SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2010年

01月31日

(日曜日)

ハッピィな一期一会

今日の午後にいらしたお客さまやわひね管理人は
幸せのおすそ分けをいただきました。

ご実家がわひねのお近くで、出産のために帰省されている妊婦さんが
週末よく来店してくださっていました。
先週、もうそろそろですねと話してお別れしました。

今日の午後、無事出産・退院されてまだ生後6日目の
ほやほやの赤ちゃんと一緒に来てくれました。
夫さんや夫さんのご両親もご一緒です。
とてもスリムな妊婦さん(実はバレリーナさんだと今日知りました!)
なのに、赤ちゃんは3800g以上で生後6日とは思えぬほどしっかり。

今日は占い屋瑠美さんのタロット占いの日でした。
わひねサポーターでもあるMさんのお友達で、オペラの修行中で
色んなステージをこなしていらっしゃるという女性Oさんが
タロット占いのために来店していらしたのですが、
Mさんや私たちのお願いを聞いてくれて、
赤ちゃんと出産した新ママさんに歌のプレゼント♪
至近距離でオペラ歌手の歌声を聞けるなんて\(^o^)/
わひね店内の空気が振るえました、正統派の‘Amazing Grace’

赤ちゃんの新パパさんが、すやすや寝ている赤ちゃんに
「生後6日にしてオペラ歌手の歌聞いたんだぞ~」と
語りかけていました。
新ママさんは涙ぐまれて、新オジイ様は上気したお顔でした。

たまたまわひねに居合わせた人たちのこれからに
またhappy なひと時が訪れますように。
(といつになく神妙になる管理人でした)

もう1曲とねだると
サラ・ブライトンの歌で知られる‘Time to say goodbye’
小柄なOさんのどこからこんな迫力ある声がでるのかと思う
素晴らしい歌声でした。ヴォーカルは最高の楽器だと再確認。
Oさん、プロの方に突然リクエストして歌ってもらって
ほんとにありがとうございました。

疲れが心地よい1日の終わりでした。

2010年

01月30日

(土曜日)

J.D.サリンジャー

村上春樹が再訳したことで話題になった"The Catcher in the Rye"の著者
サリンジャーが亡くなったとのニュース
http://jp.wsj.com/Life-Style/node_27586
誰かに薦められて高校生の頃一晩で読んだ翌朝、「世界が昨日までと違う」
という気がしたことを覚えています。(1964年の野崎孝訳)
(そのときの印象を忘れたくないからか村上春樹の翻訳は未読です)
それから本屋の白水社の翻訳本コーナーや
背伸びしてペンギンブックスのペーパーバックに手を出したり。
昨夜はそんなことを思い出しながら飲んでおりました。

杯を重ねて、気持ちよくなって
やらねばならぬことをひとまず置いて(置きっ放しだぞ~)
録画した「なぜ人は絵を描くのか」を見たりも。
http://www.nhk.or.jp/etv21c/backnum/index.html
日比野克彦がサハラ砂漠の奥地に残る1万年前の壁画(岩絵)を
見に行くという旅です。
1万年前、緑溢れるサハラに生きていた古代人の暮らしぶりが描かれている!
時代はさかのぼりますが「エイラ-地上の旅人」の世界を思わずにはいられず
さらに杯を重ねてしまうのでした(言い訳)
(エイラシリーズの普及貢献度高いですよ~集英社さん)

2010年

01月28日

(木曜日)

pushx2さんの写真更新&‘9999’の結果

前回の写真は青空に飛ぶかもめでしたが、
今回は[a track line]
鉄道
深夜の線路かと思いきや、早朝の逆光を反射している情景とのこと。
この画像ではよくわかりませんが
実際の写真は右手上に小さな反射光が続いていて
夜の空港の滑走路灯のようにも見え神秘的です。

さて
先日お伝えしたアクセスカウンター、10000回を超えました!

