23(土)~11.5(金) 平日10:00~15:30
10.23(土)はまあるい広場まつりが開催されます。
℡ 043(287)1022

第3回美浜アート・フェスタ
2010.10.30(土)・31(日) 11:00~17:00(2日目は16時まで)
場所:アートコミュニティ美浜 ギャラリー・クレヨン
℡&Fax 043(242)2904

「見る 聞く 感じる☆アートでコミュニケーション」
2010.11.5・12・19(金) 10:00~12:00
場所:千葉市女性センター
申込み期限は過ぎていますが若干名でしたら大丈夫だと思います。

手漉きクリスマスカード作り
2010.11.4(木)、11(木)、25(木) 14:00~16:00
場所:てすき工房木のまエコー(稲毛区稲毛1-2-24
費用:500円(材料費、茶菓子など)
申込み:随時 ℡&Fax 043(243)2455
Email  konomaecho@gmail.com

花炭を作ってみませんか(一日体験)
2010.11.14(日) 11:00~16:00
場所:千葉市若葉区野呂町1124宍倉宅 
集合場所:午前10時千葉駅バス停10番中野操車場・成東行き
費用:1,000円(昼食、茶菓子、容器代込み)
申し込みは11月12日(金)まで
詳細と問合せ・申し込みは 木のまエコー(引きこもりの自立支援スペース)
℡&Fax 043(243)2455
Email  konomaecho@gmail.com

2010年

10月13日

(水曜日)

アートでコミュニケーション

垂らし絵
絵の具を垂らして紙の上で思わぬ方向へ飛び散っていく様を楽しみます


こんにちは、わひね/スペースFの沢月芸生香(さわつききみか)です。
今月に入って2回、台東区でアーティスティックセラピーのワークショップを開きました。上の写真は、そのときの様子です。
アートと言うと「絵は描けないわ」と言う方がいらっしゃいますが、私のワークショップでは絵を描くというよりも絵の具と戯れるという感じでアートに親しんでいただけます。

具体的には、垂らし絵投影法ということをします。3原色(赤、青、黄)の絵の具を画用紙に垂らして、ストローで吹いたり、画用紙を揺すったりして、絵の具が混ざり合い思わぬ方向へ飛び散っていく様を楽しみます。
絵の具が乾いたら、いろんな方向からじっと見てみます。そこから見えてくるものを描き足していくと、心の奥にしまいこまれた気持ちと出会うことも...。

来月には千葉市女性センターでアーティスティックセラピーを開きます。
表現する手段は言葉だけではありません。このワークショップでは、身体をつかって表現する仕方、色や形を創って表現する仕方を身につけます。詳細はこちら。

タイトル: 『見る聞く感じる☆アートでコミュニケーション』
日 時 : 11月5日(金)・12日(金)・19日(金)10時~12時
     (5日は深澤純子さんの講義「アートとジェンダー」)
場 所 : 千葉市女性センター
費 用 : 無料 / 託児あります
企画運営: シネマでつながる会
主催/申込先 : 千葉市女性センター ℡043-209-8771
URL : http://www.chp.or.jp/chiba_women/event/pdf/22/news/News05.pdf

 
色そのものには、癒しの効果があるといわれています。
垂らし絵投影法で、色が織り成す世界に浸ってみましょう。そこは、あなたが作り上げた世界。自分が気持ちよく癒されることで、心と身体が開放されていくのを感じることでしょう。
役割としての“私”ではなく、個としての“わたし”を表現するところから始めてみませんか?


←画像をクリックすると大きくなります

2010年

10月10日

(日曜日)

羊毛フェルト作りをいっしょにしませんか?

羊毛フェルト

こんにちは、わひね/スペースFの沢月芸生香(さわつききみか)です。
秋の夜長、皆さん何をしてすごしていますか?
私は羊毛フェルトをチクチクして猫作りにいそしんでいます。
羊毛の温かみと手の動きでうっすら汗ばんでくる羊毛フェルト作りは、冷え性の私にはもってこいの手芸です。

さて、これまで月曜日の午後、わひねで開いていたニットカフェですが、この度 『羊毛フェルト教室』 の用意が整いましたのでご案内します。

日 時 : 11月1日(月)/11月15日(月)の2回 午前10時から午後1時
受講料 : 3,000円 (2回分で各回お飲み物がつきます)
材料費 : 1回目500円 (羊毛フェルト作り専用針つき)/2回目300円
主 催 : スペース:F/わひね
備 考 : 第1回目だけの参加もできます。追加レッスンは回数券1,500円(3時間)で受けられます。


講師は、わたし沢月です。初心者の方でもわかるように、作り方案内書きを用意しますのでご安心ください。また、経験者の方には中級、上級のものを選んで作っていただけます。
ブックカフェわひねのおいしい飲み物をいただきながら、ニュージーランドのシュタイナーカレッジで習った羊毛フェルト作りをいっしょにしませんか?

詳しくは、こちらまで。
携帯電話(沢月) 080-3124-5502
携帯メール iamhere47@t.vodafone.ne.jp
講師ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/lifeforce48

チラシ表 チラシ裏 ←左の画像をクリックすると大きくなります

2010年

10月06日

(水曜日)

映画情報は続く

間もなく始まる連連影展
2010_10_23_7thfav.jpg
10月22日前夜祭、10月23日第7回連連影展

ふだん目にすることが難しいドキュメンタリー中心ですが、
どれもこれも興味深いものが並んでいます。
トークもついててお得ですよ!

本祭と前夜祭の場所が違いますのでご注意ください。

UPLINK、久しく行ってないな~(T_T)

2010年

10月04日

(月曜日)

パラソルギャラリー大盛況でした

パラソルギャラリー
パラソルギャラリー2010 自作アートの横で、サリーを着てタロット占い

こんにちは、わひね/スペースFの沢月芸生香(さわつききみか)です。
昨日、千葉駅前通りで開かれたパラソルギャラリーに出展してきました。
ニュージーランドの風景を描いた水彩画スケッチと猫の羊毛フェルトドールが好評でほとんど売りつくし、クライストチャーチの地震への寄付が集まりました。本当にありがとうございました。

10分500円タロット占いの方は、絶えず人が来て4時間余りカードと離れることもままならずでした。
道行く人との偶然の出会い、小さなスポットに小さな声を落としていく人々。たった10分でも自分と向き合い、心の声を聴く機会を共有することができて、感慨深い一日となりました。
まさに一期一会ですね。

私は長い間、公共施設の防音装置のついたカウンセリングルームで、一人50分間、様々な相談や悩みを聴き続けてきました。実は、タロット占いはカウンセリングと似ていて、ギリシャ神話からのメッセージを聴いているうちに、心の奥深くに眠る声に気がつくことがしばしばあります。
一方、タロットカードを使うことで、不安や苛立ちや葛藤、悲しみやもどかしさなど、いろんな思いがカードを通して浄化されていくような気がしています。
同時にカードの絵柄にエンパワーされて、これでOKと背中を押された方々もたくさんいたようです。
もしかしたら、街頭の蝉噪の中の10分間の方が、スーッと自分の内側に入っていけて、また日常に戻るのに適しているのかもしれませんね。

わひねでは、これまで通り、タロット占いを随時受け付けています。ご予約はこちらまで⇒hatopoko46@yahoo.co.jp

HOME