昨夜福岡に住む友人から
「('')/ハイ!それは私です!何が貰えるとう、ワクワク♪」
というメールが来ました花
「ぶ~、残念でした。
アクセスカウント特典はご来店の方に限ります(キッパリ)」
という返事をしましたが、キャツのことだ、
いつか証拠写真を持って登場するかもしれません。
有効期限を今月いっぱいにしちゃおうか
(知り合いとわかると途端に姑息な管理人)

2010年

01月27日

(水曜日)

パステルアートWS第2回

わひねスタッフのみっちです。
1月に多くの参加をいただいたパステルアートワークショップ
そのときの様子はこちらでご紹介しています。
http://spacef.blog32.fc2.com/blog-entry-336.html
早くも2回目の詳細が決まりました。

パステルアートWS'10.2.21

主催メンバーの方々が、前回とはまた違うモチーフを考えて下さってます。
なので、すでに体験済みの方々にも、フレッシュな素材で楽しんでもらえそうですよ~
もちろん、未体験の方もお気軽にご参加ください。

日頃は様々な雑事に追われている人も、
日曜日の午後、ちょっとだけ自分のための時間をつくってみませんか?
一人でふらりと、お友達とわいわいと、もちろん親子で共作もあり!
パステルで描く作品から、今の自分が見えてくるかも。。。

日 時:2月21日(日)13:30~16:00
場 所:bookcafeわひね(京成稲毛駅より徒歩1分、JR稲毛駅より徒歩10分)
  ※地図は右サイドの欄をご覧ください。
参加費:1,000円(1枚分の材料費込・ドリンク付) 
  ※追加で描きたい場合は1枚500円で描くことができます。
定 員:10名(多数の場合は抽選。落選の方のみご連絡します) 
  ※お子様連れの方は、ご相談ください。
持ち物:鉛筆、消しゴム、ハサミ(貸出用もあります)
共 催:パステルアートnanairo/子育てcafe@tunagu
協 力:Space:F
※申込み/問合せ先 申込〆切:2月19日(金)
メール tunagu_tumugu@yahoo.co.jp(子育てcafe@tunagu)

2010年

01月26日

(火曜日)

9999

沢月さんの NZ 便り、虹を上から見ると丸いと聞いていましたが
ホントですね~
昔岩井俊二監督の「打ち上げ花火、下から見るか?上から見るか?」
という映画を見て、かなり気になったことを思い出しました。
さて、
Space:F/わひねブログをチェックしてくださっている方
ありがとうございます。
いつのまにかアクセスカウントが10,000に近づいています(ひゃ~)
わひねのお近くの方で運よく?たまたま?9999回カウントに出くわした方、
トップページを印刷して(写メも可)お持ちください。
もしかしたら(管理人の気分次第で?)いいことあるかも。。。・・・!
でも、こんなことで‘運’を使いたくないって方は
密かに楽しんでください。
ブログ閉鎖なんて時に価値がでたりしてパンダ

あ、自分で押さえるなんて姑息なことはしませんよ~ってば。

2010年

01月26日

(火曜日)

ニュージーランドから Kia Ora(こんにちは)

虹リング
上空から撮った虹 2010.1.13撮影

アーティスティックセラピストの沢月芸生香です。
今年も1月から4月にかけてニュージーランのクライストチャーチで過ごしています。
今年のクライストチャーチは天候が安定せず、真夏だというのに暖房を入れるほど肌寒い日が続いています。

それでも、先週の土曜日から大道芸の祭典(Buskers Festival)が始まり、市の中心部は北半球から訪れる観光客でにぎわっています。
ほとんどのステージは無料で帽子の中にゴールドコイン(1~2NZ$)を入れていきます。(現在のレートは1NZ$=67円)
昨夜は、PM8:45から屋外ステージで行われたサーカスを見終わって帰宅しました。
夕焼けをバックに芝生の上で、毛布や寝袋に包まって空中ブランコを見上げるなんて、めったにない体験でした。

日本でいうと旭川くらいの緯度に位置するクライストチャーチは、夜10時くらいに日没を迎えます。
真っ暗な中を帰宅しないですむのは、女性や外国人にとって安心ですね。



2010年

01月23日

(土曜日)

2月のわひねイベントと他施設のお勧めイベント

<2月のわひねイベント>
2月21日(日)午後1時半~4時「パステルアート」
(パステルアートnanairo/子育てcafe@tunagu 共催)

2月28日(8日)午後4時~6時 第6回わひね映画館
(Space:F企画)

2月のタロット占はお休みして3月7日に延期です。

<わひね以外でのお勧めイベント>
★2月11日(木・祝)はこちらのシンポジウムへぜひ!
「女性センターはどこへいく?~働く人と使う人で考える~」
http://ajwrc.org/jp/modules/bulletin2/index.php?page=article&storyid=127
わひねスタッフみっちさんもパネリストとして参加します。

★2月13日(土)第6回DVを考える若者フォーラムin ちば
~「いい関係」ってなんだろう?ふたりのこれまでとこれから~
http://www.pref.chiba.lg.jp/syozoku/b_dankyou/main/dv/event/forum21.html

2月20日は↓このイベントに参加するため
申し訳ございませんがわひねは臨時休業いたします。


千葉大学大学院人文社会科学研究科国際シンポジウム
「労働・家族・解放 -映画『外泊』をめぐって-」日時:2010年2月20日(土)13:00~
シンポジウム&『外泊』上映会2.21 シンポジウム&『外泊』上映会back

場所:千葉大学人文社会科学研究科総合棟1階 マルチメディア講義室
内容:主旨説明 小沢弘明
   『外泊』上映
   コメント 池田忍、渋谷望、千葉慶  監督リプライ  会場からの質疑応答
   参加費:無料
作品『Weabak:外泊』について
2007年6月30日夜、500人の女性労働者たちが韓国ワールドカップ競技場にある
ホームエバー・ハイパーマーケットのカウンターを占拠した。
翌7月1日「非正規職保護法」が施行。
ホームエバー社は法の施行を前に大量解雇を行い、女性たちはその差別的扱いに怒り、
立ち上がった。
『Weabak:外泊』は、510日間続いた女性労働者たちの闘いを描く。
女性たちはマーケットに毛布を敷きつめ、家を離れ、「外泊(泊まり込み)」を始めた。
食料を持ち寄り調理し、互いの思いを語り合う。
歌い、踊り、泣き、笑い、労働闘争はいつしか家族的役割からの解放の場を生み出す。
キム・ミレ監督
1964 年生まれ。労働問題を通して韓国社会の現実を撮り続けてきた。
代表作品に『Always Dream of Tomoorrow(私は日ごとに明日の夢を見る)』(2001)、
『We Are Workers Or Not?(労働者だ、違う)』(2003)、『NoGaDa(土方)』(2005)などがある。
今回上映の『Weabak:外泊』は第11回ソウル国際女性映画祭(2009年)で上映。

2010年

01月23日

(土曜日)

パステルアートワークショップ

1月21日(木)10時からパステルアートのワークショップが開かれました。
バレンタイン
(パステルアートnanairo、子育てcafe@tunaguの共同主催)

パステルアートが初めての方も半数以上いらしたし、
小さい子どもさんと親子連れの方も。

講師のKさんがパステルアートを始めたきっかけを話される中で、
ご自分の子育ての悩みなどのことにも触れられ参加者の方々も共感し、
パステルアートへの関心も高まっていきました。
バレンタイン2

まずはパステルの使い方や利点などを、練習をしながら覚えていき、
バレンタイン3

いよいよ本番です。
バレンタイン4

ちいさな子どもたちも真剣です。
バレンタイン5

ふだん育児中や家事に追われている女性たちが
雑事を忘れて集中する時間が持てる機会になったらと
子育てcafe@tunagu のMさんが一緒に企画されました。

完成したカードを見ながら参加者の方々に感想を話してもらうと
「久しぶりにとても集中して作業できた」
「子どもと一緒に楽しくできた」
「生活の雑事をしばし忘れる時間を持てた」
「子どもの方が集中していたようだ」 などなど。
皆さん楽しんで、自分のカードの出来映えにも満足された様子です。
バレンタイン6

2月もパステルアートワークショップ開催されます。
2月21日(日)13時半~16時 です。
今回は日曜日、お子さんを夫さんに預けて参加もよし
学校に通うお子さんや夫さんとご一緒でもどうぞ。
シングルの方の参加もOKですよ。
(パステルアートnanairo、子育てcafe@tunaguの共同主催)

2010年

01月20日

(水曜日)

女性センターまつり市民企画実施報告<その2>

わひねスタッフのみっちです。
女性センターまつりで実施した企画の報告を
千葉市女性センターにあるは~もねっとパネル に展示中です。
当日の様子と、共同主催した各団体の紹介など、
A3サイズのスペースにてんこ盛り。
panel_1-001.jpg
飛び出す絵本みたいでしょ?
え?めくれ具合がちょっとィヤラシイ...ってか?


もちろん、企画で上映した石毛麻梨子監督作品
『ポーポロ動物園』のグランプリ受賞の報もしっかりアピール!
panel_2-001.jpg
ズームしてみました
よーく覗いて下さいね。。。って、オイオイますますィヤラシイ(笑)

展示期間は2月末日まで。
千葉市女性センターにお越しの折りは、
1F交流コーナーをご注目くださいね~☆
3月以降は、ブックカフェわひね店内にて展示の予定です。

2010年

01月16日

(土曜日)

桃まつり続報

今週は日本海側は大雪で大変です。
千葉は晴天続きですが冷え込んでいます。
昨日は水溜りに厚い氷が張っていました。
来週は春の陽気になると天気予報は言っていましたが。。。
今日はなぜか小学生のお子さん連れのお母さん方が
夕方に入れ替わり来店、‘ショートパフェの日’でした。
子どもは寒くてもアイスが好きですね!
そんな中、わひねに春の便り。
わひね映画館のコーディネーターいしげさんから
「桃まつり」の仮HPのお知らせが届きました!
http://www.momomatsuri.com/
いしげさんの作品「代理人会議」も登場です!楽しみです!

2010年

01月15日

(金曜日)

行きたいけれど。。。

<行けないけれど行きたいな~>
★1月31日(日)午後1:30~4:30
「富山妙子さん イメージと思想を語る」
話 富山妙子さん 聞き手 大島かおりさん(翻訳家 女の空間NPO)
東京都港区男女平等参画センター リーブラ
http://www.space-for-women.org/chirashi_pdf/tomiyama100131.pdf
富山妙子作品は少し更新が古いですがこちら
昨年の越後妻有「大地の芸術祭。」の
「アジアを抱いて―富山妙子の全仕事展1950~2009」も
見ることができなかったし。。(嘆)

★2月13日(土)午後2:00~3:30
「仕事も愛も人生も」(千葉市ハーモニー講演会)
話 辛淑玉(シン スゴ)さん
千葉市文化センター アートホール
http://www.city.chiba.jp/shimin/seikatsubunka/danjo/18danjokoen.html
辛さんの話を聴くと辛さんに惚れますよ!
時間の都合がつく方はぜひぜひぜひ行ってください。

★2月27日(土) 午後1:30~3:30
写真家の見た世界~平和への思い」(千葉市女性フォーラム)
話 大石芳野さん(写真家)
http://www.chp.or.jp/chiba_women/event/event.html
こちらは写真に惚れました。

新春浅草歌舞伎
(全くのミーハーですが、歌舞伎に行くとリフレッシュできるんです~)

<お、行ける可能性がある!>
★映画「ミレニアム ドラゴンタトゥの女」2月16日から千葉でも公開です。
http://millennium.gaga.ne.jp/ 
わひねにも置いてある『ふぇみん』
2010年1/15日号の映画評で熱く語ってくれています。
ご一読なさると見たくなりますよ~

2010年

01月14日

(木曜日)

畳の縁から・・・

ミニ畳ワークショップにコメントくださったtom さんが
作品の写真を送ってくれました。ありがとうございます!

タタミヘリ
 
早い!上手い!!ですね~
見本の記憶だけで作られたとはすごいです!

畳の縁はカードケースや名刺入れにちょうどよい幅で
端がかがってあるので扱いやすいです。
いろんな柄があります。
「私も!」と思われた方はお申し出ください。
すでに縫ってあるものも数点お預かりしています。
200円でお分けしています。

2010年

01月14日

(木曜日)

第6回わひね映画館

2月28日(日)午後4時~6時、第6回わひね映画館を実施します。
上映作品は今日現在未定ですが、短編2~3本の予定です。
詳細が決まり次第お伝えします。

ところで
第1回のわひね映画館(去年の1月でした!)にいらした方は
覚えていらっしゃるでしょうか?
あの時初回ということで、おまけとして
わひねを舞台にした即興劇「代理人会議」をやってくれました。
その時のシナリオを生かしてこのたび映像作品になったそうです。
この作品は3月渋谷ユーロスペース
開催される桃まつり(若手女性監督制作上映集団)の中で上映決定!
桃まつり2   桃まつり
どんな映像になったんでしょうか、わくわく。
(最初にこの記事をアップしたとき次回わひね映画館で上映予定
とお伝えしましたが、次の機会になりました、申し訳ございません)

石毛さんを始めとして、自主制作映画を作り続けている人たちは
経済的・時間的・社会的制約と日々格闘しながら頑張っています。
そんな苦労を知ったとしても、
それは映像への評価とは別物だという現実もあります。
ですが、彼らの作品に対する思いは着実に伝わってきます。
技術的なことを超えて、観る者に響いてきます。
そんな感覚をぜひこの機会に体験してみてください。

2010年

01月13日

(水曜日)

ミニ畳ワークショップ

今年初めてのわひね茶話会「ミニ畳ワークショップ」
ご参加くださった大勢の方々ありがとうございました!

わひね茶話会としては異例?ともいえる参加者が20代女性中心。
‘和'の癒しの雰囲気に惹かれてくれたのでしょうか?
ゲスト講師堀江さんはこれまでも畳ワークショップは何度も経験済み、
とはいえ、大勢の前で畳の話をするのは初めてとかで
本人曰く少しテンパッテたそうでしたが、なんのなんの。
具体的で興味深い話をしてくれて、参加者も聞き入ってらっしゃいました。

そして実際のミニ畳作り。
堀江さんは準備も周到ならば、進行も参加者の制作の様子をしっかり把握して
無理なく余裕を持って進めてくれました。
畳ワークショップ

畳ワークショップ2
(参加者の方に写真撮影とブログ公開の許可を得ています)

畳制作行程の写真は、わひねの壁の写真展示をしてくださっているpushx2 さんが
ご自分のmixi ブログで公開なさっているものをお借りしました。↓
(快諾ありがとうございます)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1386665622&owner_id=19503656

ミニ畳材料  縁の取り付け  テープで固定  裏 ミニ畳完成

完成したミニ畳をトレイにして
堀江さんのお姉さん手作りのいぐさ粉末入りのシフォンケーキと
わひねメニューに近々登場予定の安倍川餅(いぐさ粉末)をのせて
皆で和気あいあいの歓談。
(無農薬で栽培されるいぐさの効能はこちら)
http://e-igusa.com/
シフォンケーキ  安倍川餅
すっかり堀江畳店の皆さまにお世話になりました。
畳やいぐさに関心がある方はリンクが貼ってありますので
堀江畳店さんのサイトをご覧ください。

参加者の中には、いぐさや縁の端切れなどもしっかりチェックされ
色々アイデアが沸いてきた方もいらっしゃったようです。
どんな使い方をされているんでしょうか?
もし「こんな使い方しています!」という写真など見せていただけたら
嬉しいです。
畳の縁をお持ち帰りになった方も、作品が完成してお知らせいただいたら
感謝です。

今回は参加できないがぜひ参加したいというお問合せもいただきました。
来週はまた別の場所でミニ畳ワークショップもあるようです。
http://ameblo.jp/7tatami/
時間の都合がつく方はこちらへどうぞ。


2010年

01月11日

(月曜日)

今年初の写真

わひねの壁の片隅から店内を見てくれている、そんな感じで
一枚の写真が展示されています。
2~3週間に一度入れ替えをしてくださるのは pushx2 さんです。

今年初の写真は隅田川の上空のかもめだそうです。

かもめ
空の色が鮮やかでかもめが3Dのように浮かび上がって見えます。

2010年

01月04日

(月曜日)

明けましたね~

今年の正月三が日の千葉は晴天続きでした。

わひねがあるせんげん通りは浅間神社初詣の人たちで賑わったようです。
今日もいつになく人通りが多かったです。

2日以上続けて休むことがめったにないので
(というか昨年後半は1ヶ月に一日位しか休んでいないわひね管理人です)
(↑愚痴^_^;)
今朝はあれこれ準備して~なんてのんびりしていたら
そんなこといってられない嬉しい悲鳴の出るランチタイムで
一人てんてこ舞いしたおかげで無理矢理日常ペースを取り戻せたという、
お粗末な年頭です。

相変わらず後手後手の管理人ですが、今年は少しでも
皆さまの思いを先取りできるようやっていけたらと思っています。
今年もよろしくおつきあいください。

おしるこなど用意してお待ちしています。

HOME